出羽海部屋の大相撲力士、御嶽海のプロフィール

20代前半にして大相撲の幕内力士となり将来を嘱望されている御嶽海さん。既に幕内でも敢闘賞を受賞するなど順調に実績を積み上げています。ということで本日は大相撲力士、御嶽海の身長、体重、後援会、成績、出身地・大学等のプロフィールを見ていきたいと思います。

20代前半にして大相撲の幕内力士となり将来を嘱望されている御嶽海さん。本稿では、そんな彼の身長、体重、後援会、成績、出身地・大学等のプロフィールを見ていきたいと思います。

御嶽海のプロフィール 身長、体重、後援会、成績、出身地・大学

本名

大道久司(御嶽海久司)

身長

178cm

出身地

長野県木曽郡上松町

出身大学

東洋大学

長野県出身の御嶽海さんは、小学校一年生の段階で相撲に出会うことになります。力士になる人となるとすぐに頭角を現していくというイメージがありますが、御嶽海さんは自分より小さい相手に負けてしまったことで、闘志を燃え上がらせて本気で相撲に挑むことになったのです。

高校を卒業すると東洋大学に進学し、相撲部では圧倒的な成績を残してアマチュア横綱の栄光をつかみ取るなど気が付けば大学全体では敵なしといっていいほどの強さを手に入れた御嶽海さん。

その一方で、大相撲に関しては部屋における厳しさを高校時代に見ていたため全く進む気はなく、卒業後は社会人相撲の選手として競技を続けていくつもりだったのです。

そんな御嶽海さんに転機が訪れることになったのは11代目出羽海親方との出会いでありました。アマチュア横綱の称号を得ていた御嶽海さんはもともと幕下力士になる資格を得ている上に、実績に関しても十分だったため大相撲の中でも大きな期待を受けており、出羽海親方は出羽海部屋の再興のために御嶽海さんに助けを求める形をスカウトを行ったのです。

御嶽海さんはこのスカウトにより、進路を修正して大学卒業後に出羽海部屋の力士として大相撲の世界に入っていくことになります。出羽海親方の見立ては完全に正しかったといえ、2015年の三月場所・五月場所でいきなり勝敗6-1の好成績を残し、わずか二場所で関取にまで昇進してしまいました。

もともとプロとしての舞台に自信を持っていなかったにもかかわらずこのような成績を残してしまうことに、御嶽海さんの潜在能力の高さを垣間見ることができます。十両になってからもその強さは全くとどまることを知らず、十両デビューの名古屋場所は11-4の勝敗でいきなり優勝。

秋場所ではさらに上積みとなる勝敗12-3で、あっさりと幕内力士にまで上り詰めることになったのです。前評判通りのスピード出世を果たした御嶽海さんですが、現在は長野県出身の力士が人材難ゆえに屈指の人気を誇っていて、地元の大相撲熱を盛り上げる存在としての期待もかかっています。

後援会は地元に存在し、御嶽海さんを支える!

デビューしてまだ間もないうちに結果を残している御嶽海さんには、既に人気が非常に高い地元に後援会が発足して彼を支える存在となっています。

後援会では単純に御嶽海さんに声援を送るというだけでなく、場所ごとにおける観戦ツアーを実施するなど彼の取る相撲をしっかりと観戦できるものとなっていることが特徴です。

前述のとおり長野県出身の力士は人材難となっているのですが、御嶽海さんが関取になるまではなんと37年も出身力士が関取にいないというほどでした。そういう意味では御嶽海さんに後援会がかける期待は大きいですし、御嶽海さんもその期待に応えてもらいたいものですね。

力強い突き押しをこれからも続ける御嶽海さん

御嶽海さんは、力強い突き押しがスタイルになっていることもあって、前述の長野県出身力士、そして出羽海部屋力士としての孤軍奮闘事情も相まって人気を集める要素が非常に多い力士と言えます。

正統派のスタイルは見るものから分かりやすいですし、何より面白い相撲として映ることが人気となる所以です。

地元、部屋といった様々な期待を背負っていることもあり結果を最優先して戦っていくと思われますが、スタイルを変えることなく真っすぐに向かっていくことが期待されています。

大相撲のその他おすすめ記事

まとめ これからは三役昇進に期待がかかる

既に幕内でも敢闘賞を受賞するなど順調に実績を積み上げているだけに、これからは三役昇進の期待までかかってくるでしょう。

将来的には長野県出身の力士における最高の成績を残して、地元における相撲熱を大きなものにしていくことを期待したいですね。人気の大相撲のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。