これだけ抑えておけば大丈夫!大相撲九州場所(十一月場所)の見どころと予備知識

大相撲のまさに大一番、年に6回開催される「本場所」。その中でも1年の締めくくりとして開催され、毎年数々の名場面を生んでいる「大相撲九州場所(十一月場所)」には、期待に胸を膨らませているファンも多いのではないでしょうか。そんな大相撲九州場所の見どころのほか、座席などの予備知識をまとめました。

盛り上がりを見せる大相撲のまさに大一番、年に6回開催される「本場所」。その中でも1年の締めくくりとして開催され、毎年数々の名場面を生んでいる「大相撲九州場所(十一月場所)」には、期待に胸を膨らませているファンも多いのではないでしょうか。

2015年には日馬富士関が12場所ぶりの幕内最高優勝を果たしたり、引退まで考えていたという松鳳山裕也が13場所ぶりの三賞入選を果たすなど、例年、大きな盛り上がりを見せてくれる場所です。

年の瀬も押しせまった11月に、力の入った取組を見せてくれる力士たちを心から応援して、すっきりと年末を迎えられると、なんだか「一年を締めた!」気分になれますよね。

そんな大相撲九州場所の見どころのほか、座席などの予備知識をまとめました。

大相撲九州場所(十一月場所)の見どころを紹介!

大相撲九州場所が行われるのは、福岡市にある福岡国際センター。美味しいものが集まる博多港に面し、周辺には大型ショッピングセンターのキャナルシティや、屋台の名店が立ち並ぶ中州など、観光スポットも目白押しです。

そんな賑やかな中にある福岡国際センターで、2016年の大相撲九州場所も行われます。

見どころのひとつは、15代浅香山(元大関・魁皇)ひきいる「浅香山部屋」。2014年の創設以来、順調に力を蓄えつづけ、2016年初場所(1月場所)では魁渡頌胆が部屋初となる序二段優勝を果たしました。

いま、波に乗っている浅香山部屋が、九州場所でどんな邁進を見せてくれるでしょうか。

身体も大きく、力のある逸ノ城にも話題性があります。

2016年の前半は、決して好成績を収めたとは言えず、解説者から稽古不足を指摘されたり、観客席から痛烈なブーイングまで浴びせられた彼ですが、九州場所に向けて確かな調子を取り戻しつつあります。

上位の力士と総当たりとなる九州場所には、大注目です。

そしてもちろん、鶴竜や白鵬の横綱陣にも大注目ですね。初土俵も新十両も新入幕も「九州場所」だった鶴竜は、九州場所に特別な思い入れがあります。

2016年名古屋場所(7月場所)の怪我で、秋場所(9月場所)の全休を余儀なくされた白鵬の方も、九州場所での通算1000勝に向けて士気を高めています。

取組以外にも楽しみいっぱい

取組観戦前や、観戦後にも楽しめるポイントがたくさんあります。福岡国際センターのロビーでは、優勝力士が手にすることになるトロフィーの「実物」が展示されています。

応援する力士がこのトロフィーを手にするように……と願掛けしてみるのも面白いですね。

また、場所中には、きものでの観戦を推奨している「和装day」などもあったりしますので、気合を入れて和装で観戦!もありですね。相撲観戦後は、そのままの姿で夜の博多へ繰りだす、というのも楽しそうです。

九州場所の観戦って、どんな席の種類がある?

福岡国際センターには、迫力満点の興奮を味わえる席から、カップルにお勧めのペアシートまで、様々な席種があります。

チケット代金がお高めの席から比較的安価な席まで、順番にご紹介します。

  • 【タマリ席】土俵の目の前、力士の息づかいまで聞こえてくる特上の一人席です。
  • 【マス席A】タマリ席のすぐ後ろに位置する、迫力満点の席で2人桝、3人桝、4人桝があります。
  • 【マス席B】マス席Aの後ろに続く位置で、2人桝と4人桝があります。
  • 【マス席C】マス席Bの後ろに続く位置で、3人桝と4人桝があります。
  • 【らくらくマス2人用】4人用のマス席を2人でゆったり利用できます。
  • 【ペアシート2人用】2人でゆったり座れるシートと、テーブルも用意された席です。
  • 【椅子席】指定席から自由席まで、様々な椅子席が、比較的安価な価格で用意されています。

大相撲のその他おすすめ記事

さあ、手に汗握る大相撲九州場所(十一月場所)を観にいこう

九州場所(十一月場所)を控えている大相撲の見どころや予備知識などをご紹介しましたが、結局のところ、「男たちが裸一貫で真剣勝負」をするところが大相撲の一番の魅力ですよね。初めての人だって、スポーツに疎い人だって、純粋に「優劣」や「戦況」を、見たままに感じられるのが大相撲なのです!その大相撲の「1年の締めくくり」に、ぜひ立ち会ってみてください。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。