間近で見る力士の姿に大興奮の感想多数!大相撲観戦ならバスツアーがおすすめ!

昨年、豪栄道の活躍により、若者人気を取り戻しつつある大相撲。現在も初場所が盛り上がっている最中の大相撲ですが、なによりもおすすめは力士の姿を生で見られる国技館での観戦です。巨漢の力士がぶつかりあう姿は迫力満点で、多くの参加者が「大興奮!」と感想を述べています。そして、大相撲観戦ならバスツアーが断然お得! 浅草散策と築地でお寿司まで付いた、お得なおすすめバスツアーを参加された方の感想を交えてご紹介します。

【大相撲をバスツアーで観戦しよう】

(出典:photoACより)

最近、再注目されているバスツアー。バスガイドさんの案内で下町を堪能でき、東京観光にはおすすめです。その中でも大相撲のバスツアーはTBSテレビ『マツコの知らない世界』でも紹介されるほどの人気で、ネット上の感想を見ても、バスツアーに興味を持ったという声が多く、大きな反響がありました。

大相撲は古くから江戸っ子に愛されてきた下町文化そのもの。だからこそ風情あるバスツアーが合うのかも知れません。最近流行のバスツアーで、大迫力の大相撲を直接その目で見ませんか? 今回はそんな初心者でも相撲観戦が楽しめる大相撲バスツアーのご紹介です!

【一度は観戦したい大迫力の大相撲】

昨年は豪英道が史上初となる角番力士の全勝優勝という快挙を成し遂げ、大注目された大相撲。テレビで見ても巨漢の力士がぶつかり合う姿は迫力満点ですが、生の取組はまた格別です。ネット上での感想を見ても直接体験する取組の激しさや会場の雰囲気に、大興奮する声が聞かれます。

一時は暗い噂ばかりがとりだたされ、観客動員数も減少していた大相撲ですが、その魅力が再確認する中で近年は観客動員数も増えてきました。 最近では相撲女子(スー女)などという言葉が出来るくらい、若い女性にも人気で、あの 蒼井優さんも大相撲好きだとネットで語っています。

おすすめは座布団で観戦できる枡(マス)席。 ゆったりと取組を観戦することが出来ますし、大金星があがると観客が興奮して座布団を飛ばすなど、国技館の雰囲気を余すことなく堪能できます。

ちなみに、両国国技館では枡(マス)席以外にも、 「砂かぶり」と呼ばれる溜(タマリ)席や、イスで観戦できるイス席もあります。使われるシーンに合わせて、席を選択してもいいかもしれません。

【大相撲初観戦にはバスツアーが絶対おすすめ】

(出典:photoACより)

非常に魅力的な大相撲ですが、サッカーや野球と比べれば、まだまだ若い人に倦厭(けんえん)されがちなことも事実でしょう。 ネット上でも、若者理解が得られにくいのではないかとうい声も聞かれます。

国技である大相撲には伝統的な儀式が存在し、取組を決める技も複雑なため、初心者にはハードルが高く感じてしまいます。 大相撲のマナーといえば

  • 座布団は投げない
  • 取組中の私語や座席移動は禁止
  • コールは禁止

といったものがあげられます。短時間で勝負が付く大相撲においては、力士が最大限集中できるよう敬意と配慮が求められるということです。

少々めんどくさいかも知れませんが、こうした配慮が大一番の直前に静まり返る国技場の雰囲気を作っているので、一概に悪いとは言えません。 最近では、マナーの悪化について嘆く声もネット上ではあふれています。

この点バスツアーは、ガイドさんやベテランさんと一緒に観戦することができるので、緊張することなく思う存分大相撲を楽しむことができます。 伝統的なしきたりこそが大相撲の魅力であるとも言えるので、先輩達から観戦マナーを学んで、楽しく大相撲をもりあげていきたいですね。 初観戦を考えている方には、バスツアーが特にお勧めです。

【お得な大相撲バスツアー】

バスツアーの基本的なスケジュールは、以下のようになります。

新宿【9:30発】–上野【10:20発】–築地【11:00頃着】(昼食/70分)–浅草【13:10頃着】(浅草寺、仲見世通りの自由散策/80分)–両国国技館【14:40頃着】(相撲博物館入場と大相撲観戦/3時間20分)–各地着【18:50~19:30予定】

嬉しいのは、築地や浅草観光などのオプションツアーが組み込まれていることです。

かつては相撲部屋でちゃんこ鍋を食べるという、バスツアーもあったようです。

大相撲が堪能でき、東京観光で寿司までついて1万5000円前後ですから、かなりお得です。

キャンペーン中などは、価格が1万円を切ることもあるらしく、そこを狙うのも手かもしれません。 ちなみに大相撲の席料は、マス席だと最低でも一人9500円。 是非、おすすめのバスツアーで話題の大相撲を堪能してください!

大相撲のその他おすすめ記事

大相撲界における縁の下の力持ち!「行司」の仕事内容とは?

昭和のヒーロー九重親方の早すぎる死に驚き。でも「ありがとう」の言葉を。

【大相撲・夏巡業の楽しみ方まとめ】季節限定の楽しみ方と力士の素顔を垣間見る絶好のチャンスも!?

技のデパート!大相撲、名古屋場所は注目の若手「宇良」の取組を要チェック!

未完の大器「逸ノ城」の復活なるか?大相撲名古屋場所での取組から目が離せない!

【バスツアーで大相撲を見に行こう】

いかがでしたか? 大相撲は国技として長年親しまれてきたこともあり、家族みんなで楽しめることも魅力です。是非一度、バスツアーでの大相撲観戦をおすすめします!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。