ACミランを対談した本田圭佑の新天地がついに決定!メキシコの名門パチューカに移籍!

日本代表の中心選手でACミランで10番を背負った本田圭佑選手、ACミランの退団が発表され新天地がどこになるのか注目を集めていました。 2017年7月14日ついに本田圭佑選手の新天地が発表、なんとメキシコのCFパチューカでした。 メキシコの名門CFパチューカと本田圭佑選手のプロフィールなどを紹介します、ワールドカップに向けて本田圭佑選手がどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか注目しましょう!

本田圭佑の移籍先はメキシコのパチューカ!

【画像:イラストAC

サッカー日本代表として2018FIFAワールドカップロシアの出場を目指す本田圭佑選手、2014年から在籍をしていたイタリアの名門ACミランの退団が決定し新天地がどこになるか注目をされていました。

ヨーロッパのチームか、それともアメリカ、日本、など様々な憶測が出ていましたがついに2017年7月14日(日本時間)に移籍先が発表されました。

新天地はメキシコの名門パチューカ、今回は本田圭佑選手のプロフィールとパチューカについて紹介します。

本田圭佑のプロフィール

大阪府摂津市出身の本田圭佑選手、石川県の星稜高校で第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場、石川県勢初のベスト4に貢献しました。

高校時にプロから注目された本田圭佑選手、多くのJリーグのチームから誘われ、2005年名古屋グランパスに加入します(2004年特別指定選手として名古屋グランパスの練習に参加)。

2008年にベルギーのVVVフェンローに加入、3シーズンで68試合に出場し24得点、ヨーロッパでも活躍をしロシアの名門CSKAモスクワへ移籍。

CSKAモスクワではチャンピオンズリーグに参加、ロシアリーグ所属チーム史上初となるCLベスト8の原動力とる。

CSKAモスクワには4年間在籍し、ついに2014年シーズンにイタリアの名門ACミランに加入します。

ACミランでは自らが希望したエースナンバーの10番を背負い、得点を上げるなど活躍もしますが徐々に出場試合も減りもどかしいシーズンが続きました。

去就が注目された本田圭佑選手は2016-2017シーズンでのACミラン退団を発表、2017年5月21日ホーム最終戦のボローニャFC戦で今季初得点をあげ、チームのEL出場も決定づける貴重な特典となります。

移籍先にはヨーロッパのチームや具体的にトルコの名門ガラタサライが興味を示しているなど様々な情報が錯綜しますが、2017年7月14日にメキシコのパチューカが獲得を発表しました。

メキシコの名門パチューカ

本田圭佑選手が移籍をするCFパチューカはメキシコのイダルゴ州の州都パチューカを本拠地とするサッカークラブでメキシコの最古のクラブです。

設立されたのは1901年ですが特に好成績を収めるようになったのは2000年代に入ってから。

2000年代に5度のプリメーラ・ディビシオン(メキシコサッカーの最も上位のリーグ)優勝、4度のCONCACAFチャンピオンズリーグ(北中米カリブ海サッカー連盟主催のクラブチームリーグ戦)優勝、1度のスーパーリーガ(アメリカ、カナダ、メキシコのクラブチームリーグ戦)優勝、1度のコパ・スダメリカーナ(南米サッカー連盟(CONMEBOL)が主催するクラブチームリーグ戦)優勝という成績を残しています。

2005年名古屋グランパスやFC東京で活躍をした福田健二選手が在籍をしていたこともあります。

メキシコの名門チームで本田圭佑選手はどのようなプレイを見せてくれるのでしょうか、ヨーロッパやアメリカのチームなどからオファーがあったと噂される本田圭佑選手がパチューカを選んだ理由がなになのか本田圭佑選手の口から語られるのかも楽しみですね。

ワールドカップに向けて大切なシーズン、スタメンで出場できるレベルの高いチームを探した結果がCFパチューカだったのでしょうか。

本田圭佑選手のパチューカでの活躍に期待!

ACミランからCFパチューカへの移籍が決定したサッカー日本代表の本田圭佑選手について紹介しました。

メキシコのクラブに移籍ということで驚いた方も多いのではないでしょうか、そしてヨーロッパのチームは詳しくてもCFパチューカについては詳しくないというかたも多いと思います。

メキシコの名門CFパチューカ、ここでいいパフォーマンスを見せてくれるか楽しみですね、ワールドカップに向けて本田圭佑選手の高いパフォーマンスは不可欠です!

本田圭佑の関連記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。