広島が愛するポイチことサンフレッチェ広島 森保一監督とは?

2012年と2013年に、森保一監督体制でJ1リーグを連覇したサンフレッチェ広島。2014年は残念ながら3連覇ならず、7位に終わりましたが、森保一監督とともに2015年も戦います。2015年の飛躍に期待しましょう。

2012年と2013年に、森保一監督体制でJ1リーグを連覇したサンフレッチェ広島。2014年は残念ながら3連覇ならず、7位に終わりましたが、森保一監督とともに2015年も戦います。

ドーハの悲劇を経験した名選手の森保さん。広島の選手としても大人気だった森保さんは、監督としても大人気です。

下部組織や若手選手の育成に優れているサンフレッチェ広島。日本代表クラスに大成した選手が毎年のように他チームに引き抜かれ、苦しい状況が続きますが、熱いファンがついています。2015年の飛躍に期待しましょう。

サンフレッチェ広島の森保一監督、選手時代の成績は

サンフレッチェ広島の森保一監督は1968年生まれ、長崎市出身です。「森保」と書いて「もりやす」と読む苗字ですが、高校時代は公式記録で「森 保一」と誤表記があり、そこから今でもニックネームは「ポイチ」。監督のことを「ポイチさん」と呼ぶサポーターも多いですよね。ちなみに著書の名前も「ぽいち」です。

森保監督は1993年のドーハの悲劇を経験した元日本代表です。1994年サンフレッチェ広島のステージ優勝に貢献しました。一緒に中盤を支えていたMFの相棒が、川崎フロンターレの風間八宏監督です。2012年、風間監督の初陣は偶然にもサンフレッチェ広島戦でしたよね。

2004年にS級ライセンス獲得後は広島やアルビレックス新潟でコーチを歴任しています。2012年の広島監督就任時には、新潟の主力だったDF千葉和彦を広島に連れていきました。千葉もJ1優勝に貢献した一人で、2013年には日本代表に選ばれましたね。

財政面の厳しさを跳ね返す、サンフレッチェ広島・森保一監督の心の強さ

2011年、サンフレッチェ広島は4年間継続したミハエル・ペトロヴィッチ監督の続投を断念しました。財政面が苦しく、契約が折り合わなかったのです。広島OBでペトロヴィッチ体制を継承できる監督ということで、森保一が監督に就任。広島OBの監督は森保監督が史上初めてです。

実は、森保監督も現役時代、チームの財政難により、1998年に京都にレンタル移籍で放出された経験があります。結末は変わらなかったものの、当時、サポーターが「森保移籍反対署名」を行って抗議したほど、広島では愛される存在なのです。

そんな経緯から広島に戻ってきた森保監督は、ペトロヴィッチ監督の攻撃的なサッカーに加え、セットプレーの練習やプレスのなど、守備の強化でチームを強くしました。お金がなくて補強ができないチーム事情から、「守備をより強化しよう」という考えに至ったのです。183cmの高さと対人能力、縦パスなど足元の技術に長けた千葉和彦の補強は正解でした。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。