監督交代劇を乗り切った!サガン鳥栖のフォーメーションとは?

監督交代で激震が走るも、終盤に粘りを復活させしのいだ2014年のサガン鳥栖でした。レンタルから完全移籍した林選手、菊池選手。それに加え安田選手や谷口選手ら実績のある選手の獲得。開幕から好スタートを切りました。

監督交代で激震が走るも、終盤に粘りを復活させしのいだ2014年のサガン鳥栖でした。レンタルから完全移籍した林選手、菊池選手。それに加え安田選手や谷口選手ら実績のある選手の獲得。開幕から好スタートを切りました。

ユンジュンファン監督が築き上げた堅守速攻にも磨きがかかり、ポゼッションも向上。11節からは3連勝を飾って首位にたつなど、目標だったACLの出場権はおろかリーグ優勝にも届くチームへと成長を遂げました。

サガン鳥栖のフォーメーション、戦い方とは?

4-5-1を基盤のフォーメーションとしており攻守共にバランスがとれたサッカーを得意としたチームです。4-5-1は多くのチームが採用している攻守共にバランスのとれたシステムです。

また、サガン鳥栖の最大の特徴は堅守速攻のサッカー。「日本で一番、謙虚にひたむきに走るチーム」と言われています。リーグ内屈指の過酷なトレーニングから生み出される、献身的なプレーで走り勝つスタイルでリーグ上位に昇り詰めました。

では、そんなサガン鳥栖のフォーメーションを支える各メンバーの戦い方をご紹介しましょう!

終盤苦戦も、林彰洋と菊地直哉選手の活躍で持ち直したサガン鳥栖

8月に、チームに激震が走りました。チームは首位にもかかわらず監督解任という珍しいことがおきたのです。

直後にチームは2連敗。動揺が大きかったのは明白でした。新任の吉田監督の元、スタイルを変えずに戦うも、その後はいまひとつまとまりにかけ精細をかいたチームは優勝争いから脱落してしまったのです。

その後はコンパクトさを取り戻して5戦無敗の間々時期を終えますが、更なる展開のためにポゼッションを意識しました。昨季オープニングにはボールを支配しますが、意識しすぎたかミスを連発。2012年にディフェンスの中心だった金根煥や岡本知剛が期限付き移籍で抜けた上に、ジョナサン、ディエゴ、ロニといった助っ人がことごとく期待はずれに終わったことも痛かったでしょう。

それでも、時季途中に林彰洋と菊地直哉という経験のある選手を、期限付きで移籍させていたことで、やっとディフェンスが釣り合ったのです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。