レッドブル・エアレース千葉開催! 室屋義秀選手の挑戦

Red Bull Air Race World Championshipの第3戦として、レッドブル・エアレース千葉2016が今年も予選6/4(土)、決勝6/5(日)の2日間、千葉市幕張の空に帰ってきます。ここでは、レッドブル・エアレースにアジア人で初めて参加した室屋義秀選手を中心にレッドブル・エアレース千葉の概要を紹介します。

Red Bull Air Race World Championshipの第3戦として、レッドブル・エアレース千葉2016(RED BULL AIR RACE CHIBA 2016)が今年も予選6/4(土)、決勝6/5(日)の2日間、千葉市幕張の空に帰ってきます。

開催初年度でもあった2015年の千葉大会は、予選、決勝日合わせて約12万人の観客が訪れました。昨年からNHK BSでのテレビ放送も始まり、日本でも人気や認知度が高まってきたレッドブル・エアレース。

ここでは、レッドブル・エアレースにアジア人で初めて参加した、室屋義秀選手を中心にレッドブル・エアレース千葉の概要を紹介します。

レッドブル・エアレース千葉はどのようなレース?

冬季オリンピックなどで、アルペンスキー競技をご覧になったことがあるでしょうか? 誤解を恐れずにいえば、レッドブル・エアレースは飛行機でアルペンスキー競技のように、高速でゲートの通過とスラロームを行うレースです。

雪上に旗門とポールを立ててコースをつくり、コースを通過するタイムで争うスキー。それに対し、レットブル・エアレース千葉では、海上に巨大なパイロンを立てて約4Kmの周回コースをつくり、そのコースを2週するタイムを争います。

異なる点としては、スキーでは選手がポールを倒してもOKですが、レッドブル・エアレースでは飛行機がパイロンに触れてパイロンを倒してしまうとペナルティタイムが加算されるほか、飛行高度の制限もあります。

また、安全を確保するために飛行機の旋回時のGが10G(体重の10倍)を超えるとその時点で即レース失格に。このため、最高速370Kmという高速での大胆かつ繊細な操縦が最速タイムを記録するために必要となります。

アジア人で初のエアレースパイロット 室屋義秀選手

このようなレッドブル・エアレースにアジア人で最初に参加したパイロットが室屋義秀(むろやよしひで)選手です。室屋選手は、大学のグライダー部でグライダーの操縦を学び、卒業後パイロットとなるためにアメリカに渡りました。

その後アクロバット飛行のパイロットとなり、アクロバットパイロットとして活躍するようになります。その技術が評価され、レッドブル・エアレースに参加するように。レッドブル・エアレースニ参加して2016年で7年目。

参加当初は上位入賞することはありませんでしたが、2014年以降度々上位入賞を果たしています。ただし、まだ優勝経験はないために2016年は優勝が期待されています。

また、千葉大会の前の行われた、オーストリアのシュピールベルク大会で室屋選手とレッドブル・エアレース同期のマティアス・ドルダラー選手が初優勝を遂げたため、室屋選手としてもホームのレッドブル・エアレース千葉では初優勝を成し遂げたいところでしょう。

レッドブル・エアレース千葉で飛行機はどこから飛んでくる? 滑走路はどこに?

レッドブル・エアレース千葉は千葉県立幕張海浜公園の海上で行われますが、飛行機はどこからレース会場まで飛行してくるのでしょう?

羽田? それとも成田でしょうか? じつは、千葉市のお隣、浦安市の埋立地の護岸に特設の滑走路がつくられています。

千葉県立幕張海浜公園から直線距離で約10km、千葉県立幕張海浜公園の対岸にあたる浦安市墓地公園の護岸になります。ここから選手たちは飛び立ち、レースに臨むことになります。

去年のレッドブル・エアレースの様子を見よう!

レッドブル・エアレース千葉 室屋義秀選手の挑戦

子供の頃、『機動戦士ガンダム』のパイロットであるアムロ・レイに憧れてパイロットになったという室屋義秀選手。

東日本大震災当時、室屋義秀選手が活動の拠点とする「ふくしまスカイパーク」(福島市)も東日本大震災の影響を受け、「もう飛ぶことはできないかもしれない」と感じたこともあったそうです。しかし、福島の仲間たちの支えもあり、現在もレッドブル・エアレースのパイロットして、アクロバットパイロットとして挑戦を続ける室屋義秀選手。

今年のレッドブル・エアレース千葉では初優勝も期待できます。室屋義秀選手の挑戦をぜひ会場で見届けてみませんか?

レッドブル・エアレース千葉に行ってみよう!

室屋義秀選手の活躍を、見にいきませんか? 定価以下のチケットも多数♩チケットキャンプではRed Bull Air Race Chibaのチケットを取扱中です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。