楽天ジャパンオープンテニス:会場となる有明コロシアムの座席を解説!

2017年10月2日(月)からスタートする、 楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2017(通称:楽天ジャパンオープン2017)。日本で開催される大会の中では最も高いトーナメントカテゴリに位置する大会で、数々の名選手たちが優勝を飾ってきました。2012年と2014年に錦織圭選手が優勝して日本中を沸かせたのも、記憶に新しいところです。楽天ジャパンオープンテニス2017の開催概要や、会場である有明コロシアムの座席について解説します。いったい、どの座席で観戦するのがベストなのでしょうか?

楽天ジャパンオープンテニス開催間近!

【画像:フリー素材AC

2017年10月2日(月)からスタートする、 楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2017(通称:楽天ジャパンオープン2017)。日本で開催される大会の中では最も高いトーナメントカテゴリに位置する楽天ジャパンオープンは、世界中のテニスファンの注目を集めています。今回は、楽天ジャパンオープンテニス2017の会場である有明コロシアムのキャパ・座席や、アクセス・周辺施設などについて解説します。いったい、どの座席で観戦するのがベストなのでしょうか?

楽天ジャパンオープンテニス他のオススメ記事

楽天ジャパンオープンテニスとは?

楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス2017(通称:楽天ジャパンオープン2017)は、世界男子プロテニスツアーのATP500シリーズ。グランドスラム(GS)・ツアー・ファイナル・ATPマスターズ1000に次ぐ、大きな大会となっています。

1972年に第1回大会が開催され、翌年からATPツアーに編入。名だたるテニスプレイヤーが優勝を飾ってきました。2012年と2014年には錦織圭さんが優勝。大きな話題を呼びました。

楽天ジャパンオープンテニス開催概要

まずは、楽天ジャパンオープンテニス2017の開催概要を見ていきましょう。日程や会場、会場アクセスなどを解説します。

期間

本戦:2017年10月2日(月)~8日(日)
予選:2017年09月30日(土)~  1日(日)

会場

有明コロシアム 並びに 有明テニスの森公園コート
(〒135-0063 東京都江東区有明2-2-22)

アクセス:新交通ゆりかもめ 「有明駅」徒歩8分 /「有明テニスの森駅」下車 徒歩8分
りんかい線 「国際展示場駅」下車徒歩8分

※有明テニスの森公園テニスコート利用者専用の駐車場あり

錦織圭は欠場

過去2回優勝している錦織圭さんに期待が集まっていましたが、右手首の負傷のために年内の大会をすべて欠場し、休養に入ることが発表されました。

楽天ジャパンオープンテニス:有明コロシアムの座席解説

それでは、楽天ジャパンオープンテニスの座席についてご紹介していきましょう。まず、チケットは10月1日(月)の予選と、10月2日(火)からの本選に分かれています。なお、有明コロシアムのキャパは10000人となっています。

10月1日(月)の予選(ATPサンデー)は、1日券のみの販売。北側のコートエンドのプレミアムシート(指定席)と、東西のコートサイドのコートサイド(指定)以外は全て自由席となっています。

10月2日(火)から行われる本選の座席は、大きくの8カテゴリーに分かれています。順にご説明してきましょう。

プレミアムホスピタリティシート

北側のコートエンド最前列に位置するプレミアムホスピタリティシートは、特典付きのスペシャルシートです。特典は以下の通り。プレイする選手の背中を誰よりも近くで見ることができる、良席中の良席、いわゆるVIP席です!なお、通し券のみ4席での販売となっています。

  • RADOレストランにて、フランス料理のランチコース。
  • デイリープログラムを各日提供。

プレミアムシート

プレミアムホスピタリティシートの後ろ、北側コートエンドの3・4列目に位置する超良席です。ランチコースの特典はありませんが、デイリープログラム各日提供の特典付き。1日券または7日間通し券の購入となります。

プラチナシート

東側コートサイドの最前列または2列目の座席。前に報道カメラなどがくる可能性はありますが、こちらも最も良く試合を観戦することができる良席となっています。デイリープログラム各日提供の特典付き。1日券または7日間通し券の購入となります。

CS席

東側、もしくは西側のコートサイドの座席で、3~5列目と、6~7列目でチケット料金が分かれています。1日券または7日間通し券の購入となります。

CE席

北側、もしくは南側のコートエンドの座席で、8~11列目、12~15列目、16~18列目でチケット料金が分かれています。1日券または7日間通し券の購入となります。

 SS席

東側、もしくは西側のコートサイド、CF席の後方に広がる1階指定席エリアの座席です。8~11列目、12~15列目、16~18列目でチケット料金が分かれています。1日券または7日間通し券の購入となります。

 S席

CE席とSS席の後方にぐるりと広がる、2階指定席エリアの座席です。1日券または前半4日間/後半3日間の通し券の購入となります。

A席

S席の後方、3階指定席エリアの座席です。S席同様、1日券または前半4日間/後半3日間の通し券の購入となります。また、A席の1日券のみ、大人/学生/子供というチケット料金区分が設けられています。

有明コロシアムの周辺施設は?

有明コロシアムの周辺施設についてですが、ここは臨海エリアと呼ばれる地域で、飲食店などが多く点在しているような場所ではありません。近くにコンビニはありますが、ランチなどは近くの大型施設であるTOC有明や、国際展示場駅すぐのワンザ有明ベイモールなどまで出かけると良いでしょう。

楽天ジャパンオープンテニスが待ちきれない!

日本で最も大きな国際大会である楽天ジャパンオープンテニス。会場となる有明コロシアムは2017年12月から改修工事に入ることが予定されており、現在の有明コロシアムで本大会が開催されるのは今年が最後となりそうです。残念ながら錦織圭さんは欠場となってしまいましたが、世界中から名だたるテニスプレイヤーが集まる日本最大の大会であることには変わりません。

通し券をゲットして毎日通いつめるもよし、1日だけ良い席で観戦するもよし。楽天ジャパンオープンテニス2017を思い切り楽しんでください

楽天ジャパンオープンテニス他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。