萌え〜な妹が大人気!?オリックスバファローズのマスコット今昔!

阪急ブレーブスからブルーウェーブ、大阪近鉄まで、いつも個性的なマスコットで楽しませてくれるオリックス・バファローズ。現在のマスコットは2011年にデビューしたバファローブル・バファローベル兄妹。今回は新旧のマスコットを見てみましょう!

阪急ブレーブスからブルーウェーブ、大阪近鉄まで、いつも個性的なマスコットで楽しませてくれるオリックス・バファローズ

現在のマスコットは2011年にデビューしたバファローブル・バファローベル兄妹です。特に妹のバファローベルは、その容姿の愛らしさから、ネット界隈の住民だけでなく、他チームのマスコットたちからも絶大な支持を受けているとか…。

昔のマスコットも懐かしいですよね。阪急ブレーブスの選手だった島野修さんが演じたブレービーやネッピーも大人気でした。早速、オリックス・バファローズのゲームを盛り上げる、新旧のマスコットを見てみましょう!

オリックス・バファローズのかわいすぎる妹「バファローベル」

バファローズといえば、女の子マスコットの中でも絶大な人気を誇るバファローベル。後述のバファローブルの妹です。ピンク色の目と、かわいすぎる仕草が特徴的ですね。イラストレーターの幸池重季先生がデザインしたキャラクターです。

卒業した前任者マスコット「リピシー」の背番号222を引き継ぎ、2011年にデビューしました。バファローブルはデビュー後、すぐに人気が出ましたよね。「オリのかわいすぎる萌えキャラ」としてスポーツ紙でも話題になり、写真集や絵本、フィギュアやDVDまで発売されています。

人気が出たきっかけは、2011年5月の交流戦でのこと。東京ヤクルトスワローズの燕太郎(えんたろう:現在は引退)にセクハラされた動画が、スワローズの公式Youtubeで配信されたことからでした。

その後も、他球団の野郎マスコットからのセクハラにもめげず、健気に頑張っているバファローベル。本当は、お兄ちゃんが助けてあげないといけませんね!

オリックス・バファローズのお兄ちゃん「バファローブル」

バファローベルのお兄ちゃん、バファローブルは、青い瞳が特徴的。妹と同じくイラストレーターの幸池重季先生がデザインしたキャラクターです。卒業した前任マスコット「ネッピー」の背番号111を引き継ぎ、兄妹同時に2011年にデビューしました。

妹のベルに性格の良いところを見せたいからでしょうか、180度に近いお辞儀をしてくれる礼儀正しいお兄ちゃんです。しかし、妹ばかり人気が出ているのが現実。お兄ちゃんもかわいいのに、ちょっとかわいそうですね…。

そんな不遇なバファローブル、2013年はバトルモードになる能力を身につけたようです。バトルモードになると、途端にヒーローらしくイケメンに!そして、明らかに頭身が伸び、人間っぽくなったのは気のせいでしょうか?

人気がないところが話題になり、逆に人気が上がっているバファローブル、いったいどこを目指すのでしょうか。今はまだブレイク前の潜伏期間と信じているファンも多いはずです。

みんなのコメント
  1. みーさ より:

    島野さんは阪急の選手じゃありません。1968にドラ1で巨人に所属していた選手です、阪急ブレーブスに入ったのは、マスコットになってからです

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。