メダリストオンアイス2014の長野ビッグハットの座席表についてわかりやすく解説!

2014メダリストオンアイスは12月に行われる第83回全日本選手権とそのメダリスト達が共演する豪華なエキシビションショーです。競技では見ることができない貴重な選手たちの姿が見られるかもしれません。ということでまずは座席表から見て行きます。

2014メダリストオンアイスは12月に開催される第83回全日本選手権と、そのメダリスト達が共演する豪華なエキシビションショーです。

ソチ五輪の金メダリストにして熱狂的な人気を誇る羽生結弦や、ゲストに名選手のステファン・ランビエールも来日!日本が世界に誇るスケーター達の感動の演技を見ることができる、これ以上ないチャンス!競技では見ることができない貴重な選手たちの姿が見られるかもしれません。

ということで、まずは座席表から見て行きましょう。

メダリストオンアイスの会場は長野五輪でも使われたビッグ・ハット

今回のメダリストオンアイス2014の会場は、長野オリンピックでアイスホッケー会場としても使用された、”ビッグ・ハット(長野市若里多目的スポーツアリーナ)”です。

オリンピックに使用されただけあって、会場は客席数は5000名前後と大きめです。

日本のトップ選手が熱戦を演じた後の格別な2014メダリストオンアイスを堪能しよう!

メダリストオンアイス SS席のチケットは争奪戦必至!

今回は座席の種類がSS席、S席、A席と3種類あります。

座席表の中で一番良い席種であるSS席。SS席の場合最前列も含まれます。S席やA席に比べて選手や演技が間近で見られます。大変見やすい座席であることが多く、選手の空気感や匂いまで感じられるような、ファンにとっては是が非でも抑えておきたいのがSS席のチケットです。

しかし当然ですがチケットの競争率は大変高く、しかも全日本選手権後のエキシビションショーであるメダリストオンアイス。あまりの人気で毎年のように争奪戦になっており、入手することが大変困難です。チケットの販売開始から1分かからず売り切れることも!!もし手に入れることができれば、最高の環境で演技を楽しむことができると言えるでしょう。

メダリストオンアイス S席やA席も悪くない

SS席が一番!と書くと、SS席でないと・・・という気がしてくるかもしれません。しかし、S席にもA席にもSS席より良い部分と感じるところがあります。

S席はスタンドの真ん中部分の高さの位置の場合が多いですが、前の方の席よりも高さがあります。広い会場だと高さがある席のほうが広い視野が確保でき、全体を見やすいという利点があります。さらにSS席に座る観客は熱狂的なファンが多いので、初心者の方では「居心地が悪い・・・」と、感じられる方もおられるようです。そしてSS席はS席より寒く、身体が冷えます。初めてアイスショーを見に行こうという方にはS席をオススメしたいです。

そしてA席はS席より座席位置が高いので、全体は見渡しやすいが選手が少し見にくくなるかもしれません。ところが逆に普段その位置からのフィギュアスケートを見る機会というのは、TVなどでもあまりないので、新鮮さを感じることもあるようです。「すごく見にくいと思ってたけど、そうでもなかった」という声もあります。気負わず気楽に会場の雰囲気を味わえる席でもあります。

メダリストオンアイスへ大好きな選手を直接見に行ってみよう!

さあ美しく迫力あるメダリストオンアイスのショーを見に行きたくなりませんか?チケットキャンプでは2014メダリストオンアイスのチケットを取り扱い中です。トップ選手たちの至極の演技をすぐそばで鑑賞しましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。