NHK国際フィギュアスケート
NHK国際フィギュアスケートの座席表特集!(なみはやドーム)

2014年NHK国際フィギュアスケート競技会の舞台であるなみはやドームは、大阪府門真市にある多目的アリーナです。フィギュアスケートは冬季にメインアリーナで行われます。なみはやドームでの観戦ははじめてという人、そしてフィギュアスケートの観戦ははじめてという人に向けて座席表を学びます。

2014年NHK国際フィギュアスケート競技会の舞台であるなみはやドームは、大阪府門真市にある多目的アリーナです。

フィギュアスケートは冬季にメインアリーナで行われます。なみはやドームでの観戦ははじめてという人、そしてフィギュアスケートの観戦ははじめてという人に向けて座席表を学びます。

広さはスケート会場として中規模上

フィギュアスケートの会場は、施設によって規模や収容人数が異なるので座席にも影響してきます。同じNHK国際フィギュアスケート競技会でも代々木第一体育館で行われるときと、名古屋レインボーアイスアリーナで行われるときでは収容人数も会場の広さも異なります。収容人数や観客席が多ければ多いほど盛り上がるといえますが、チケットを購入する立場としてはスタンド席の後列席や2階席になるとリンクから遠く離れて選手の顔がよく見えないなんて悩みも。その意味でなみはやドームは代々木第一体育館よりは少しキャパが少ないという感じです。固定席6000席前後。

例年争奪戦が繰り広げられるフィギュアチケット

なみはやドームで行われる今年のNHK国際フィギュアスケート競技会では例年に見られるようなB席やC席はなくなってスタンドA席を末席とする構成になりました。スタンドSS席の前列でもかなりよく見えると思いますが、羽生くんや海外のトップスケーターをもっとまじかに見たいという人は、アリーナS席、アリーナSS席のチケットを取りたいですね。しかし公式戦のチケットは他のアイスショーよりも競争率が高くなかなかゲットできないのが現状です。スタンド席でもいい場所を確保するために、また当日に自分の座席に迷わないように座席表をよく確認しておきたいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。