MotoGP日本グランプリ2016の日程と見どころをチェック!

10月14日~16日の日程でいよいよ「MotoGP 日本グランプリ 2016」が開催されますね。本日は練習から決勝までの日程や、「MotoGP 日本グランプリ2016」の見どころ、注目の有力選手などイベントの魅力をたっぷりご紹介します。

2016年度の「MotoGP 日本グランプリ」がいよいよ10月14日から16日にかけて開催されます。全18レースからなる世界選手権のうち、15番めとなる日本グランプリとはどういったレースになるのでしょうか?詳しい開催日程や見どころ情報を集めました。

10月14日からMotoGP 日本グランプリ2016が開催!練習から決勝までの日程をチェック!

ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町)にてMotoGP 日本グランプリ2016が開催されます。正式名称は「2016 FIM MotoGP 世界選手権シリーズ第15戦 MOTUL 日本グランプリ」。MotoGPとは、世界最高峰のオートバイレースの世界シリーズ戦です。

世界各地で全18レースが開催され、日本グランプリは第15戦目となります。優勝争いを決める上では見逃せない位置づけのレースとして注目されています。今年の日程は14日から16日にかけてですが、決勝戦は16日のみです。

あとは練習走行、そして公式予選となります。現時点で発表されているスケジュールは以下のようになっています。

10月14日(金)…練習走行

  • 10:00~フリー走行MotoGP
  • 14:00~フリー走行MotoGP

10月15日(土)…公式予選

  • 10:00~フリー走行MotoGP
  • 13:00~フリー走行MotoGP
  • 14:10~公式予選1MotoGP
  • 14:35~公式予選2MotoGP

10月16日(日)…決勝

  • 9:40~ウォームアップ走行MotoGP
  • 14:00~決勝MotoGP

なお、MotoGPクラスと一緒にMoto2、Moto3クラスも行われています。これらのクラスには日本人選手も出場しています。見どころはやはり決勝戦ですが、予選や練習走行の様子も見逃せません。

MotoGP 日本グランプリ2016の見どころはどこ?日本GPを制する有力選手は誰?

MotoGP 日本グランプリ2016は、昨年と大きく変化した部分があります。ECUが完全に共通となり、タイヤもブリヂストンからミシュランに変わりました。燃料タンクも22リットルに統一するなど、様々な点で変更があります。

これによってレース展開も昨年までと同じようにはならず、どんな展開になるのかが見どころのひとつです。また現時点のレース全体の日程では9戦目までを終えています。その9戦目となるドイツGPではマルケスが優勝を飾りました。

2015年MotoGPチャンピオンのロレンソはこの大会では15位となり、マルケスはシリーズ前半戦を大きなリードとともに終えています。7戦目のカタルニアGPまでは、上位選手でもリタイアをするなど、毎回レース毎に順位が入れ替わり、ポイントリーダー争いが激しい状態が続きました。

ドイツ戦を終えてマルケスが他を引き離したものの、日本グランプリまであと6戦が現時点では残っています。まだまだどの選手が上位に食い込んでくるかはわかりません。ドイツ戦での2位はクラッチロー、3位はドヴィツィオーゾでしたが、8戦目のオランダGPではミラーが初優勝を遂げています。

日本グランプリ自体を制するのはどの選手なのか。またMotoGP優勝に向けてリードする選手は誰なのか。チャンピオンシップ争いに向けて期待がかかる一戦となります。

他のクラスも見逃せない!!MotoGP 日本グランプリ2016

MotoGP 日本グランプリ2016では、MotoGPクラスはもちろん、Moto2クラス、Moto3クラスも同じ日程で開催されています。2クラス、3クラスでは日本人選手も活躍しています。Moto2では、第8戦オランダGPで中上貴晶選手が初優勝を飾りました。続く第9戦ドイツGPでも好調な走りを見せていましたが、転倒により11位と沈みました。

Moto3では鈴木竜生選手が11位と健闘しポイントを得ています。見どころ満載の世界最高峰レースMotoGPと一緒に、世界の有力選手はもちろんのこと、日本人の活躍も楽しみましょう。MotoGP 日本グランプリのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。