メダルウィナーズオープン チケット
MEDAL WINNERS OPEN 2015に行く前に持ち物や服装を確認しよう!

MEDAL WINNERS OPEN 2015は国際スケート連盟公認のプロアマ競技会。歴代級のトップスケーター達が芸術性を競い合うために、国立代々木第一体育館で夢の競演を繰り広げます。観戦のために準備しておくべき、持ち物や注意点を紹介します。

MEDAL WINNERS OPEN 2015は国際スケート連盟公認のプロアマ競技会です。歴代級のトップスケーター達が芸術性を競い合うために、国立代々木第一体育館で夢の競演を繰り広げます。

「行きたい」「行こうと思っている」方も多いと思いますが、国立代々木第一体育館でフィギュアスケートを観戦するために準備しておくべき、持ち物や服装、注意点を確認してみましょう。

MEDAL WINNERS OPENでは、万全の防寒対策を!

MEDAL WINNERS OPEN 2015の会場にはアイスリンクがありますので基本的に寒いです。真冬の屋外並みに寒い場合もあります。

特にアリーナ席やスタンドSS席の方は、見ている間に身体が冷えきってしまいますので、暖かい服装を準備して、しっかりした防寒対策をしましょう。

■コートやジャンパーなどのアウター

→会場内は寒いので、コートなどを着用したまま見たほうが良いです。

■ひざかけ

→長時間の観戦で足元がかなり底冷えし、身体全体が冷えてきます。アリーナ席の方は特に靴下なども厚く暖かい素材のものにしたほうが良いでしょう。

■カイロ

→寒~い時に役立つすぐれもの!いくつか持って行くと便利です。

■クッションなど座席に敷けるもの

→国立代々木第一体育館は建物が古く、座席も少し硬いのですわり心地があまり良くありません。そして座席は冷たいので、長時間観戦する場合クッション等があれば快適に過ごすことができます。

※2F席は寒くないので、クッションなど座席に敷けるものがあれば十分だと思います。

MEDAL WINNERS OPENでも食べ物や飲み物について

食べ物としては長時間観戦するにあたって、食料補給がしやすく、持ち運びがしやすいという観点から、「チョコレート」や「カロリーメイト」など簡易食のようなをおすすめします。チョコレートは少しづつ、摂取でき身体も少し温まるので良かったです。

飲み物は「水」が一番良いかと思います。もしくは水筒などにお湯を入れていく。なぜならお茶やコーヒーなどのカフェインが含まれる飲料は、利尿作用により、トイレに行きたくなりやすいです。

→国立代々木第一体育館のトイレ(特に女子トイレ)はそこそこの広さはありますが、それでも製氷等の休憩時に大行列になります。ヘタすると30分待たされることもあるみたいです。行列が凄まじく、次の演技に間に合わないことも考えられます。

※大会によっては場内飲食禁止もあるので注意してください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。