キリンチャレンジカップ2016の注目選手!宇佐美貴史と浅野拓磨ってどこに海外移籍したの?

11月11日茨城県立カシマサッカースタジアムで日本代表とオマーン代表が「キリンチャレンジカップ2016」で親善試合を敢行。本日はA代表のトップ選手の中から最近海外移籍をした宇佐美貴史選手・浅野拓磨選手を移籍先のチームと共に紹介していきます。

11月11日に、茨城のカシマサッカースタジアムにて「キリンチャレンジカップ2016」が開催されます。どんな選手が招集されるのか、スタメンに選ばれるのは誰なのか、注目選手の名前が続々とあがります。対戦相手であるオマーン代表に立ち向かう日本代表の中から、最近海外移籍をした宇佐美貴史選手と、浅野拓磨選手を移籍先のチームと共にご紹介します。

キリンチャレンカップ2016の注目選手!プラチナ世代の宇佐美貴史選手

宇佐美貴史選手は2009年にガンバ大阪史上初、高校2年生での飛び級昇格でプロ入りし活躍しました。その後、2011年からバイエルン・ミュンヘン、ホッフェンハイムにレンタル移籍され、ドイツのブンデスリーガを経験。その後、2013年に再び古巣のガンバ大阪に復帰します。

そして2016年6月20日にはブンデスリーガ・FCアウクスブルクに完全移籍となりました。なお、6月25日の名古屋戦終了後に、ガンバ大阪からの退団セレモニーが行われています。日本代表としては「プラチナ世代」の呼び声に相応しく、得点王や最優秀選手を獲得し活躍しています。

移籍先のFCアウクスブルクは、2011年にブンデスリーガ2部から1部に昇格したチームです。数多くの優勝経験を持つ名門バイエルン・ミュンヘンには劣るチームであり、決して順位の高いチームではありませんが、ドイツのプロサッカーリーグは1部2部が18クラブ、3部が20クラブの合計56クラブから成り立っており、その中で1部に昇格してきたチームです。今年で24歳となった宇佐美貴史選手。キリンチャレンジカップ2016では注目選手のひとりとして活躍が期待されています。

名門アーセナルに移籍した浅野拓磨選手!キリンチャレンジカップ2016、もうひとりの注目選手

さて、直近で海外移籍をした注目選手として浅野拓磨選手は外せません。彼は第90回、第91回高校選手権にて大会最優秀選手、高校選抜に選出。複数のクラブからオファーがかかりサンフレッチェ広島にプロ入りしました。その後、ベストヤングプレイヤー賞を受賞する活躍を見せ、2016年7月3日にはプレミアリーグ・アーセナルFCに完全移籍することが発表されました。

プレミアリーグと言うと、リーガエスパニョーラ、セリエA、ブンデスリーガと並び世界でも人気のサッカーリーグです。その中でアーセナルFCはリーグ優勝13回を誇るビッグチームのひとつとして有名です。今年開催されたユーロ2016では、じびアーセナルに所属するチェコのペトル・チェフ、ウェールズのアーロン・ラムジー、ドイツのメスト・エジルなど有名選手が代表として活躍しました。

また、アーセナルは過去に稲本潤一選手や、宮市亮選手が所属したこともあります。マンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川選手の例を見ても、ビッグチームでの日本人の活躍は極めて難しいとされています。宮市選手もアーセナル時代はレンタル移籍に出されることが多く、浅野拓磨選手も21歳という年齢を考えるとその可能性はあります。

なお、7月1日にはリオデジャネイロオリンピックに選ばれています。キリンチャレンジカップ2016でも出場機会を得られるのか、注目したいところです。

キリンチャレンジカップの他のオススメ記事

海外組の招集に期待!キリンチャレンジカップ2016の注目選手たち

海外リーグと日本国内のリーグは、シーズンが違うこともあり、秋開催のキリンチャレンジカップ2016では海外組を呼ぶのは難しいこともあります。しかし国外チームと争うにあたっては、やはり海外の経験は大きな強みです。注目選手が活躍できるのかどうか見届けましょう。キリンチャレンジカップ2016のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。