ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015が開催される上海東方体育中心の座席表を徹底解説!

世界中のトップスケーター達が一同に会し、技や表現を競い合う頂上決戦『ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015』今回はこの会場がどんな体育館でどの座席が良いのかなど徹底的に解説させていただきたいと思います!

世界中のトップスケーター達が一同に会し、技や表現を競い合う頂上決戦『ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015

この大会はオリンピックと並んでフィギュア選手たちにとって最も重要な大会の1つです。今回の会場は中国上海の“上海東方体育中心”で日程は2015年3月23日 ~2015年3月29日の7日間です。

今回はこの会場がどんな体育館でどの座席が良いのかなど徹底的に解説させていただきたいと思います!

ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015の会場『上海東方体育中心』は上海一の大きさ!

上海体育中心(上海オリエンタルスポーツセンター)は2011年に出来たばかりの新しい競技場で、上海一の大きさを誇っています。人造湖の上に浮かぶように建てられた近代的なデザインが美しく、見た目からか別名で“海上王冠”と呼ばれています。

収容人数は18,000人と中国でも最大規模の大きな会場でフィギュアスケートの国際大会も何度か開催されています。

所在地は上海市浦東新区済陽路耀体路で、アクセスは上海浦東国際空港から直接行く場合、タクシーで約40kmで40分位の所要時間になります。白タク(非認可のタクシー)には絶対に乗らないように注意しましょう。上海地下鉄の最寄り駅は6号線、8号線、11号線の東方体育中心駅になります。

ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015の座席表と日程をチェック!

座席表の席種はS席、A席、B席、C席、D席、E席の6種類あります。今大会の座席表は2種類ありまして、3月25日~3月27日と3月28日~3月29日までの座席の値段が異なりますので注意して下さい。

座席表の右側にある色の対応表を座席表と照らしあわせて、どこらへんの座席なのかを確認してからチケットを購入するようにしましょう。もちろんこの中で取っておきたいチケットはS席です。特等席のS席はかなり見やすい席の配置になっていて、特に見やすいロングサイド側は超プレミアチケットとなるでしょう。

東方体育中心は会場が大きくS席以外はかなり高さがある場所の可能性が高いです。ただこの大きさの会場に対してS席が極めて少ないので、S席チケットを入手するのは困難を極めるかもしれません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。