ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015の持ち物、服装、見所をチェックしよう!

世界のトップスケーター達の頂点を決める激戦を見られる『ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015』今回は2015年3月23日 ~2015年3月29日の7日間の日程で中国・上海にある大規模な体育館“東方体育中心”にて開催されます。

世界のトップスケーター達の頂点を決める激戦を見られる『ISU世界フィギュアスケート選手権大会2015

今回は2015年3月23日 ~2015年3月29日の7日間の日程で中国・上海にある大規模な体育館“東方体育中心”にて開催されます。

今大会の知っておきたい見所と持ち物や服装などをチェックしておき、万全の体制で観戦しましょう!

見所1:男子は過去最高の全盛期到来!日本人選手から目が離せない!

日本人選手からは目が離せないでしょう!特に男子。ソチ五輪の金メダリストで2014年の世界選手権でも優勝し、2014年のグランプリ・ファイナルでも圧巻の演技を見せつけた羽生結弦。今大会では日本人選手初の2連覇が期待されます!

そして2014年の世界選手権では初出場にして銀メダル、極めて金メダルに近い点数を叩き出した町田樹。今シーズン調子が良く、2年ぶりにグランプリシリーズ優勝を果たした無良崇人選手にも期待大です!日本男子による豪華な三つ巴決戦は見逃せませんね!

女子はシニアデビューして初めてのグランプリシリーズで初優勝を果たし、日本人女子シングルで唯一グランプリファイナルに進出した本郷理華に大注目です!今シーズン良い調子を保ち続け更に調子を上げていることから、世界選手権では表彰台が期待されます。

見所2:強豪集う海外選手達も見逃せない!

男子シングル選手で特に日本人選手が注意したい選手が、スペインの貴公子ハビエル・フェルナンデス選手、ロシアのマキシム・コフトゥン選手と中国の閻涵選手です。この3人は仮にほぼパーフェクトな演技をした場合、必ず優勝争いに絡んでくるでしょう。

そして女子シングル選手では、現在圧倒的な勢力を誇るロシア女子に大注目です。世界選手権では1カ国から最高3人までしか出場できませんが、現在のロシア女子勢は表彰台に上れるもしくは優勝できる可能性のある女子選手が6人もいます。

12月末のロシア国内選手権の結果次第で出場者が決定しますが、今回はロシア女子選手が表彰台を総なめにする可能性も大いにありえます。

防寒対策をしっかりした服装で!

開催場所が中国・上海の為日本より冷え込む可能性もあり油断が出来ません。会場は広いですが、前の方の席であればあるほど寒いので防寒対策は怠らないで万全の体制で観戦しましょう!

  • ・コートやジャンパー
    アイスリンクでの防寒対策の為にコートやジャンパーなどのアウターは必ず持って行きましょう。やはりアイスリンクが会場にある場合前の列などはかなり冷えます。長時間の観戦になるために、身体の芯から冷えてくる場合もあります。特に足元が冷えてきますので靴下も2重で履けるよう予備を携帯していったほうが良いかと思います。
  • ・クッションやひざかけ
    会場で座席に座り続けるのが辛い主な原因の一つに“座席の硬さや冷たさ”があります。そんな時にクッションを敷くと座席に長時間座っているストレスが軽減されます。また女子トイレは例外なく酷い混雑になるので、下半身はなるべく冷やさないほうが良いです。そんな時にひざ掛けを使い、身体を冷やさないようにしましょう。
  • ・カイロ
    やはり寒いな~と思った時にすぐに温かくなるカイロはいくつか持っておくのがベター。備えあれば憂いなしともいいますよね。
  • ・オペラグラスや双眼鏡
    席が思ったよりリンクから離れていた!とか選手の細かい動きを見たい!といったときに役立つのがオペラグラスや双眼鏡。特に2階席や3階席の人は必ず持っておきたいアイテムですね。
  • ・カメラ
    写真撮影は基本的に日本開催の大会ではアウトですが今回は中国開催なので演技中のカメラ撮影も許可されている可能性があります。事実中国杯では写真撮影が可能でした。でもできるだけ選手や周囲に迷惑がかからないように注意したいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。