【画像付き】羽生結弦選手愛用イヤホンをまとめたら衝撃価格が発覚!メーカー、購入店舗はどこ?

世界で活躍するフィギュアスケーター・羽生結弦選手。競技に音楽を使用するフィギュアスケーターにとって、イヤホンは本番前に自身のプログラムを確認するためにも必須のアイテムですが、羽生選手は「イヤホンマニア」としても知られているほど。今回はそんな羽生結弦選手の愛用イヤホンのメーカーや価格、秋葉原のお店などを紹介。羽生結弦選手が実際に訪れた秋葉原のお店の情報やイヤホンのメーカーや価格を知ってもっと羽生選手に詳しくなっちゃいましょう!

羽生結弦選手の愛用イヤホンをまとめたら驚きの価格が判明!メーカー、購入店舗はどこ?


【画像:GATAG

4月下旬出場した世界国別対抗戦では4回転ジャンプを5本組み込む演技構成、演技後半に3回の4回転を成功させるという史上初の功績を残し、日本を3大会ぶりの優勝へ導いた羽生結弦選手

そんな羽生結弦選手はイヤホン好きで有名で、たくさんのイヤホンを所持しているそうです。

フィギュアスケートと音楽は切っても切り離せない関係。大会中にも、演技スタート直前までイヤホンをして集中力を高めている選手がほとんどです。

自身のプログラムの使用楽曲を聴いてイメージトレーニングを行ったり、本番前に好きな音楽やテンションを高める曲を聴いたりと、イヤホンは選手にとって必須アイテムでしょう。

今回は羽生結弦選手の愛用イヤホンに注目し、メーカーやモデル、価格、購入が可能な店舗などを詳しく紹介していきます!

羽生結弦選手の愛用イヤホンって?

オーディオ好きにとって、聴く音楽のジャンルや状況でイヤホンを変えるのは普通のことですが、羽生結弦選手はなんと50種類以上のイヤホンを持っているそうです。海外への遠征時にも10種類前後は持っていくそうで、音に対してのこだわりの高さがうかがえます。

羽生結弦選手がよく使用しているイヤホンはFitEarというメーカーの「FitEar MH335DW」。「FitEar MH335DW」は耳型をとって作る完全オーダーメイド式のイヤホンで、価格は約22万円とかなり高額に感じるお値段です。

しかしオーディオマニアの中では割と普通なことで「欲しいイヤホンを手に入れたら次はあれが欲しい」というスパイラルに陥りやすいそうです。羽生選手は「そのスパイラルにはまりたい」と語ったこともあるほど。

羽生選手が使用しているタイプは結弦のイニシャル「Y」入りで、羽根のマークがついています。

FitEarの他に羽生選手が使用していると思われるイヤホン

SHURE SE535LTD

メーカー:SHURE
参考価格:¥53,978~(価格.comより)

heaven VI FI-HE6BCC

メーカー:final
参考価格:¥51,800(価格.comより)

audio design Piano ForteVIII

メーカー:final
参考価格:\135,710 (Amazonより)

羽生結弦選手の愛用イヤホンはどこで買えるの?

イヤホン・ヘッドホン専門店の「e☆イヤホン」秋葉原店には羽生結弦選手がプライベートで訪れるお店。テレビ番組でもお店を訪れて聴き比べを行っている場面などが紹介されています。羽生選手がイヤホンを着けている映像がテレビで流れると、同じ型番のものが翌日ものすごく売れるというエピソードも。

「e☆イヤホン」秋葉原店には羽生選手の他にも無良崇人選手やプロ野球選手の松井稼頭央選手が度々来店するそうで、店頭にはサインが飾ってあります。羽生選手が実際に訪れたお店というだけでも、ファンにとっては行ってみたくなる場所です。「羽生選手と同じイヤホンが欲しい!」という気持ちから、オーディオの世界にはまってしまうかもしれませんね。

こちらの動画では羽生選手が「e☆イヤホン」に来店された際の試聴機種を解説しています。

羽生結弦選手を支える音楽とイヤホン

フィギュアスケートはジャンプなどの技術を競いながらも芸術性を求められる特殊なスポーツ。演技に使用する楽曲を頭に入れる以外にも、自身の世界観を持ち、表現していくために音楽は大切なものであるはずです。

金メダルをとったソチ五輪の前にはThe Sketchbookというバンドの「Colors」、2015年のGPファイナル前にはONE OK ROCK「キミシダイ列車」を聴いていたという羽生結弦選手。

実力、人気ともに世界的なスケーターであり、多くのスケーターから尊敬を集める羽生結弦選手ですが、そんなエピソードを聞くと20歳の若者らしい一面を感じられます。羽生選手を支えているイヤホンを知ることで、もっと羽生選手を身近に感じられるかもしれませんね。

フィギュアスケートの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。