2017年は阪神タイガース戦に注目!阪神タイガースの開幕投手を大予想!

2016年は不本意な成績に終わった阪神タイガース。2017年は巻き返しに期待したいところ。そんな注目の阪神タイガース戦、開幕投手は重要です。開幕ダッシュができるかどうかで、その年の成績が決まるといっても過言ではありません。ここではそんな2017年阪神タイガース戦の開幕投手を予想します。

【2017年阪神タイガース戦のシーズン開幕投手を大予想!】

2016年のシーズンを第4位で終えた阪神タイガース。2017年は巻き返しに期待したいところ。

そんな注目の阪神タイガース戦、開幕投手は重要です。シーズン開幕戦で勝利し、開幕ダッシュができるかどうかでその年の成績が決まることも多いといわれています。

ここではそんな重要な2017年阪神タイガース戦の開幕投手が誰になるのかを予想します。

【2017年阪神タイガース戦のシーズン開幕投手予想その1 藤浪晋太郎選手】

2017年阪神タイガース戦のシーズン開幕投手予想1人目はこの人藤浪晋太郎選手です。

2012年オフのドラフトで阪神タイガース、オリックス・バファローズ、東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズの4球団から1位指名を受け、抽選の結果阪神タイガースに入団。2013年は高卒1年目ながら、先発ローテーションに入ります。

高卒新人の開幕3戦目での先発登板は、ドラフト制度ができて以降最速のことでした。最後までローテーションを守り、終わってみれば2桁勝利の10勝。高卒新人で2桁勝利を挙げたのはセ・リーグでは3人目で1968年の江夏豊選手以来46年ぶりのことでした。

平均150km/hを超え、最速では160km/hをたたき出すストレートと、カットボール、スプリット、カーブ、ツーシームの多彩な変化球で打者を次々と打ち取る投球で、その後2015年まで3年連続2桁勝利。特に2015年は14勝と過去最高の勝利数を記録、221奪三振を奪い奪三振王のタイトルも取得しました。

このまま順調にいくと思われた2016年は思わぬ不調に見舞われます。立ち上がりに四死球をだして失点、そのまま立て直すことができず負けるということが多くなりました。終盤には持ち直しましたが、終わってみれば7勝に終わり、入団以来続けていた二桁勝利が途絶えました。

それでも2017年は高卒5年目、大卒ルーキーとさほど変わらない年齢です。ファンが2017年の藤浪選手に対する期待は計り知れないものがあります。今後の藤浪選手の成長も考えて、2017年は初めての開幕投手の期待が膨らみます。

【2017年阪神タイガース戦のシーズン開幕投手予想その2 ランディ・メッセンジャー選手】

2017年阪神タイガース戦のシーズン開幕投手予想2人目はは先発ローテーションの1角のランディ・メッセンジャー選手です。

メッセンジャー選手は外国人選手でありながら、2017年で在籍8年目の投手です。過去7年で5度の2桁勝利、しかも2011年~2014年まで4年連続2桁勝利、2014年には最多勝のタイトルを受賞している優良外国人選手です。2016年の開幕投手は、メッセンジャー選手でした。

2016年はチーム唯一の2桁勝利をあげており、2017年の開幕投手に1番近い存在と言えるでしょう。平均球速は140km/h後半ながらスライダー、フォークボール、カーブなど多彩な変化球を操ります。

また身長198cm、体重121kgと体が大きい投手として知られ、そのタフさも球界屈指。中4日で投げることも多く5年連続投球回数180回以上を記録しています。

これは救援投手を休ますこともでき、チーム全体に良い影響を与えています。今年は最多勝も狙えるでしょう。

阪神タイガース他のオススメ記事

【2017年阪神タイガース戦のシーズン開幕投手予想まとめ】

(出典:pixabayより)

今回は期待が高まる2017年阪神タイガースのシーズン開幕投手を予想しました。過去の実績からいって、2017年阪神タイガースのシーズン開幕投手は、藤浪晋太郎選手かランディ・メッセンジャー選手のどちらかになるでしょう。

2016年に成績を落としたたものの、まだ若く将来性抜群の藤浪選手になるのか、過去5度の2桁勝利、2016年チーム唯一の2桁勝利を挙げたメッセンジャー選手が2016年に続き開幕投手になるのか、ファンは興味が尽きません。どちらが開幕投手になったとしても、藤浪選手とメッセンジャー選手2人の活躍がチームの成績浮上のカギとなるはずです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。