阪神タイガース戦で必食!面白すぎる選手コラボメニュー

2005年から甲子園球場で選手コラボメニューを発売している阪神タイガース。ファンの間でも毎年好評の選手コラボメニューですが、2015年の内容が発表されました。2015年は選手14人と和田監督が参加しています。

2005年から甲子園球場で選手コラボメニューを発売している阪神タイガース。ファンの間でも毎年好評の選手コラボメニューですが、2015年の内容が発表されました。

2015年は選手14人と和田監督が参加しています。お弁当からスイーツまで、種類いろいろ!中には面白いものがあって、ファンの間でも話題になっています。

あなたも甲子園に観戦に出かける前にチェックしておきましょう!

阪神タイガース戦で必食!ラーメン大好き・メッセンジャーとのコラボメニューは…

2015年開幕投手のランディ・メッセンジャーはコラボメニュー初登場です。

出身のアメリカ・ネバダ州リノにちなんだもの!?投手にちなんだもの!?なんと「メッセの豚骨醤油ラーメン」、日本のラーメンです!並は800円、大盛りの「メッセ盛り」が1,000円です。メッセ盛り、メッセンジャー仕様のデカ盛りで、麺が2玉、チャーシューが4枚です。

スープがめっちゃ美味しい、と試食したメッセンジャーも大喜びの味に仕上がりました。来日6年目のメッセンジャー、日本全国の遠征先でラーメンを食べまくり、ラーメン通になりました。具は朝日新聞スポーツ部記者・井上翔太記者のツイートもご参考に!

阪神タイガース選手の出身地がわかる!ご当地メニュー

メッセンジャーと同じく、ラーメンを監修した選手がいます。藤浪晋太郎の「藤浪の鉄板焼肉ラーメン ~切れ味鋭い黒胡椒醤油~」(900円)、コラボメニュー初登場・梅野隆太郎の「博多出身!梅ちゃんの豚骨焼きラーメン」(650円)です。

梅野のほかにも出身地にちなんだメニューを監修した選手がいます。コラボメニュー初登場・呉昇桓(オ・スンファン)は、「呉昇桓の締めの韓国冷麺」(850円)。ネーミングも韓国No.1クローザーらしいですよね!

2014年に母国ドミニカのフルーツ大使になったマウロ・ゴメスにちなんだ「フルーツ大使ゴメスの南国フルーツクレープ」(600円)も食後のデザートにいいですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。