阪神タイガース、鳥谷敬内野手の阪神残留の真相は…?

阪神タイガースに所属する鳥谷敬内野手は、海外FA権を行使しましたが、メジャーリーグへの挑戦を断念して、阪神タイガースに残留することを表明し、契約更改を行いました。契約内容は5年で総額20億円相当と見られています。

阪神タイガースに所属する鳥谷敬内野手は、海外FA権を行使しましたが、メジャーリーグへの挑戦を断念して、阪神タイガースに残留することを表明し、契約更改を行いました。

契約内容は5年で総額20億円相当と見られています。事実上阪神タイガースで野球人生を全うすることとなり、球団のリーグ制覇や日本一を目指すこととなったのです。

鳥谷選手の海外FA権行使、阪神タイガース残留…真相は?

阪神タイガースファンにとっては鳥谷選手の残留はとてもうれしいことです。走攻守三拍子揃った大型内野手がこれからもショートのポジションを守ってくれることは阪神タイガースの戦力強化には欠かせないことでしょう。

当初海外FA権を行使した時には、「条件が悪くてもあえて行く。」と見られていて、年俸も日本時代より大幅に下がるということや、レギュラーの保証がなくても、強いメジャーへの挑戦があったと見られています。そこには将来を見据えた指導者への夢のために、メジャー経験を積んでおきたいという思いもあったようです。

阪神タイガース、鳥谷選手にとっての痛手?日本人内野手はメジャーでの評価が低い

鳥谷選手がメジャー挑戦を断念した一つの要因として、日本人内野手の評価が低いということがあげられています。今まで何人かの内野手がメジャーリーグで挑戦をしてきましたが、活躍できた選手はほとんどいません。なので日本人内野手への風当たりは強いと言われています。

なぜ日本人の内野手はメジャーで活躍できていないのか。一つ目はメジャーでは人工芝がほとんどなく、天然芝や土などのイレギュラーのバウンドになる球場が多く、日本人には慣れていないということがあります。

鳥谷選手は甲子園を本拠地としており、内野は土なのでここは特に問題としてはいないかもしれませんが、これまで数多くの日本人内野手が苦労してきました。二つ目はメジャー特有の体当たりの強いスライディングをもろに受けてしまって、ケガをしてしまい調子を崩してしまう選手が多くいたということです。体の小さな日本人には厳しいでしょう。

阪神タイガース、鳥谷選手はここが素晴らしい!

鳥谷選手の素晴らしさを打撃と守備でそれぞれ挙げていきたいと思います。

打撃で目を見張る素晴らしさは選球眼の良さだと思います。2011年からの3年間セ・リーグの選手の中でトップのフォアボールの数を選んでいて、2013年には驚異的な数字の100四球を達成しました。出塁率が非常に高いのが特徴です。

守備面でも素晴らしい成績をおさめています。2014年のショートでの守備機会は693回あったのに対してエラーはわずかに4つ。甲子園を本拠地としていてイレギュラーバウンドが多いにも関わらず、この数字は素晴らしいの一言です。

阪神タイガースの他のオススメ記事

鳥谷選手の残留によってさらに強くなる阪神タイガース

鳥谷選手の今季の活躍とともに、阪神タイガースの30年ぶりの日本一も期待したいところです。チケットキャンプでは阪神タイガースの観戦チケットを取扱中です。ぜひ見てみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。