要チェック!読売ジャイアンツ2015注目の若手投手たち

2015シーズン、ベテランも若手も総力戦でペナントレースに挑んでいる読売ジャイアンツ。ここでは、2013年や2014年のドラフトで入団したフレッシュな投手を紹介します。ぜひ名前を覚えてくださいね。

2015シーズン、ベテランも若手も総力戦でペナントレースに挑んでいる読売ジャイアンツ

巨人はケガで離脱中の選手が多い中、入団1年目や2年目の投手の活躍は、うれしい限りですよね。これから10年、20年と巨人で活躍してほしいなと今から期待しています。

ここでは、2013年や2014年のドラフトで入団したフレッシュな投手を紹介します。ぜひ名前を覚えてくださいね。

2014年ドラフト3位で巨人に入団!高木勇人

開幕から3連勝と、上々のスタートを切った高木勇人(はやと)。新人投手の開幕3連勝は、高橋尚成以来15年ぶりのことでした。内海哲也が離脱する中、エース菅野智之らとともにローテーションに定着できそうです。開幕投手候補に推す評論家もいましたね。

高木は三菱重工名古屋からドラフト3位で巨人で入団した即戦力。オープン戦から活躍し、開幕前からローテーションの一角として注目されていました。

プロ初登板・初先発で勝利した3/29(日)の試合では、お立ち台で涙ぐむ姿も。それもそのはず、ここへ来るまでの道のりは相当長かったのです。三重県の海星高校在学時からプロ志望届を出していたのですが、ドラフトでなかなか指名されず、プロに入るまで7年もかかりました。

高木の武器、最後に小さく曲がるカットボールは、原監督が「タカギボール」と名づけました。スタジアムで高木のピッチングを見るときは、タカギボールに注目です。

2014年ドラフト2位で巨人に入団!戸根千明

日大出身のルーキー、戸根千明は、4/7(火)の広島戦でプロ初セーブを挙げました。スポーツ紙には、同期入団の高木の活躍に刺激を受けたことを話しています。高木と同様、戸根もキャンプ中から評価が高かった投手です。

「戸根は当たりかも」「いい投手」、ネット上でのファンの評判も上々です。マウンド上では、メジャーリーガーの投手のような存在感がありますよね。

戸根は日大在学中から食事やウエイトトレーニングに気を遣い、体重100kg超まで増量することができました。プロ入りしてからも、プロのコーチの下、体作りを続けています。戸根にオーラがあるのは、体作りをしっかり行い、自信がついたからかもしれませんね。

戸根の迫力あるピッチング、ぜひスタジアムで見てください。

巨人入団2年目、19歳の田口麗斗はプロ初勝利!

高卒で入団した投手も活躍しています。田口麗斗(かずと)はプロ2年目、19歳の左腕です。2013年、広島新庄高校からドラフト3位で入団しました。少年時代から原監督のファンでした。

4/11(土)のヤクルト戦でプロ初先発、初勝利をおさめました。この試合の前まで、巨人は3連敗と調子に乗れずにいました。巨人のピンチを投打で救ったのが、田口だったのです。田口は7回を1失点で押さえ、自ら逆転打となるヒットを放ちました。「初先発、初勝利、初V打」は巨人史上初の快挙です。

巨人ファンは活躍をたたえるとともにローテーションの定着にも期待しています。「まだまだ、これからだ」と見守る反応もあります。

なお、田口は広島市出身。今後は広島カープ戦で投げることもあるでしょう。登場曲は広島出身のスター、矢沢永吉の「ファンキー・モンキー・ベイビー」です。広島カープファンからもどんな反応が出るのか、期待したいです。

巨人戦の他のオススメ記事

巨人の新戦力を東京ドームで見たい!

ケガ人続出はチームにとってピンチですが、逆にチャンスでもあります。ファンにとっては、新しい選手を覚えるチャンスですよね。チケットキャンプでは巨人戦のチケットを取扱中です。新戦力の活躍は、東京ドームでぜひチェックを!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。