王者の貫禄!ガンバ大阪の特徴「スピード感」を表現したユニフォーム

ガンバ大阪ですが、チームは2度目のJ1優勝だけでなく、ヤマザキナビスコップ、さらには天皇杯も制し三冠を達成しました。ガンバ大阪の特徴でもある「スピード感」を表現したユニフォームについて注目してみましょう!

2012年にチーム史上初のJ2降格という悪夢を体験したガンバ大阪ですが、あれからわずか2年。チームは2度目のJ1優勝だけでなく、ヤマザキナビスコップ、さらには天皇杯も制し、2000年の鹿島アントラーズ以来となる三冠を達成しました。

そんなガンバ大阪の特徴でもある「スピード感」を表現したユニフォームについて注目してみましょう!

ガンバ大阪の2015年新ユニフォームは、スピード感際立つデザイン!

ガンバ大阪の新ユニフォームは、2015シーズンの「ガンバ大阪」の合い言葉である「Moving G(ムービング ジー)」ともリンケージした躍動感のあるデザイン。

2014シーズンに国内三冠を達成した影響からか、ガンバ大阪の選手の自信の溢れた表情が見てわかります。ユニフォームも王者の風格漂わせるデザインです。

ホームユニフォームでは、スピード感を体現した稲妻を想起させるグラデーションストライプを採用。同じくチームカラー黒色の比率を上げる事によってよりスピード感際立つデザインへとなりました。2015シーズンも王者となるべく、気合の入ったデザインだと言えるでしょう!

ガンバ大阪ユニフォームのオフィシャルサプライヤーはUmbro(アンブロ/デサント)

ガンバ大阪のユニフォームサプライヤーであるUmbro(アンブロ/デサント)は、イギリスのサッカー及びラグビー用品のブランド。1924年にイギリスで設立され、今年でちょうど90年になる同社はこれまでマンチェスター・ユナイテッドなど多くの名門クラブにユニフォームを提供してきました。

2015シーズンからはFC東京ともサプライヤー契約を結ぶそう。そんなUmbroが現在手掛けているユニフォームの多くを収録した映像が公開されていました。

プレミアリーグのエヴァートンやハル・シティのほか、代表チームとしては、ペルー代表やアイルランド代表、リーグアンのナントにランスなどなど多くのクラブのユニフォームが登場しています。国内王者としてはこれくらいの名門ブランドと契約してもらわないと困りますよね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。