フィギュアスケート チケット
フィギュアスケートの厳選動画3選 涙なしでは見られない!

フィギュアスケートには涙なしには見ることのできない演技というものがあります。では実際にどんな演技が心に響くのでしょうか。ただ大技を決めた、ノーミス・パーフェクトな演技をしたというだけでなくそこに至るまでの選手独自のドラマが鍵をにぎっていますね。

浅田真央選手のもっとも泣ける演技とは?

ソチオリンピックではSP16位と意気消沈の出来で日本中ががっくりきてしまいましたが、その後のフリーの演技と直後の世界選手権では素晴らしい演技でその傷を和らげました。「真央ちゃんどうしちゃったんだろう?」と思うくらい心配したらそのあと素晴らしい演技で巻き返すとてもドラマティックな選手です。

ショートプログラムで出遅れる印象のある浅田選手ですが、実はこれ初期のころにはあまり見られませんでした。最初に印象的だったショートでのミスを巻き返したのは2006年東京で行われた世界選手権です。日本中の期待を一身に受けた浅田選手はショートプログラムのコンビネーションジャンプのセカンドループが一回転になってしまうという痛恨のミスで5位に・・・。

迎えたフリーでは押しつぶされそうなプレッシャーの中、ロッカーから入る3Aをはじめ難易度の高いジャンプを次々に決め、涙のなかフィニッシュ。この時点で暫定1位に躍り出ます。

最終的には後に控えた安藤美姫選手に逆転を許して銀メダルに終わりますが、フリーで自分のできることすべてをやり終えた浅田選手の笑顔が印象的です。金メダルを逃したと知ったときの浅田選手が垣間見せた涙が胸を打ちます。

伊藤みどり驚異のトリプルアクセル

女子フィギュアの歴史にこの人あり。トリプルアクセルをはじめ難易度の高いジャンプで今日の女子フィギュア界の技術的発展の礎を作り上げた伊藤みどり選手。浅田真央選手がオリンピックで3Aを何度も決める中、伊藤みどり選手がアルベールビルオリンピックで決めた3Aにはいまだ破られれていない記録があります。

オリジナルプログラム4位とすこし出遅れた伊藤みどり選手は、迎えたフリーで冒頭の3Aで転倒してしまいます。しかしその他のジャンプで本来の動きや流れをつかみだし、演技後半に入ってもう一度3Aに挑みます。結果は見事な3Aでした。

一度失敗しても再び大技に挑む伊藤みどり選手の姿に会場からは淀みない喝采が与えられました。逆境から歴史を塗り替えた不屈の闘志は今もなお涙なしには見ることはできません。これ以降、演技後半で3Aを成功させた女子選手はいません。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。