FIFAロシアワールドカップ予選!ヨーロッパ、アジア、南米の結果をご紹介!

FIFAロシアワールドカップへの予選もいよいよ大詰めとなっており、ヨーロッパ予選・アジア予選・南米予選など、世界各国で負けられない熱い戦いが繰り広げられています。昨今、世界的にサッカーレベルが上昇しているため、ヨーロッパ予選や南米予選だけではなく、アジア予選さえも勝ち抜くことが難しくなっています。そこで今回は、2018年に開催されるFIFAロシアワールドカップの本大会に向けて、各大陸で行われている予選の結果や予想、ならびに予選の日程や開催会場についてもまとめてみました。

FIFAロシアワールドカップの各大陸の予選情報

世界中がお祭り騒ぎになるFIFAワールドカップ。そのフットボール界最大の祭典に向けての各大陸の予選の状況はどうなっているのでしょうか。

世界で一番勝ち上がるのが難しいと言われている強豪揃いのヨーロッパ予選、個人個人の能力が秀でているスペシャリストが集う南米予選、そして、経済発展とともに徐々に力の差が拮抗し始めたアジア予選。

今後どの国が32しかない出場枠を射止めるのか注目が集まっています。各大陸の予選の結果や予想、日程や会場などの情報をまとめましたのでご覧ください。

FIFAロシアワールドカップのヨーロッパ予選について

激戦が続くヨーロッパ予選

最も強豪国がしのぎを削って闘う予選、それがヨーロッパ予選です。チームワークも個人の能力も世界最高峰の試合が各会場で繰り広げられています。ヨーロッパ予選の激戦の途中結果は下記のようになっています。各グループのTOP3をご紹介いたします。

ヨーロッパ予選の状況

・グループA
1、フランス(勝ち点10、得失点差+5)
2、オランダ(勝ち点7、得失点差+4)
3、スウェーデン(勝ち点7、得失点差+3)

・グループB
1、スイス(勝ち点12、得失点差+6)
2、ポルトガル(勝ち点9、得失点差+13)
3、ハンガリー(勝ち点7、得失点差+5)

・グループC
1、ドイツ(勝ち点12、得失点差+16)
2、北アイルランド(勝ち点7、得失点差+6)
3、アゼルバイジャン(勝ち点7、得失点差-2)

・グループD
1、アイルランド(勝ち点10、得失点差+4)
2、セルビア(勝ち点8、得失点差+4)
3、ウェールズ(勝ち点6、得失点差+4)

・グループE
1、ポーランド(勝ち点10、得失点差+5)
2、モンテネグロ(勝ち点7、得失点差+5)
3、デンマーク(勝ち点6、得失点差+2)

・グループF
1、イングランド(勝ち点10、得失点差+6)
2、スロベニア(勝ち点7、得失点差+3)
3、スロバキア(勝ち点6、得失点差+2)

・グループG
1、スペイン(勝ち点10、得失点差+14)
2、イタリア(勝ち点10、得失点差+7)
3、イスラエル(勝ち点10、得失点差+6)

・グループH
1、ベルギー(勝ち点12、得失点差+20)
2、ギリシャ(勝ち点10、得失点差+7)
3、ボスニア・ヘルツェコビナ(勝ち点7、得失点差+3)

・グループI
1、クロアチア(勝ち点10、得失点差+9)
2、ウクライナ(勝ち点8、得失点差+4)
3、アイスランド(勝ち点7、得失点差+1)

FIFAロシアワールドカップの南米予選について

実力が拮抗している南米予選

個人の才能が光る南米諸国の南米予選。ブラジルが生んだ若きスーパースター「ネイマール」や世界のサッカー選手の頂点に立つアルゼンチンの「リオネル・メッシ」、強靭なフィジカルと圧倒的な決定力を誇るウルグアイの「ルイス・スアレス」選手など、一人の力で勝負を大きく変えてしまえるだけの実力者が集まっています。

そのため、まだまだどの国が予選を通過するかは予想ができません。途中結果は下記の通りです。

南米予選の状況

1、ブラジル(勝ち点27、得失点差+19)
2、ウルグアイ(勝ち点23、得失点差+13)
3、エクアドル(勝ち点20、得失点差+6)
4、チリ(勝ち点20、得失点差+4)
5、アルゼンチン(勝ち点19、得失点差+2)
6、コロンビア(勝ち点18、得失点差0)
7、パラグアイ(勝ち点15、得失点差-6)
8、ペルー(勝ち点14、得失点差-2)
9、ボリビア(勝ち点7、得失点差-21)
10、ベネズエラ(勝ち点5、得失点差-15)

FIFAロシアワールドカップのアジア予選について

回を追うごとに激しさを増しているアジア予選

日本も参戦しているアジア予選。今やアジア人でもヨーロッパの強豪チームで活躍できるほどサッカーレベルは上昇しました。そのため、予選は回を追うごとに勝ち抜くのが困難になってきています。世界中のサッカージャーナリストたちの中でも今一番予想をしにくい予選だと噂されるほどです。今現在のアジア予選の途中結果は下記の通りです。

アジア最終予選の状況

グループA

  • イラン(勝ち点11、得失点差+4)
  • 韓国(勝ち点10、得失点差+2)
  • ウズベキスタン(勝ち点9、得失点差+2)
  • シリア(勝ち点5、得失点差-1)
  • カタール(勝ち点4、得失点差-3)
  • 中国(勝ち点2、得失点差-4)

グループB

  • サウジアラビア(勝ち点10、得失点差+4)
  • 日本(勝ち点10、得失点差+3)
  • オーストラリア(勝ち点9、得失点差+3)
  • アラブ首長国連邦(勝ち点9、得失点差+1)
  • イラク(勝ち点3、得失点差-2)
  • タイ(勝ち点1、得失点差-9)

FIFAロシアワールドカップの他のオススメ記事

2017年もFIFAロシアワールドカップ予選から目が離せない

fifa-worldcup-yosen

(出典:photoACより)

まだまだ、どの大陸の予選も最終予選の前半戦の日程が終了したにすぎません。2017年に再度各地で激しい闘いが繰り広げられ、その闘いを勝ち抜いた国が、2018年FIFAロシアワールドカップ行きの切符を手にするのです。

日本代表のこれからの試合日程や会場については2017年に入って、3/23にUAE戦、3/28タイ戦、6/13イラク戦、8/31オーストラリア戦、9/5サウジアラビア戦となっています。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。