オシャレサポーターに愛されるFC東京のグッズまとめ

前身は東京ガスサッカー部のFC東京。ガスの炎のような青赤のチームカラー、ユニフォームやグッズも鮮やかですよね。オシャレなイメージが強いFC東京のサポーター、どんなグッズを身につけているか、チェックしてみましょう!

前身は東京ガスサッカー部のFC東京

ガスの炎のような青赤のチームカラー、ユニフォームやグッズも鮮やかですよね。

オシャレなイメージが強いFC東京のサポーター、どんなグッズを身につけているか、チェックしてみましょう!

FC東京はオシャレグッズがたくさん!寒い日はアーガイル柄の青赤マフラーで

男性のサポーターがマフラーを巻いて歩いている姿、印象的ですよね。「なにこれ、おしゃれ!」って気になります。

特に、晩秋や冬の試合観戦は、服装が地味~になりがち。青赤のマフラーを差し色に使うコーデはステキです!

特に、FC東京のアーガイル柄を着こなすことができる人は、上級者っぽくてポイント高いです。ぜひチャレンジしてみて。

FC東京の「ドロンパ」グッズでマスコットになりきれ!

FC東京のマスコット「東京ドロンパ」は2009年から活動しています。

狸がモチーフのドロンパ、かわいいのが、ドロンパの尻尾をモチーフにしたグッズがあること。ふわふわ素材の携帯ストラップは特に人気です。他チームのサポーターでも持っている人が多くて、ちょっと面白い現象だなと思っています。

ほかにも、ドロンパの頭をモチーフにしたキャップやカチューシャ、尻尾の柄と同じく青赤ボーダーのシャツとか、ドロンパグッズはたくさんありますよー!ドロンパになりきりたい人はドロンパグッズを買い集めてみては!

2015年からFC東京のユニフォームはアンブロに!

FC東京のユニフォームといえばアディダスでしたよね。前身の東京ガス時代から16年間、ずーっとアディダスだったんですよ。

すごくビックリなニュースだったんですが、2015年からは、ユニフォームのブランドがアンブロに変わることになりました!

新デザインですが、今までのものと比べて意外と違和感なくて、逆に良かったのではないでしょうか。これまでのFC東京の伝統を受け継いでくれた感じが好印象。多摩川の向こうのチームは、プーマになってから毎年挑戦的なデザインを試みていますけど、FC東京はブレずに貫いている感じです。

レプリカモデルのユニフォームは、2015年2月中旬頃から買えるそうです。これまでのアディダスのユニフォーム、2014年モデルはグッズショップでセール中なので、「やっぱりアディダスが忘れられない」なんて人は今のうちに買っておきましょうね。

FC東京の他のオススメ記事

オシャレなFC東京の応援に行ったら、スタジアムを青と赤に染めよう!

FC東京のホーム、味の素スタジアムは京王線飛田給駅から歩いて10分弱。新宿からの特急は試合日、臨時停車するから、新宿からビックリするほど近いんですよ!チケットキャンプではFC東京の観戦チケットを取扱中です。ぜひ見てみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。