「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」開催!会場など概要をご紹介!

毎年鈴鹿サーキットを会場に3日間で14万人以上が来場するF1日本グランプリ。今年も「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」として2017年10月5日~8日にかけて開催されます。大会期間中はピットウォークや前夜祭でのF1ドライバーのトークショー、サイン会参加権が当たる抽選会など様々な催しも同時に開催され参加者を飽きさせません。本記事では、「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」の会場アクセスや大会概要、大会の見どころや楽しみ方についてお届けします。

F1日本グランプリが今年も鈴鹿サーキットで開催!


鈴鹿サーキットを舞台に世界の名ドライバーたちが毎年熱い走りを繰り広げるF1日本グランプリ。毎年3日間で15~20万人の来場者を記録し、F1ファンを熱狂させています。

そんなF1日本グランプリは今年も鈴鹿サーキットを会場に開催されます!F1ファンもそうでないあなたも、この熱狂を体験してみませんか?今回は、「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」の概要や日程、見どころについてお届けします。

「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」開催概要

「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」は以下の概要で開催されます。

開催日程

2017年10月5日(木)~8日(日)

日程

  • 10月5日(木)
    ピットウォーク
  • 10月6日(金)
    10時~11時30分 フリー走行①
    14時~15時30分 フリー走行②
  • 10月7日(土)
    12時~13時 フリー走行③
    15時~16時 公式予選
    17時30分~ F1日本GP前夜祭
  • 10月8日(日)
    14時~16時 決勝

「F1日本グランプリ」会場

鈴鹿サーキット

「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」会場アクセス


「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」会場は鈴鹿サーキット。会場最寄り駅は伊勢鉄道伊勢線「鈴鹿サーキット稲生駅」、こちらの駅へはJR「四日市駅」かJR「津駅」から伊勢鉄道線伊勢線に乗り換えてそれぞれ20分ほどでアクセスできます。鈴鹿サーキット稲生駅は会場最寄り駅ではありますが、駅から会場まで歩いて30分ほどとやや歩くのが難点です。


そのため、近鉄名古屋線「白子駅」からバスを利用する方法もあります。白子駅西1番出口から三重交通バス「鈴鹿サーキット行」に乗車して乗車時間20分(運賃400円)、終点下車で会場までアクセス可能です。バスの本数は30分に1本ほどで、例年鈴鹿サーキットでのF1開催日は白子駅~鈴鹿サーキット間で有料シャトルバスが出ています。また、白子駅からタクシーを利用すると15分ほどなので、タクシーを利用しても良いでしょう。

自動車では東名阪自動車道鈴鹿ICからおよそ20分、関ICよりおよそ30分です。駐車場に関しては10月6日~8日のF1開催期間は前売駐車券が期間通しで8700円~9800円(駐車券単体価格)とやや高いため、鈴鹿サーキットから少し離れた民間の駐車場を利用すると駐車場代を安くすることが出来ます。

会場情報

  • 鈴鹿サーキット
  • 〒510-0295 三重県鈴鹿市稲生町7992
  • TEL:059-378-1111

「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」見どころと楽しみ方!

「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」には様々な見どころや楽しみ方があります。それを一つずつ見て行きましょう。

遊園地「モートピア」で遊ぼう!


会場となる鈴鹿サーキットには併設の遊園地「モートピア」があります。F1日本グランプリの3日間通し券には10月5~9日有効のモートピアの乗り物乗り放題券「モートピアパスポート」が付いてきます。そのため、フリー走行とフリー走行の間の時間など観戦の合間に楽しむことが可能です。

「モートピア」にはゴーカートやミニバイクなど、自分で動かせる乗り物が数多く存在し小さい子供でも「走り」を楽しむことが出来ます。子供だけでなく、運転免許証を持った大人向けの「アドバンスカート」といった乗り物もあり、大人もF1ドライバー顔負けの走りを楽しむことができる遊園地です。

豊富なファンイベントを楽しもう!


「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」開催中は予選・決勝以外にも様々なイベントが開催されます。どれもF1ファンなら楽しめるイベントばかりです。

レーシングシアター前広場では、10月6日(金)~8日(日)に「チェッカーフラッグ手作り教室」「フェイスペイント体験」といったイベントが開催予定です。

チェッカーフラッグ手作り教室では(先着700名、料金500円)でオリジナルのチェッカーフラッグを作成することが出来ます。お気に入りのドライバーの名前や応援メッセージを旗に入れ、ドライバーのゴールを迎え入れることが可能です。

また、有料でフェイスペイントを描いてもらえる「フェイスペイント体験」もあります。500円でチェッカーフラッグやお気に入りのドライバー名をフェイスペイントしてもらうことが出来るほか、通常500円の料金のところ中学生以下の子供は無料でフェイスペイントを入れてもらうことが出来ます。

10月5日(木)にはF1スペシャル抽選会も開催されます。GPエントランスで配布のF1ポストカード記載の番号で抽選を行い、1000名にF1ドライバーズサイン会(10月5日16時~17時開催)、60名にイベントゲストシークレットサイン会(6日~8日のいずれかの日付で開催)が当たります。

10月5日(木)はピットウォークの日で東コースウォークやピットウォークで実際のコースを歩くことが出来ますが、さらに10月7日(土)の前夜祭後には「F1ナイトピットウォーク」「キッズピットウォーク」が初めて開催されます。

こちらの2つのピットウォークは決勝前夜のピットを間近で見ることができる初開催のイベント。お子さん連れでも安心して参加できる「キッズピットウォーク」もあり、家族揃って熱い戦いを直前に控えたピットを見ることが可能です。

10月7日(土)の17時30分から開催される前夜祭では、F1ドライバーやスペシャルゲストらによる豪華トークショーが開催。また、決勝戦の10月8日(日)には来場者にチェッカーフラッグが無料配布されるサービスも。貰ったチェッカーフラッグを振ってドライバーのゴールを祝えばさらに熱狂できること間違いなしです!

コスプレをする熱狂的F1ファンに注目!

鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリの特徴の1つが特徴的な応援スタイル。レーサーなど様々なコスプレをして応援する人々も少なからずいます。レースだけでなく、こうしたファンにも注目してみるのも面白いかもしれません!

世界屈指の難コース鈴鹿と名だたるドライバーとの戦い!


会場となる鈴鹿サーキットはF1開催コースの中で唯一の8の字型レイアウトのコースで、世界屈指の難コースと言われています。難コースだからこそこの鈴鹿を気に入っているドライバーも多く、世界の名だたるドライバーたちと鈴鹿サーキットの戦いは注目です!

今年も熱い戦いが繰り広げられる鈴鹿サーキット。生で世界最高峰の走りを目にしてみてください!

F1日本グランプリの関連記事はこちら

F1日本グランプリの熱い戦いは必見!


【画像:写真AC
今回は鈴鹿サーキットを会場に開催される「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」の概要や日程、会場アクセスや見どころについてお届けしました。「鈴鹿サーキット2017 F1日本グランプリ」は熱い走りを見られるだけでなく、様々なイベントもあり家族揃って楽しむこともできるお祭りです。ぜひ会場の鈴鹿サーキットまで足を運んで見て下さいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。