EAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017が日本に上陸!!

EAFF E-1サッカー選手権、男子決勝大会2017が日本の味の素スタジアムで12月9日より開催されます。この大会は年内最後の国際大会となるうえ、選手もW杯へ向けたアピールの場として、例年以上に盛り上がりが期待される大会です。そんな今年のEAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017の日程と見どころを紹介していきます。

EAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017が開幕!!

先日までアジア各地で行われていたW杯アジア最終予選を見事突破し、2018年W杯ロシア大会への出場を決めた、ハリルホジッチ監督率いる、サッカー男子日本代表。最終予選の初戦ではアラブ首長国連邦(UAE)にホームでまさかの敗北を喫し、厳しい試合を繰り広げてきました。最終予選の初戦に敗れたチームはW杯本戦に出場した事がないというジンクスを見事に打ち破り、見事に首位でアジア最終予選を通過する事ができたハリルJAPAN。

そして、これから選手たちはW杯へ向けた代表への生き残りをかけたサバイバルへと突入していく事になりますが、そんなハリルJAPANの年内最後の国際大会で、W杯で活躍が期待される選手が出場する2年に一度開かれているEAFF E-1サッカー選手権、男子決勝大会2017が日本国内で開催されます。

EAFF E-1サッカー選手権は数年前まで、東アジアカップと言われ、東アジアの地域の国々で優勝が争われてきた大会で、今大会から名前を変えて日本で行われます。

年内最後の国際大会となるうえ、選手もW杯へ向けたアピールの場として、例年以上に盛り上がりが期待される今年のEAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017の日程と見どころを紹介していきます。

EAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017の日程及び会場

今年のEAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017には、FIFAランキング上位3チームの日本、韓国、中国に加え、2016年11月6日から11月14日までの日程で香港にて行われていた二次予選を勝ち上がった、朝鮮民主主義人民共和国を加えた4チームで優勝が争われます。会場は東京都調布市に位置する味の素スタジアムで男子全ての試合が行われます。

東アジアのライバル同士が激突するEAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017の日程と組み合わせ、キックオフ時刻は以下の通りです。

  • M1 韓国vs中国(12月9日16:30キックオフ)
  • M2 日本vs朝鮮民主主義人民共和国(12月9日19:15キックオフ)
  • M3 朝鮮民主主義人民共和国vs韓国(12月12日16:30キックオフ)
  • M4 日本vs中国(12月12日19:15キックオフ)
  • M5 中国vs朝鮮民主主義人民共和国(12月16日16:30キックオフ)
  • M6 日本vs韓国(12月16日19:15キックオフ)

年内最後の国際大会で12月9日から16日まで行われます。試合日に平日も含まれていますが、日本の試合は全て19:15キックオフなので、仕事終わりや、学校の帰りなどに試合を楽しむ事ができますね。2018W杯ロシア大会の前に行われる公式戦としては国内で見る事の出来る最後の大会になりますので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

EAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017の見どころをご紹介!!

もともとこの大会は、東アジアの地域内のお互いのサッカーの発展やサッカーを通じて平和への貢献を目的として開催されている大会です。しかし、その戦いは毎回熾烈で日本は実は1回しか優勝できていないのです。W杯への出場回数や、海外選手の豊富さなどを考えると、地力で勝っているような印象がありますが、実は日本は毎回苦戦を強いられ、結果を残せたのは2013年の韓国大会での優勝の1度のみで、2003年、2005年、2008年が準優勝。前回と2010年は準優勝する事すらできずに終わるなど、意外にも結果を残せていない大会なのです。一方、韓国は優勝が3回で、前回大会のチャンピオンに輝いています。優勝3回は出場チームの中で最多となっており、今大会も日本のライバルとなりそうです。中国も日本を上回る2度の優勝を経験しており、ここ数年は毎回優勝か準優勝を果たしており、着々と日本を上回る成績を収めています。ちなみに結果は、2010年が優勝、2013年、2015年が準優勝となっています。朝鮮民主主義人民共和国は、参加チームの中で唯一、優勝と準優勝の経験がありませんが、数年前のW杯アジア最終予選で日本を苦しめるなど、油断すると足元をすくわれかねないチームです。日本のJリーグで活躍選手も多く、日本の選手の事を知っているだけに不気味な存在になるかもしれません。

EAFF E-1サッカー選手権 男子決勝大会2017は年内最後の国際大会になるのですが、海外でのリーグ戦は通常通り行われているため、海外組の招集は難しいと言われております。ゆえに今大会もメンバーは国内のJリーグで戦う日本代表候補選手たちになると思われます。Jリーグの選手たちは海外組を多く招集するハリルホジッチ監督へアピールする最後の舞台となる可能性もあり、例年以上に選手たちの素晴らしいパフォーマンスを見る事ができるのではないかと期待ができます。この大会で結果を残す事ができれば、今まで代表戦に呼ばれていなかった選手のW杯サプライズ選出という事も十分に考えられるので、選手にとっては非常に重要な試合になります。出場した選手がアピールもしながらチームとして結果を残そうとする姿は、普段の代表の試合とは異なる見方ができて面白いという点も見どころの一つです。

男子だけでなくEAFF E-1サッカー選手権 女子決勝大会2017も開催

EAFF E-1サッカー選手権は、世界でも珍しい、男女の大会が同時に開催される国際大会でもあります。2005年の韓国大会から同時開催されており、今回の開催国は男子同様に日本開催で、千葉県の千葉市蘇我球技場(フクダ電子アリーナ)で開かれます。世代交代を推し進めている、なでしこジャパンの戦いぶりを国内で見る事のできる絶好の機会です。新生なでしこジャパンの新しい選手たちを覚えにぜひスタジアムまで足を運んでみてはいかがでしょうか。EAFF E-1サッカー選手権 女子決勝大会2017は、男子と同じくFIFAランキング上位3チームの日本、朝鮮民主主義人民共和国、中国、そして二次予選で勝ち上がった韓国の4チームで優勝が争われます。その日程も掲載していきます。

  • M1 中国vs朝鮮民主主義人民共和国(12月8日16:10キックオフ)
  • M2 日本vs韓国(12月8日18:55キックオフ)
  • M3 朝鮮民主主義人民共和国vs韓国(12月11日16:10キックオフ)
  • M4 日本vs中国(12月11日18:55キックオフ)
  • M5 韓国vs中国(12月15日16:10キックオフ)
  • M6 日本vs朝鮮民主主義人民共和国(12月15日18:55キックオフ

EAFF E-1サッカー選手権 男女決勝大会2017を観に行こう!!

男女共にアクセスのしやすい会場で行われる今回のEAFF E-1サッカー選手権 決勝大会2017は見どころが満載です。特に男子の出場選手は翌年に控える2018W杯ロシア大会へのアピールの場になりますので、例年以上に見応えのある試合が繰り広げられると思います。もちろん私たちファンは日本の開催国での優勝を待ち望んでいますし、選手たちもそれに応えた、2018W杯ロシア大会に繋がるような試合をしてくれます。ぜひ選手たちの熱い戦いをスタジアムで生で観戦してみてください。テレビで見るのとは違った感情を抱きながらスポーツを楽しむ事ができると思います。さあ、スタジアムへ行きましょう!!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。