【2017年最新版】セレッソ大阪注目のスタメン選手まとめ!

セレッソ大阪といえば、Jリーグでも歴史のあるサッカークラブです。日本代表に選ばれる選手も多く、現役や元日本代表の選手がたくさん在籍しています。そんなセレッソ大阪のスタメンに選ばれる注目の選手を5人紹介します。もちろんこの5人は、セレッソ大阪になくてはならない重要な選手です。2017年快進撃を続けるセレッソ大阪の注目の選手をこの記事でチェックしてください。

【2017年最新版】セレッソ大阪注目のスタメン選手まとめ!


セレッソ大阪といえば、Jリーグでも歴史のあるサッカークラブです。日本代表に選ばれる選手も多く、現役はもちろん前にも日本代表に召集された選手がたくさん在籍しています。

今回はセレッソ大阪でも試合の勝敗に大きく影響する、注目のスタメン選手5人をまとめます。セレッソ大阪はどちらかというと、攻撃陣に注目のスタメン選手がいます。現在J1リーグで4位ととても好調で、得点を量産する攻撃的なサッカーが魅力のチームです。

昨年までJ2リーグにいたチームとは思えないほど快進撃で、この快進撃を支えるセレッソ大阪の2017年最新版の注目スタメン選手を5人ご紹介します!

セレッソ大阪注目スタメン選手1 清武弘嗣

まず紹介するのは大分トリニータからセレッソ大阪に移籍し、その後は海外リーグで3チームを経験。2017年に再度古巣のセレッソ大阪に戻ってきた清武選手です!

現在は怪我で試合から離れているも、いわずと知れたスター選手。日本代表にも召集される実力派のミッドフィルダーです。得点能力もさることながら、ゴールをお膳立てするアシストの能力も桁外れに高い選手です。

度重なる怪我でのチーム離脱で批判されることもありますが、復帰後はセレッソ大阪ではもちろん日本代表でも活躍することが期待される注目選手です。

清武選手はミッドフィルダーと紹介していますが、ミッドフィルダーの他にフォワードのポジションもこなします。完全に攻撃寄りの選手です。多彩なパスワークとドリブル突破で相手のゴールを割り、得点を量産してくれます。またセットプレーでのキックの精度も高く、フリーキックからゴールを決めることもできます。

セレッソ大阪 注目スタメン選手2 山口蛍

山口選手はボランチというポジションです。ボランチはミッドフィルダーでも守備的なポジションでディフェンダーの前にいる選手のことです。

山口選手のすごい所はボールを奪う能力です。相手の攻撃が始まるとディフェンダーより先にボランチが守備に入りますが、とにかく相手選手のボール奪う能力がずば抜けて高いです。いまや日本代表のボランチを務めるほどの力があります。

さらに、ボールを奪ってからの攻撃センスもよく、ボールを奪った後はシンプルに的確に攻撃ができる選手にボールをパスします。このシンプルだけど的確なパスワークは、周りをしっかり見て状況を正確に判断しないとできないことなのです。うまくいけば相手の守備が整う前に攻撃を展開しチャンスメイクをすることも可能になります。

さらに他の選手と違う特徴は、山口選手のスタミナです。無尽蔵との言えるほどのスタミナを持っており、日本代表でもセレッソ大阪の試合でも他のボランチの選手より圧倒的に走ります。そして相手に突撃しボールを奪います。

ボランチは非常に重要なポジションで、山口選手がスタメンを務めた試合では安定した試合展開が期待できます。これだけ山口選手の存在は大きいものです。

セレッソ大阪 注目スタメン選手3 柿谷曜一郎

天才と言われるサッカープレイヤーが柿谷選手です。かつては日本代表にも召集された選手で、ポジションはフォワードが多く得点を取るのが得意な選手です。

柿谷選手のすごいところはトラップです。トラップとはボールを受ける動作のことで、このトラップという基本動作が柿谷選手は世界でもトップクラスのレベルで行うことができます。

柿谷選手は、どんなボールがどんなスピードで飛んできても、ワンタッチで自分が完璧にコントロールできる位置にボールを受けることができます。なのでワンタッチでパスやシュートへ動作を切り替えることができます。特にゴール前では混戦することがあり、プレイがもたつくとすぐにディフェンダーに囲まれてしまいます。

しかし柿谷選手はボールを受けてすぐに次のプレイに入ることができるので、ディフェンダーに囲まれる前にパスやシュートを行うことができます。そして、トラップの後のパスやシュートの正確性、状況判断も一流です。

実力は間違いなくトップスクラスなので柿谷選手がゴールを量産するところを早く観たいですね!

セレッソ大阪 注目スタメン選手4 杉本健勇

長いこと「未完の大器」と言われてきた杉本選手ですが、今シーズンに入ってその才能は徐々に開花してきました。187センチ79キロと恵まれた体形で強靭なフィジカルを持つ選手です。2017年ではJ1リーグ得点王の争いにも顔を出すほど活躍している選手です。

フィジカルが強いため、ロングボールを受けるポストプレイもでき、セットプレイでも得点を量産します。大きいだけでなくスピードもあるので、相手ディフェンダーを振り切っての豪快なゴールを決めます。

さらに、大きな体格にも関わらず足元の技術が抜群に高いです。ドリブル突破でディフェンダーを抜き去りチャンスと作るなど足元でのボールコントールが高いので攻撃的なプレイならマルチにこなすことができる、珍しい選手です。

しかしながら、長いこと決定力不足に悩まされました。プレイ一つ一つは素晴らしいもののゴールという結果を出せない期間が長かったのです。しかし、2017年は決定力不足も解消し得点王争いに参加するほどに、ミドルシュートを豪快に決めるなど得点への貪欲際プレイに表れてきました。

最近では日本代表に召集されることもあり、セレッソ大阪のみならず日本代表でも不動のフォワードとしても活躍が期待できます。とにかく今後の活躍から目が離せない選手の一人です!

セレッソ大阪 注目スタメン選手5 ソウザ

ソウザ選手はブラジルから来た外国人枠の選手です。2016年に移籍し今年で2年目です。昨年は日本に来た初年度ということもあり活躍がもう少しといったところでしたが、今年は大活躍の選手です。

ポジションは山口選手と同じボランチです。相手の攻撃を読み早い段階でボールを奪い攻撃に切り替えるのが役目です。このソウザ選手のすごいところは、ボール奪取能力の高さです。相手の動きを読み素早くボールを奪います。

さらに、ボールを奪ったあと普通のボランチならパスを出すところソウザ選手はボールをキープして相手の選手を引き付けます。このキープ力も非常に高いです。ソウザ選手が相手を引き付けると味方へのパスを出すスペースが生まれます。そのスペースを作り前線にボールを出すのがソウザ選手のプレイです。

セレッソ大阪の攻撃と守備、両方の中心選手と言っても過言ではない活躍ぶりです。またソウザ選手といえばキャノン砲のようなミドルシュートも特徴です。ボールを低くまっすぐに蹴り、ゴールに突き刺さる迫力のあるミドルシュートを何点も決めている選手です。

セレッソ大阪注目のスタメン選手に注目!


2015-2016とJ2リーグに甘んじていたセレッソ大阪ですが、2017年J1復帰後は破竹の勢いでJ1で4位とかなりの活躍も見せています。攻撃陣の得点能力もさることながら、失点も少ない非常にレベルの高いチームです。

清武選手、柿谷選手、杉本選手を中心に得点をとり、山口選手、ソウザ選手は中盤で守備と攻撃をつなく重要な役割を果たします。攻撃的な選手があり得点を量産する反面、守備においても失点がかなりすくなく、Jリーグでもかなり失点が少ないチームです。

攻守のバランスが取れたとても完成度の高いチームがセレッソ大阪です。そんなセレッソの中でも今回紹介した注目のスタメン5人は、これからの活躍からますます目が離せません!

セレッソ大阪のおすすめ関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。