大相撲

大相撲の記事一覧

【徹底ガイド】大相撲観戦時の持ち物やマナーは?サインは地方巡業が狙い目!?

稀勢の里や宇良、高安など日本人力士の活躍もあり人気が再燃している大相撲、今回は大相撲観戦時に持っていくと便利な持ち物を紹介します。せっかく大相撲を現地で楽しむならしっかりと楽しみたい、そのために必要なものは何なのでしょうか?そして、楽しむためにはマナーも大事、こちらも合わせてチェックしてください!

初心者でも安く楽しめる!相撲観戦のマナーや一日の流れをご紹介!

近年大相撲の人気が若年層にも広まり相撲観戦をしたいという方が急激に増えています。しかし相撲観戦はチケットが高そう、マナーが難しそうというイメージが大きく、敷居が高いと感じる初心者の方も少なからず存在することも事実です。実際の相撲観戦は守るべきマナーもそこまで多くはなく、チケットも椅子席であれば2000円台で購入できるなどイメージよりも敷居は高くない娯楽。本記事では、一度相撲を生で観戦したい!という相撲観戦初心者の方々のためにチケットの入手法や大相撲の一日の流れ、観戦マナーについてお届けします。

2017年大相撲【福岡場所】の会場や座席、みどころ、周辺情報などを徹底紹介!

今年も11月が近づき、九州で年に1度行われる大相撲本場所福岡場所の季節がやってきました。先場所は横綱3人が休場し横綱同士の取組がありませんでしたが、福岡場所は3人の横綱が復帰し横綱同士の取組もたくさん見られそうです。福岡国際センターで開かれる福岡場所は例年以上の盛り上がりが期待できるでしょう。今回は2017大相撲福岡場所の会場や座席、本場所のみどころ、周辺情報などを紹介します。

大相撲の公式キャラクター「せきトリくん」、各種グッズやキャラの名前をご紹介!

大相撲の公式マスコットキャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」は相撲の用語の名前などを楽しく覚えられるWEB漫画として連載されています。漫画だけでなくグッズやお土産、LINEスタンプなどのキャラクター展開も盛んな作品で、ゆるキャラのような見た目は子供を中心に大人気です。本記事では、大相撲の公式マスコットキャラクター「ハッキヨイ!せきトリくん」のキャラクターの名前やグッズ・お土産、LINEスタンプなどについてお届けします。

大相撲七月場所、休場4力士たちの気になる怪我からの復帰は?

現在名古屋で開催されている大相撲七月場所は横綱稀勢の里関と鶴竜関、大関照ノ富士関、人気力士の遠藤関など怪我による休場が多い場所となりました。中でも鶴竜関は今年3回目の休場で、復帰が予定されている秋場所に進退を賭けるとの報道もされているなど人気の力士の怪我による今後は大きく注目が集まっている現状です。本記事では、大相撲七月場所を怪我で休場している稀勢の里関・鶴竜関・照ノ富士関・遠藤関のプロフィールや怪我の病状などをご紹介します。

大相撲で巻き起こる小兵力士ブーム!小兵力士石浦関、宇良関の魅力とは?

最近女性ファン、若いファンを増やしている大相撲。その人気の理由の一つとしてイケメン力士が注目をあびるようになったことの他に、小さな体で大きな相手を倒す小兵力士が注目を浴びるようになった「小兵力士ブーム」があると言われています。本記事では、大相撲の世界で話題になっている「小兵力士ブーム」と、その代表格の力士である宇良関と石浦関の2人についてお届けします。

大相撲 琴奨菊の成績や年収、部屋情報まとめ!美人妻情報も…!

大相撲5月場所も折り返しを過ぎましたね。優勝経験のある日本人力士琴奨菊。10年ぶりの日本人力士の優勝のあの日から日本出身の力士たちの躍進がはじまりました!!32歳の琴奨菊は体力こそ若い衆に負けるかもしれませんが、豊富な経験と技術の持ち主。CMやバラエティーで一躍人気者になりました。女性ファンが多い琴奨菊を徹底解明!します!

大相撲における座席の違いとは?マス席、イス席、タマリ席の見え方や料金の違いを徹底紹介!

大相撲を見るにはマス席(升席)、イス席(椅子席)、タマリ席(溜席)といった座席があるのをご存じでしょうか?座る席によって値段や見え方がかわってきます。今回はそんな大相撲におけるマス席、イス席、タマリ席の値段の違いや見え方の違いについて紹介します。

【5分で分かる!!】初心者でも理解できる!大相撲「番付」の意味、種類って?

日本の国技、大相撲。大相撲力士の順位や格付けを表す「番付」の意味について考えたことはありますか? 意外と理解している人は少ない大相撲の番付。ここでは、番付の意味や詳しい制度についてご説明します。番付のしくみを知ると、大相撲がさらに面白くなりますよ!

大相撲の試合観戦の一日に密着!!場所中の取り組みの一日の流れをご紹介します!

大相撲5月場所も折り返し地点!日々熱戦を繰り広げています。話題の稀勢の里も2敗を守り、白鵬も厳しい相撲で優勝を譲る気配なし!!日馬富士も虎視眈々と優勝杯を狙っている。そんな相撲を繰り広げる国技館の中は一体どうなっているの?大相撲の取り組みって一体いつから始まっているの?の疑問にタイムテーブル形式でお答えします!初めての方必見!

夏場所はどうなる!?大相撲5月場所で優勝杯を手にしたのは横綱白鵬!新星の高安は大関昇進確実!?

大相撲5月場所もはじまりました。大相撲フィーバーはとどまることを知りませんね!強い力士が沢山出てきて白熱した取り組みが毎日目白押しです。その中でも群を抜いて人気力士は、稀勢の里、白鵬と横綱勢です。どちらも怪我を追ったままの夏場所で優勝を狙えるのか!?彗星の如く現れた高安関は大関昇進がかかった大事な場所。5月場所での活躍は!?

大相撲の番付表の見方って!?東西はどう決まってる?なんとなく知ってるけどわからないその実態に迫る!

きたる5/14に始まる大相撲5月場所の番付が発表されました。番付表にも稀勢の里は東の横綱で発表されてより期待してしまいます。3月場所で一躍スターになった稀勢の里の怪我の具合も心配ですね。白鵬も3月場所では休場してしまいましたが、5月場所から復帰。ますます盛り上がる大相撲界は今場所も番狂わせがあるかもしれません…。

五月場所で手にいいれたい大相撲観戦のお土産にも使える人気おすすめグッズランキングTOP7!

最近の大相撲は見どころ満載で人気もうなぎ上り。そんな人気にあやかってたくさんの大相撲グッズが販売されています。相撲観戦中にでも使えるものから、お家でひっそり楽しむものまで幅広いラインナップです。またこれだけは持っておきたい必須アイテムや美味く楽しいものまでたくさんご案内していきます。話題のあのノートジャポニカ学習帳もご紹介。

【大相撲】大関照ノ富士は横綱昇進は!?怪我の具合や成績、女性に大人気の可愛い笑顔に迫る!

大相撲5月場所がもうすぐ始まります。3月場所の千秋楽ですっかりヒール役になってしまった照ノ富士。大きな体をフルに生かした取り組みはダイナミックという一言につきます。2016年は調子の出なかった照ノ富士でしたが、2017年の今年は何か起きるかもしれません。新たな横綱昇進候補の照ノ富士にフォーカスしてみました。

大相撲人気を支える横綱 鶴竜の成績や部屋,

今大相撲には4人の横綱がいます。その中から、第71代横綱鶴竜に注目!モンゴル出身横綱ですが、その性格が日本人ぽいと評価されることも。また家族を大切にしていて、夫人や愛娘とのキス写真も話題になりました。鶴竜の人柄、成績、更には年収まで、気になる情報をご紹介します。

2017年も人気沸騰中の大相撲!一足早く大相撲五月場所の番付を大予想!

日本古来の国技である大相撲。稀勢の里関が大相撲における番付の最高位である横綱に昇進したことにより、大相撲の人気が日に日に高まってきています。また、宇良関や石浦関などの体の小さい力士の活躍も目立つようになってきました。そこで、今回の記事では次の場所である大相撲五月場所の幕内力士の番付を一足早く予想していきたいと思います。

今が熱い大相撲!!日本出身力士の新横綱、稀勢の里はいったいどんな人物なのか?徹底解明!

大相撲春場所(3月)で優勝した稀勢の里!一体彼はどんな人物なのでしょうか?稀勢の里の今までの苦労や親方との関係、稀勢の里自身の意外な一面を紹介します。横綱稀勢の里やその他の関取はどれくらいの年収なのか?一般の私達が知らない大相撲界給料。幕内、幕下の力士の給料も紹介。テレビのニュースでしか見たことのない力士達を身近に感じれるかも。

大相撲ファン必見!スマホゲームアプリ【大相撲ごっつぁんバトル】の魅力とは?

大相撲ファン必見のスマホゲームアプリ「大相撲ごっつぁんバトル」をご存知ですか?このアプリはプレーヤーが親方となって現役、そして歴代の相撲力士を育成し、日本一の相撲部屋を目指す育成ゲームです。「大相撲ごっつぁんバトル」には大相撲ファンにとってどのような魅力が詰まっているのかまとめてみました。

天皇陛下がご覧になる「天覧相撲」普段の大相撲とどう違う?

天皇陛下が大相撲をご観戦なさることを「天覧相撲」と言いますが、2015年は、初場所8日目に実に4年ぶりに行われました。 主に東京、両国国技館で行われる場所の初日か中日の日曜日に開催されることがほとんどで、中でも初場所の中日が多く開催されています。 今回は、「天覧相撲」について解説してみましょう!

両国国技館で大相撲観戦デートはいかが?

デートで大相撲なんて盛り上がらなさそう?いいえ、江戸東京博物館からちゃんこ屋まで、両国の街には1日楽しめるデートスポットがいっぱい!観戦に良い時間帯の説明や、マス席の詳細など相撲観戦デートを楽しむためのポイントを分かりやすく解説します。

【大相撲歴代横綱一覧】初代から第72代まで!稀勢の里昇進は異例!?2017.2.22更新

日本の国技、大相撲。その起源となる江戸時代から数百年たった今でも日本国民に親しみ愛されている伝統競技です。その大相撲の歴史の中で力士の代表と呼ぶべき存在なのが最強の称号「横綱」。本日は初代から第72代となる稀勢の里まで歴代の横綱をまとめてご紹介します。

大相撲を100%楽しむ、両国国技館の座席表を徹底解説!食事&お祭り気分を味わうなら、マス席や2階席!

大相撲を一度は見に行ってみたいけど、相撲観戦は難しそう、座席表も「マス席」「2階席」なんてよくわからない…という方は多いのでは?今回は初めて両国国技館に足を運ばれる方のために大相撲のメイン会場といえる両国国技館の座席表やオススメの席を詳しくご紹介します。実は前述の「マス席」「2階席」では美味しい食事も楽しめ1日「相撲」の世界を満喫できてしまうんです。ぜひ観戦前に一度目を通してしっかり予習しておいて下さいね。

大相撲の行司のなり方や給料・初任給について。資格は必要or不要どっち?

大相撲はもちろん力士と力士の1対1の闘いに見所があるワケですが、その取り組みを仕切る「行司」も大相撲に欠かせない重要な存在です。本日は大相撲界における縁の下の力持ち、行司の存在にスポットライトを当てて、行司の役割から階級や給料の秘密、そしてルーツまで、すべてをまとめてご紹介します。

相撲の強さは体格とは関係なし!?大相撲歴代横綱体重ランキングでみる大相撲の奥深さ

豪英道の活躍や相撲女子(スー女)の登場などで人気を取り戻している大相撲ですが、近年力士の巨大化が進んでいます。そこで、今回歴代すべての横綱の体重をリサーチし、歴代横綱体重ランキングを作成。ランキングのトップ10とワースト10を発表します!

大相撲三月場所! 新横綱稀勢の里の優勝に期待!

1月27日に奉納土俵入りを果たした新横綱稀勢の里。大相撲一月場所で悲願の初優勝を果たし、大相撲三月場所が楽しみです。今回は、新横綱稀勢の里の横綱昇進の経緯や、次の大相撲三月場所でのみどころをご紹介します。

間近で見る力士の姿に大興奮の感想多数!大相撲観戦ならバスツアーがおすすめ!

昨年、豪栄道の活躍により、若者人気を取り戻しつつある大相撲。現在も初場所が盛り上がっている最中の大相撲ですが、なによりもおすすめは力士の姿を生で見られる国技館での観戦です。巨漢の力士がぶつかりあう姿は迫力満点で、多くの参加者が「大興奮!」と感想を述べています。そして、大相撲観戦ならバスツアーが断然お得! 浅草散策と築地でお寿司まで付いた、お得なおすすめバスツアーを参加された方の感想を交えてご紹介します。

大相撲三月場所の注目力士TOP5!!「横綱」稀勢の里の活躍はどうなる!?

最近人気が沸騰中の大相撲ですが、一月場所は稀勢の里が悲願の初優勝を飾るなど、ますます盛り上がりを見せています。稀勢の里はこれで横綱昇進が決まりましたから、次の三月場所では横綱4人体勢になります。今回は、ますます目が離せなくなる大相撲から、次の三月場所の注目力士を、その見所とあわせてご紹介していきます。

大相撲幕内モンゴル人力士の対戦成績を大公開!白鵬や日馬富士の強さの秘密を大公開!

近年ますます盛り上がっている大相撲ですが、モンゴル出身のモンゴル人力士の活躍は目覚しいものがあります。2010年に現役を引退した超有名力士、朝青龍が、モンゴル人力士として始めて横綱に上り詰めてから今年で14年。大相撲界には現役・引退を問わず、多くのモンゴル人力士が輝かしい対戦成績を持っています。今回はそんな有名モンゴル人力を、対戦成績を交えてご紹介していきます。

赤ちゃんが丈夫に、元気に育つ!必見の大相撲「赤ちゃん抱っこと撮影」権

力士どうしの熱い激闘でファンを楽しませてくれるのはもちろんですが、実はその他にも色々とファンサービスを用意してくれている大相撲協会。今回は、最近注目を集めている大相撲の「赤ちゃん抱っこと撮影」についてご紹介します!この「赤ちゃん抱っこと撮影」は大変人気の高いサービスで、販売後すぐに完売してしまいます。お子さんを強くたくましく育てたいスー女さん、スーママさんも、ぜひ早めにチェックしておいてください。

いま大相撲が熱い!大相撲一月(東京)場所にも使われた 両国国技館を詳しく知ろう

ここ数年、遠藤関や逸ノ城関などの人気力士の登場や2016年初場所の大関琴奨菊関の日本人力士としては10年ぶりの優勝などのニュースもあり、今非常に大相撲が盛り上がっています。また大相撲好き女子が増えたこともあり、満員御礼の日も多くなりました。両国国技館で行われる大相撲一月(東京)場所は、2017年のカレンダーが発売されたり、オリジナルちゃんこが食べられたりとお楽しみ企画がたくさんあり、今から両国国技館で行われる大相撲一月(東京)場所は大注目されています。この冬は家族や恋人と両国国技館に出かけてみてはいかがでしょうか。

123・・・4