アビスパ福岡・井原正巳監督は、采配にもダンディーなスーツ姿にも注目!

サッカー選手としては超有名で、監督になってからも注目の集まるアビスパ福岡・井原正巳監督。名選手が監督になったときどうなるのか。井原監督の楽しみな対戦や、采配のポイント、ダンディーなルックスなど見どころをお伝えします。

アビスパ福岡の井原正巳監督ってどんな人?

サッカー日本代表で歴代2位の122試合出場を誇る、「アジアの壁」こと井原正巳さん。2015年からアビスパ福岡の監督を務めています。現役時代に歌われた応援歌(チャント)「イハラーイハラーイハラー…」は現在、アビスパ福岡のサポーターによって歌われています。皆さんもぜひ、スタジアムで一緒に歌ってくださいね。

アビスパ福岡の井原監督は、監督1年目の2015年、アビスパ福岡を5季ぶりにJ1復帰させました。2015年シーズンはJ2リーグ開幕から3連敗。井原アビスパはどん底からのスタートでしたが、最終的には自動昇格圏の2位ジュビロ磐田と得失点差で3位。アビスパ福岡はプレーオフを勝ち上がり、J1に昇格しました。井原監督はそんな手腕を買われ、J1で戦う2016年も監督続投です。

アビスパ福岡・井原監督と縁のある対戦も楽しみ

アビスパ福岡の井原監督は、全国的に知名度の高いスター選手でした。井原監督率いるアビスパ福岡、スター選手たちが監督になっているJリーグクラブとの対決も楽しみの一つです。

井原監督とジュビロ磐田・名波監督は1998年フランスW杯メンバーというつながりがあります。なお磐田は、井原監督も現役時代に在籍していたチームの一つです。名古屋グランパスの現役ゴールキーパー楢崎正剛も、フランスW杯を一緒に戦いました。サンフレッチェ広島の森保一監督とは1992年のアジアカップで優勝した仲間であり、1993年、「ドーハの悲劇」と言われたアメリカW杯最終予選も共に戦いました。また、ガンバ大阪の長谷川健太監督や川崎フロンターレの風間八宏監督は、筑波大学の先輩です。

もちろん、井原監督が在籍していた横浜F・マリノス、浦和レッズとの対決も楽しみですね。

アビスパ福岡・井原監督はどんな采配をしている?

日本を代表するセンターバックだったアビスパ福岡・井原監督。では、アビスパ福岡は守備的なチームなのでしょうか。井原アビスパのサッカーは、堅守が光り、イタリア語で「ウノゼロ」と呼ばれる1-0で勝つ試合が目立ちました。一方で、2015年5月に加入したFWウェリントンのダイナミックな攻撃力も光っています。

J1リーグが開幕してから、アビスパ福岡は、先制してから勝ちきれないウィークポイントが出てしまいました。しかし、3/27(月)のヤマザキナビスコカップ第2節、川崎フロンターレ戦で井原監督は、ウノゼロ(1-0)での勝利を挙げました。これまでの課題は「守備で消極的に引きすぎた」こととし、川崎戦では積極的なプレスを保って勝ち切るように修正したのです。アビスパ福岡のサポーターも、課題を認めて修正する井原監督の采配に絶大な信頼を寄せています。

アビスパ福岡・井原監督に女性ファンもメロメロ

アビスパ福岡の井原監督は、監督になってからもスターです。声優・田村ゆかりさんなど、アビスパ福岡を熱心に応援する女性ファンからは「井原監督かっこいい」という声が続々と。スリムな体型でスーツを着こなす井原監督の姿はダンディーそのもの。采配とともに、テクニカルエリアに立つ井原監督の姿も、ぜひ注目してください。

アビスパ福岡の試合を観に行こう!

アビスパ福岡の試合を直接観に行って井原監督を応援しよう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。