オリックスの監督福良淳一の魅力に迫る!

2015年は森脇監督の後任の監督代行として指揮を執り、2016年から正式に監督となった福良監督。ここでは、自身が選手として経験した1996年以来、20年ぶりの日本一を目指し奮闘する福良監督の魅力についてご紹介します。

2015年は大幅補強を行い、優勝候補にも挙げられたオリックス。しかし、投打の主力選手に故障や不振が相次いだ影響でシーズン当初から下位に低迷、当時の森脇監督が責任をとって休養するなど期待を裏切る結果となりました。

チームを立て直すべく白羽の矢がたったのがヘッドコーチを務めていた福良淳一コーチ。2015年は森脇監督の後任の監督代行として指揮を執り、2016年から正式に監督となりました。

自身が選手として経験した1996年以来、20年ぶりの日本一を目指し奮闘する福良監督の魅力についてご紹介します。

オリックス福良監督の現役時代はどんな選手だった?

プロ野球の監督は現役時代はスターで目覚ましい成績を残した選手が多いなか、福良監督の現役時代は派手なプレーで目立つタイプではなく、守備が得意でバッティングも単打をコツコツ重ねる選手でした。

オリックスで過ごした13年の現役生活で放ったヒットは1,116本、ホームランは50本。タイトルは取ったことがなく、2番バッターとしてバントなどでランナーを進める地味ながらもチームに必要とされる選手でした。得意の守備では連続守備機会無失策836回という当時の日本記録を樹立。

その高い守備力とシュアなバッティングが認められ、プロ野球の一流選手の目安とされる年俸1億円も達成、FA権を取得してもオリックスに残留し、1997年に引退するまでオリックス一筋を貫きました。

イチローと福良の1、2番コンビでオリックスが日本一に

阪神・淡路大震災が起きた1995年、自身や家族も被災した選手が多いなか、地元神戸を元気にすべくオリックスはチーム一丸となり戦いました。結果、オリックスは1995年に11年ぶりにパ・リーグを制覇。日本シリーズではヤクルトに敗れたものの、翌年に巨人を倒し日本一を達成します。

このときのオリックスの黄金時代の主力が1番イチロー、2番福良のコンビでした。打率と出塁率が圧倒的に高いイチローが出塁すると、福良が手堅くバントで塁を進めてクリーンアップに繋いで得点を取るシーンが何度もありました。福良はプロ野球選手としては小柄で身体能力に優れていたわけではなかったものの、凄まじい努力と野球に対する真摯な取り組みによりレギュラーを勝ち取った選手。周りの選手からは尊敬され、人望を得たのでした。

現在はオリックスの二軍監督を務める田口やイチローも例外ではなく、イチローは当時「福良さんのように、全ての試合で必要とされる選手になりたい」と語ったほど。田口もオリックスの二軍監督の就任に際しては、「福良さんはプロの世界を一から教えてくださった人。その方を支えられるなら」との理由で快諾したのです。

オリックスの監督として日本一を目指す

現役を引退した後は、日本ハムファイターズやオリックスで長年コーチを務め、主に若手の育成に尽力してきました。今の日本ハムやオリックスのレギュラー選手には福良のコーチ時代の指導を受けた選手が多くいます。

2015年に森脇監督の休養に伴い監督代行に就任したのは、長年にわたる指導歴や現役時代オリックス一筋だったこと、多くの選手からの人望を集めていたからこそでした。

監督としては選手の積極的なミスに対しては咎めない一方、全力疾走を怠ったり、気を抜いたプレーをしたりしたときには激怒するなど厳しい面も持ち合わせます。

監督・福良率いるオリックスの戦いに注目!

オリックスはイチローがメジャーリーグへ移籍して以降、地味で弱い球団になり長いこと優勝争いから遠ざかっています。しかし、ここ数年は選手の補強に熱心で「オリ姫」に代表される熱心な女性ファンが急増するなど、ファンの期待も集めています。

戦力的には優勝争いをすることは十分可能で、あとは監督の采配次第。福良監督がどうチームをまとめ、長いペナントレースを戦うか注目しましょう。

オリックス戦を観戦しよう!

福良監督率いるオリックス戦を間近で見ませんか!? オリックス・バファローズ戦のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

オリックス戦観戦前に読みたい他のオススメ記事

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。