千葉ロッテマリーンズ戦の投手陣を盤石にするための新しいピースは誰だ!!

千葉ロッテマリーンズの2016年の成績は投手陣にかかっているといっても過言ではありません。松永昂大、唐川侑己、古谷拓哉、益田直也、二木康太、関谷亮太、涌井秀章、石川歩、大嶺祐太、スタンリッジなどの千葉ロッテマリーンズ戦の投手を分析。

2016年ついに待望の球春到来を迎えました。

開幕前は巨人の選手が絡む賭博問題や声出しによる金銭授受問題などが球界へのイメージに暗い影を落としましたね。様々な厳しい声も聞かれますが、選手の皆さんには全力でファンを魅了し信頼回復をしていただきたいと思います。今回は千葉ロッテマリーンズの投手陣に注目したいと思います。

千葉ロッテマリーンズの投手陣

今季ロッテの投手陣は昨年の最多勝、涌井秀章、入団より2年連続で10勝以上の成績を上げている石川歩、去年8勝を挙げた大嶺祐太、阪神やダイエーで活躍したスタンリッジの4名はローテション確定でしょう。イ・デウンとチェン・グァンユウは外国人枠の関係で使い方が難しいところ。

スタンリッジの不調や外国人バッターの不振があれば二人ともローテーション入りをすることは十分に考えられます。
昨年はなんとかCS進出を果たしましたが、投手陣の弱さが目立ちました。今年はさらなる投手力UPがなければ優勝は難しいでしょう。

そんなロッテの期待の投手をご紹介します。

関谷亮太

今季即戦力と期待されているのがJR東日本からドラフト2位指名を受けた、関谷亮太投手です。ドラフト1位指名は野手の平沢大河選手なので、投手では1番手の評価ということになります。

日大三校時代には現ロッテの吉田祐太捕手とバッテリーを組んで甲子園で活躍しています。

大学時代からその評価は高く、日米大学野球代表にも最高殊勲選手にも選ばれ、社会人時代も1年目から大活躍しました。

関谷亮太選手のピッチングの魅力

ダイナミックなフォームから投げられる速球(MAX148キロ)には、キレと角度があり、大きく縦に割れるカーブとブレーキの利いたチェンジアップが緩急とピッチングに幅を持たせています。

ツーシームやスライダー、シンカーも投げ分けます。制球力も悪くなく、マウンドでも落ち着きがあるので、安定して試合を作れるタイプのピッチャーです。残念ながら開幕1軍は逃しましたが、関谷投手が先発4.番手5番手に食い込み、新人王を取る様とるような活躍をすればロッテの優勝も見えてきます。

二木康太

昨年ファームで安定した活躍を見せ、1軍デビューをはたした二木康太投手。

そのデビュー戦で安定した投球を見せ、2016年開幕1軍入りを果たしました。187cmと身長が高く、投げおろす球に角度があります。速球のコントロールもよく、コーナーに投げ分けることが出来ます。二木選手が安定した投球が出来れば、ロングリリーフや先発もできますのでブルペンに厚みが増します。二木選手の活躍がロッテ優勝のカギを握るかもしれません。

千葉ロッテマリーンズの投手層

ロッテ投手陣は唐川侑己投手、 ベテランの古谷拓哉投手なども控えております。クローザーは不動の西野勇士投手がいますし、中継ぎ陣はセットアッパーの大谷智久投手が盤石、他にも内竜也は西野投手の代役が出来ますし、益田直也投手はここ2年は少し成績を落としましたが鉄腕ぶりは健在です。

松永昂大投手も無事開幕を迎えました。ここに新戦力が加われば、ソフトバンクにも負けない投手陣が形成されるのではないでしょうか。盤石の投手陣を形成し、パリーグをより一層盛り上げて欲しいところです。それには新戦力の台頭と活躍が欠かせません。千葉ロッテマリーンズの、さらなる投手陣の充実に期待しましょう。

千葉ロッテマリーンズ戦のチケットはこちら

野球はやはり生で観たいですよね!千葉ロッテマリーンズ戦の

チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。