これで超初心者も盛り上がれる?!千葉ロッテの応援歌マナー

初心者にはハードルが高い野球観戦時の応援歌マナー。また、メガホンを使わない応援スタイルや、特に千葉ロッテファンの応援歌の種類の多さは初心者が入り込みにくい理由の1つとされています。ここでは、観戦マナーやポイントをまとめました。

贔屓のチームをスタンド外野席で応援して楽しむのは、プロ野球観戦の醍醐味ですが、初心者には熱狂的なファンの応援についていけないこともあります。

千葉ロッテはマリサポ(マリーンズサポーターの略)と呼ばれるファンの応援が熱いことで知られ、1人選手あたり3~4パターンの応援があると言われます。超初心者でも熱烈ファンと一緒に熱い応援に参加したい人向けに、千葉ロッテの応援歌マナーを紹介します。

超初心者はまず、外野席の応援の基本を押さえて千葉ロッテ戦応援

千葉ロッテに限らず、外野席でプロ野球を楽しむための基本的マナーがあります。まず、自分のチームが攻撃する時は、立ち応援が基本です。強制ではないですが、マリサポは全員立ちますので座ったままだと試合が観づらいです。

次に応援グッズを揃えます。他球団は応援用メガホンですが、マリサポは手拍子中心のため、マフラータオルが中心です。最後にレプリカユニフォームを着用し、ホーム用、ビジター用と使い分けます。この3つの基本を実行するだけで、外野席の応援で一体感を味わえます。

千葉ロッテの応援歌は野球+サッカースタイル

東尾修さんに「ライトスタンドの白いオバケ」と評されたマリサポの応援は、平日のナイターでも白いホーム用ユニフォームで埋まるほど熱狂的です。応援ではメガホンは使用せず、スタンドが埋まってしまうほど大きなフラッグを掲げます。メガホンを叩いて「かっとばせ!」という野球スタイルでなく、腕を振り上げ、ジャンプするなどサッカースタイルに近いですが、応援歌でトランペットは使用しますので、サッカーと野球の応援スタイルをミックスしています。

  • タオル回しに必須!千葉ロッテマリーンズのグッズまとめ
  • 千葉ロッテマリーンズ戦の応援歌は「キッスは目にして」

    ベートーヴェンの「エリーゼのために」をアップテンポにアレンジした、「キッスは目にして」が千葉ロッテの応援歌です。得点が入ると「千葉!ロッテ!マリーンズ!」と大きな声で歌うのが応援歌マナーで、メロディに沿って歌うという応援歌ではなく、ラップに近い感じです。マリーンズが勝利した試合後は「歓喜のテーマ」の応援歌を歌い、勝利の素晴らしさを実感できる歌詞に盛り上がるメロディで、涙を流すファンもいます。

    私設応援団が演奏する千葉ロッテ戦の選手専用応援歌を覚える

    超初心者には応用編となりますが、外野席で私設応援団が演奏する、選手の個別応援歌を覚えるともっとマリサポ度が上がります。スターティングメンバーに名を連ねる選手はすべてオリジナルの応援歌があり、選手とファンとの一体感も生まれます。ひいき選手を見つけて専用応援歌を覚えれば、千葉ロッテマリーンズLOVE度が上がること間違いなしです。

    千葉ロッテマリーンズ戦の情報はこちらから♪

    千葉ロッテ戦のチケットこちら

    一体感を味わいたい!千葉ロッテマリーンズ戦のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。