「糸井二世」と期待の大きい北海道日本ハムファイターズ・岡大海選手をもっと知る!

「おかひろみ」という少女テニス漫画の主人公のような名前で一躍有名になった北海道日本ハムファイターズの岡大海選手。走攻守三拍子揃ったプレースタイルが有名ですが、もともとは投打をこなす二刀流選手。2016年は怪我で出遅れた岡選手ですが、早く一軍の舞台で活躍する姿を球場で応援したいものです!

「おかひろみ」という少女マンガの主人公のような名前で注目を集めた北海道日本ハムファイターズの岡大海選手も2016年で3年目のシーズンを迎えました。走攻守三拍子揃ったスケールの大きなプレースタイルで期待の大きい岡大海選手の魅力はいったいどの部分なのか、ここでご紹介します。

岡大海選手が「糸井二世」と呼ばれるのはプレースタイルだけじゃない!?

北海道日本ハムファイターズの岡大海選手といえば、かつて同球団に在籍し、現在はオリックス・バファローズの主力選手として活躍する糸井嘉男選手と比較されることが多いです。
日本ハムの栗山監督は、岡大海選手を「右の糸井」と言い、岡大海選手本人もプロで目標とする選手に糸井嘉男選手を挙げています。

確かに岡大海選手の走攻守三拍子揃ったプレースタイルは糸井嘉男選手を彷彿させますが、次に紹介するエピソードこそ、「糸井二世」にふさわしいものではないでしょうか。
栗山監督らと病院で学習する子どもたちを訪問した岡大海選手、子どもたちの「北海道の魚介類では何が好きですか?」に、何と「やっぱりお肉とか…」と回答。糸井嘉男選手に負けないほどの「天然」ぶりをみせてくれました。

日本ハム・岡大海選手は高校、大学時代「二刀流」で活躍

野球で「二刀流」といえば、同じ北海道日本ハムファイターズに所属する大谷翔平選手を思い出しますが、岡大海選手も高校、大学時代は投打ともに活躍を見せていました。
倉敷商業3年夏に「エースで4番」として甲子園の土を踏んだ岡大海選手は、プロからの誘いがあったものの明治大学への進学を選択。高校の先輩である星野仙一氏と同じ「投手」としてのプレーを決意しました。
2年秋の東京六大学リーグ戦でデビューした岡大海選手は、現中日の福谷浩司投手(慶應義塾大学)や現横浜DeNAの三嶋一輝投手(法政大学)と投げ合い、防御率0.00を記録。打者としては6打数4安打と、投打ともに高い能力があることを示しました。

「二刀流」の岡大海選手、野手としての能力を伸ばし日本ハム入団

3年生となった岡大海選手は、明治大学のエースナンバー「11番」を背負いリーグ戦に臨みますが春、秋のリーグ戦で計2勝と不本意な成績に終わります。しかし打者としては、主に4番を打ち.363と活躍。徐々に「打者」に比重が置かれるようになりました。
4年生になると岡大海選手は野手に専念することとなりました。春秋ともに全試合にフル出場し、現千葉ロッテの関谷亮太投手、現阪神の高山俊選手とともに明治大学の38年ぶり春秋連覇に貢献。同年のドラフト会議にて日本ハムから3位指名を受け「野手」として入団しました。

高校、大学の先輩・星野仙一氏ばりの「熱い心」を持つ岡大海選手

岡大海選手の学生時代のエピソードといえば、大学4年次の7月に行われた日米大学野球選手権での「乱闘騒ぎ」も挙げられます。打席でデッドボールを受けた岡大海選手がグラウンドにヘルメットを叩き付けたことで両軍が乱闘騒ぎになり、一触即発の状態となりました。ヘルメットを叩き付ける行為には賛否両論ありますが、この熱い心がチームに火をつけたのか、その後日本代表チームは現横浜DeNAの嶺井博希選手(亜細亜大学)や現阪神の梅野隆太郎選手(福岡大学)らの活躍で試合に勝利、この日米大学野球選手権での優勝を決めました。高校、大学の先輩である星野仙一氏のような「熱い心」も、岡大海選手の魅力のひとつです。

走攻守三拍子揃った岡大海選手、特に「俊足」に注目!

岡大海選手のセールスポイントといえば、やはり走攻守三拍子揃ったプレースタイル。その中でも特に50m5秒7の「俊足」に注目です。俊足を武器に1試合3本の内野安打を放つなど、将来の日本ハムのリードオフマンとしての期待が高まるプレーも随所に見せてくれます。2016年は怪我で出遅れましたが、早く一軍の舞台で活躍する岡大海選手を球場で応援したいですね。日ハムのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

北海道日本ハムファイターズの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。