第二の金本になれるか?阪神タイガース高山俊に注目

鳴り物入りで阪神に入団した高山俊選手。学生とプロの間にそびえ立つプロの高い壁もサクッと乗り越え、不動の一番バッターとしてレギュラーに定着しました。早くも新人王の声もあがっている高山俊選手。その経歴についてまとめました。

プロ野球の世界では、学生からプロ入りする選手が即戦力となることはまずありません。高校や大学時代に活躍して鳴り物入りで入ってきても、高いレベルに慣れるまでは二軍で下積み生活を送るのが一般的です。そして、厳しい競争を勝ち抜いた末にようやく一軍のグランドに立つことができます。

2015年ドラフト1位で阪神タイガースに入団した高山俊はそのようなプロの壁もあっさりとクリアし、今や不動の一番バッターとしてレギュラーに定着、早くも新人王候補として名前が挙がっています。右投げ左打ちの外野手で走攻守三拍子揃っていることから金本監督2世との呼び声も。これから長い間、阪神タイガースを背負っていくであろう高山俊選手の魅力についてご紹介します。

高校、大学とスター街道まっしぐらだった阪神・高山選手

高山選手が野球を始めたのは小学校1年生の時。この時はまさか誰もが羨むような野球人生を送るとは本人も思っていなかったことでしょう。中学時代には千葉県内の陸上競技大会200メートル走で4位になるなど、本格的に陸上をしていないにもかかわらず足の速さも圧倒的で、高校は名門日大第三高校に進学します。有望選手が集まる日大三高で1年生の時に早くもレギュラーとして試合に出場、3年生の時には春夏の甲子園に出場、夏の甲子園ではホームランを2本打つなど活躍し、チームを優勝に導きます。

そして明治大学に進学するとすぐにレギュラーを獲得、大学4年時には通算最多安打の記録を更新し2015年ドラフト会議ではヤクルトスワローズと阪神タイガースから1位指名を受け、抽選の結果阪神へと入団します。高校で甲子園優勝、大学時代は東京六大学野球のリーグ戦で優勝しベストナインに選ばれること2回、ユニバーシアードの日本代表にも選出されるなど、まさに野球エリートとして王道を歩んできました。

高山選手、阪神タイガースファン待望の生え抜きスター選手へ

阪神ファンが何よりも願っているのが生え抜きのスター選手。現在の生え抜きのレギュラー選手はショートの鳥谷選手のみで、他は外国人選手やFAで獲得した選手に依存しています。さらに主力の福留や西岡、鳥谷はベテランということもあり、高山選手という活きのいい有望選手の入団にファンが大きな期待を寄せています。阪神入団後はキャンプやオープン戦で早速ルーキーらしからぬプレーを披露、オープン戦では打率327と首脳陣にアピールし、開幕一軍の座を掴み取りました。金本監督や掛布二軍監督も高山選手のことを大絶賛、プロの壁に跳ね返されることなく評判通りの実力を発揮しています。

高山選手は走攻守の三拍子すべてにおいて見所満載

身長181cm、体重86kgとプロとしては標準の体格ながら、スイングスピードはプロでもトップレベルの161キロ。さらにバットコントロールが巧みで選球眼もいいことから、一番バッターとして高い出塁率が見込まれます。また走っては50m5秒8の俊足で、投げては遠投110メートルの強肩。昨年までレフトを守っていたマートンの守備に難があっただけに、甲子園の広い外野の守備でもいいプレーを披露してくれるでしょう。タイプとしては中距離タイプの打者で阪神の金本監督やジャイアンツの高橋監督、日ハムの稲葉選手のような選手を目指し、ゆくゆくはトリプルスリーも狙える選手へと期待が膨らみます。

高山選手ら若手の台頭で優勝を目指すタイガース

阪神タイガースが最後に優勝したのは2003年で13年も優勝から遠ざかっています。しかし2016年はルーキー高山選手の他、横田慎太郎選手、江越大賀選手ら20代前半の若手選手が台頭し、チームが新たに生まれ変わろうとしています。そんな若手の中でも唯一開幕レギュラーを勝ち取り、試合に出続けている高山選手。2016年は高山選手の活躍から目が離せません。

阪神タイガースの他の記事はこちらから

セ・パ交流戦のチケットもまだ間に合う!阪神タイガース戦、プロ野球チケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。