阪神タイガースのユニフォームにワッペンをつけて応援に行こう!

2016年の阪神タイガースは金本監督の就任、ドラフト1位ルーキー高山俊の入団など、チームが新しく生まれ変わろうとしています。ここでは阪神を応援するファンのために阪神の「ワッペン」についてご紹介します。

2016年の阪神タイガースは金本監督の就任、東京六大学で最多安打記録を更新したドラフト1位ルーキー高山俊の入団、藤川球児の復帰などがあり、チームが新しく生まれ変わろうとしています。

ここでは阪神タイガースを応援するファンの方のために阪神タイガースの「ワッペン」についてちょっとした話をご紹介します。

阪神タイガースのワッペン「虎マーク」の生みの親は?

阪神タイガースのワッペンといえば、まず頭に思い浮かぶのがユニフォームの左袖やグッズにプリントされている虎マーク。このマークは1935年の球団創設時から使用されている歴史あるマークで、当時、阪神電鉄のデザイン室に勤務していた早川源一氏が作成したものです。

早川氏はこのマークをデザインをするにあたり、当時エースだった若林正志選手の意見を参考にしました。他球団の球団マークは親会社の変更やデザイン変更に伴い大きく変わってきましたが、阪神タイガースの虎マークは12球団唯一、球団創設当時から変わらないままとなっています。

今人気の阪神タイガースワッペンは?

阪神タイガースファンは衣装が派手で、様々なワッペンを貼り付けている人が多いのが特徴です。そのファンに人気なワッペンが2016年の阪神タイガースのチームスローガンである「超変革」が刺繍された黄色のワッペン。

「超変革」の文字が入ったグッズはワッペンをはじめ、応援バット、タオル、うちわなどがあり、どれも大人気。今年は超変革グッズとともに阪神を応援しましょう。

阪神タイガース鳥谷のユニフォームについているCマークのワッペンは?

鳥谷選手のユニフォームをよく見てみると、左胸のところに「C」マークのワッペンが貼られていることが分かります。これはCaptain(キャプテン)マークのワッペンで阪神タイガースのキャプテンである鳥谷選手だけ付けることが許されています。

女性に大人気のピンクのワッペン

阪神タイガースは巨人と1、2位を争う人気球団なだけに、応援グッズやワッペンの種類が豊富で選ぶのに迷うほどです。

女性におすすめしたいのが、ピンクの文字や絵柄でデザインされたワッペン。阪神タイガースのユニフォームに自分の好きな選手のピンクのワッペンを貼り付けたり、可愛らしくアレンジすることで気持ちも盛り上がり、楽しく観戦できること間違いなしです。

阪神タイガース他のオススメ記事

阪神タイガースのワッペンを身につけて応援に行こう!

阪神タイガースが最後に日本一になったのは1985年、セ・リーグで優勝したのも2005年と長い間優勝から遠ざかっています。阪神が優勝するためにはファンの応援が大きな力になります。阪神タイガースのユニフォームを着て甲子園やスタジアムに応援に行きましょう!

阪神タイガースの応援は球場で!

チケットキャンプ(チケキャン)では、阪神タイガースのチケットを取り扱っています。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。