広島カープ、マエケンロスは大丈夫?

広島東洋カープはマエケンが移籍、黒田とジョンソンが残留

広島東洋カープの開幕戦は残念ながら黒星スタートとなりました。広島といえば2015年オフ、投手陣に大きな変化がありましたね。11勝を挙げたベテラン・黒田博樹の現役続行、14勝を挙げたクリス・ジョンソンの二人が残留という朗報があった一方で、エース・前田健太がドジャーズへ移籍。

前田健太は2015年に15勝を挙げ、最多勝。広島カープで2010年から6年連続、二ケタ勝利を挙げる大活躍を見せました。

前田は以前からメジャー移籍を希望しており、前田が抜けるのは想定内ではありました。そんな前田の穴をどうやって埋めるのか、見てみたいと思います。

広島ファン、ドラフト1位の岡田に興味津々

2016年の広島カープ、ドラフト1位の岡田明丈投手も注目選手の一人です。岡田は大阪商業大学4年時、春秋通算12勝0敗という脅威の成績を残し、大学の秋季リーグ優勝に貢献しました。150km/hを超す速球を見せ、ドラフトで注目の選手になりました。

そんな岡田、広島カープのファンの間では、ビッグマウスぶりも注目されています。岡田は広島カープで背番号17をもらいました。緒方孝市監督に言われた感があったものの、「新人王」と「背番号の17(勝)をめざす」と、なんと、「17勝」宣言。

17勝とは、あのマエケンも日本プロ野球では15勝が最多でした。広島ファンも、「度胸のある大物だなあ」「投手はこのくらいでないと」と、岡田のコメントに興味津々です。

もしも、岡田が新人王を取ったとすると、広島の先発ローテーション候補の野村祐輔や大瀬良大地に続く快挙になります。それだけに、広島ファンからの期待も大きいのです。

広島カープの開幕投手はジョンソン!

では、広島カープの開幕投手と先発ローテーション候補を見てみましょう。まず、開幕投手はジョンソンです。速球や多彩な変化球で、相手の横浜DeNAベイスターズを翻弄してほしいですね。本日の開幕戦では残念ながら黒星に終わってしまいましたが、今後の試合に期待しましょう!

広島ファンの間では、カリスマ的人気の黒田を開幕投手に推す声もありました。「黒田じゃなくて残念」という声も多かったのですが、開幕投手がわかり、応援のエンジンがかかったファンもたくさんいます!

先発復帰の大瀬良が離脱も、ドラフト2位の横山もローテ入りか

先発ローテーションについては、残念な話題がありました。大瀬良が右ひじの故障で、開幕に間に合わなくなったと報じられました。大瀬良は2014年に先発で10勝。2015年はリリーフに転向し、20ホールドを残しました。2016年は、まず、ケガの完治ですね。

今のところ、広島の先発ローテーション候補は、ジョンソン、黒田、岡田、野村に加え、福井優也や横山弘樹も期待されています。横山は2016年のドラフト2位指名の24歳。岡田と横山の即戦力ルーキーが、「マエケンロス」を埋めてくれそうですね。

広島東洋カープオススメの記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。