「神ってる」男!広島カープの鈴木誠也選手の経歴と神話をチェック!

首位を突っ走っている広島東洋カープですが、その勢いは夏になっても止まりません。広島カープ戦において優勝への鍵を握る男鈴木誠也は「神ってる」と言われそのホームランが大きな注目を浴びています。鈴木誠也という選手の経歴や、神ってるとは何か?をまとめました。

7月に入っても勢いの止まらない広島カープ。7月10日の時点で2位の読売ジャイアンツに10ゲーム差をつけて首位を独走しています。「誰も予想しなかった」とまで言われるこの快進撃の原動力となっているのが鈴木誠也選手。彼がホームランを打つとチームが勝利する「ホームラン神話」の持ち主です、そこで彼のこれまでの経歴と、今シーズンの活躍振りについてまとめてみたいと思います。

広島カープ:鈴木誠也選手の経歴!プロ入りから2015年まで

高校時代には甲子園に出場することの叶わなかった鈴木選手ですが、投手としてはストレートで148km/h、野手としても対外試合で43本のホームランを放つなどの成績を収めています。高校卒業後の2012年、ドラフトに巡目で広島カープに入団します。高校でのポジションは投手でしたが、プロ入りと同時に内野手に転向。2013年には保守転向1年目ながら二軍のレギュラーに定着。ウエスタン・リーグで打率.281を記録。同年9月には1軍デビューを果たします。同年の一軍公式戦への出場は11試合にとどまるものの、高卒新人の一軍登録は同球団では東出輝裕選手以来の快挙となります。2014年にはフレッシュ・オールスターズに出場。同年9月25日には一軍公式戦に「一番・右翼手」として出場し、先頭打者として一軍初本塁打を放ちます。同シーズンは34試合という一軍公式戦出場数ではありますが、打率.344を記録しました。2015年にはポジション登録を内野手から外野手に変更。シーズンを通して一軍公式戦97試合に出場。打率.275、本塁打5、打点25を記録。規定打席数には届かなかったものの、得点圏打率.358を記録する勝負強さを見せました。>高校時代には甲子園に出場することの叶わなかった鈴木選手ですが、投手としてはストレートで148km/h、野手としても対外試合で43本のホームランを放つなどの成績を収めています。高校卒業後の2012年、ドラフトに巡目で広島カープに入団します。高校でのポジションは投手でしたが、プロ入りと同時に内野手に転向。

2013年には保守転向1年目ながら二軍のレギュラーに定着。ウエスタン・リーグで打率.281を記録。同年9月には1軍デビューを果たします。同年の一軍公式戦への出場は11試合にとどまるものの、高卒新人の一軍登録は同球団では東出輝裕選手以来の快挙となります。2014年にはフレッシュ・オールスターズに出場。同年9月25日には一軍公式戦に「一番・右翼手」として出場し、先頭打者として一軍初本塁打を放ちます。同シーズンは34試合という一軍公式戦出場数ではありますが、打率.344を記録しました。2015年にはポジション登録を内野手から外野手に変更。シーズンを通して一軍公式戦97試合に出場。打率.275、本塁打5、打点25を記録。規定打席数には届かなかったものの、得点圏打率.358を記録する勝負強さを見せました。

2016年広島独走の原動力!「神ってる」鈴木誠也選手の快進撃!

今シーズンは怪我からのスタートとなった鈴木選手。春季キャンプ中に右足ハムストリングを負傷してしまいます。しかし、4月中には一軍復帰を果たし4月26日には対東京ヤクルト戦で「6番・右翼手」としてスタメン出場。その試合で5番打者のブラッド・エルドレッド、7番打者・堂林翔太とともに、一軍公式戦におけるチーム11年振りの3者連続本塁打を放ちます。さらにセ・パ交流戦ではセ・リーグ最高の打率.344を記録。大谷翔平選手と並んで最優秀選手に選ばれます。とくに、6月17日・18日には2試合連続でサヨナラ本塁打を放ち、さらに20日にも決勝本塁打を放つという大当たり。同一打者の2試合連続本塁打は史上10人目、広島では長島清幸選手以来2人目、3試合連続となる本塁打は広島では1996年の江頭智選手以来の快挙となりました。これには指揮官である緒方監督も「今時の言葉でいうなら、神ってる」驚きの混じりの称賛をおくりました。鈴木選手は7月10日時点でも.317と高い打率をマークし、チームの首位独走の原動力となっています。

まさに神がかり!鈴木誠也選手のホームラン神話!

鈴木選手がホームランを打つとチームが必ず勝利するという「ホームラン神話」がその記録を伸ばしています。7月9日にも2ランを放ち、チームを勝利へと導いた鈴木選手。今シーズンは12本の本塁打を放ち、その試合すべてで広島カープが勝利を収めています(一試合で2本塁打を記録した試合があるので勝利試合数は11)。この記録は2014年9月25日の一軍公式戦初本塁打から続いていて、現在17本目、17勝連勝をあげています。

広島カープ戦では鈴木誠也選手のホームランに期待!

ここまでくるとその「ホームラン神話」がどこまで続くのか気になるところです。広島カープ戦では勝負を占う、「神ってる」男の一振りに注目してみてください。また広島カープがこのままの勢いで首位を独走し1991年のリーグ優勝に輝くのか、今シーズンは広島カープから目が離せません!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

広島カープオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。