広島カープの選手 マエケンが抜けた後の投手陣を分析

ドジャース初勝利を飾ったマエケンですが、有力なピッチャーが抜けてしまった広島カープの2016年はどうなるのでしょうか。投手陣から分析してみました。

ドジャースでの初勝利を飾った前田選手ですが、広島カープはマエケンの抜けた穴をどう埋めるのか…。

2015年、広島は黒田の復帰や新井の活躍によって盛り上がりは最高潮でしたが、あとわずかなところでAクラスには届きませんでした。黒田の加入と、日本球界ナンバーワン投手の呼び声も高いマエケンを軸に、投手王国再建と言われた昨年は、チーム防御率2.9点と巨人の2.7点に次いでセリーグでは2位の好成績を残していました。

広島カープが抱える投手問題

しかし、クリーンナップが上手く機能せず「点は取られないけれど、点が取れない」という課題が付きまとい続けた一年でした。2016年も同じ課題でしょう。そして、ここにきてもう一つの課題が表面化してきています。それが勝ち星をあげられる投手がいなくなってしまうという広島カープの次世代エース問題です。マエケンが去って戦力大幅ダウンな広島ですが、問題はそこだけではありません。2016年に新生投手が育たなければ、2017年の広島は大変な勝ち投手不足に悩まされるであろうという問題が迫ってきているのです。

昨年、防御率1.85 14勝7敗の好成績を残したクリス・ジョンソンが来季で契約が切れ、他球団行きが濃厚になり、黒田投手も引退の可能性が高くなっています。マエケン・黒田・ジョンソンで上げた勝ち星の数は40勝。2015年の69勝のうち40勝がこの3人でまわしていたとなると、事の重大さは大きすぎます。そこで2016年の今シーズンに期待したいカープの先発若手投手を紹介します。

福井優也

昨年は9勝6敗と安定したピッチングとは言えなかったものの、年々成績は上がっており、時期エースとの呼び声も高い投手です。最速152km/hの速球を武器にキレのあるスライダー、カーブ、フォークを投げ込んでいく正統派の速球投手。2016年は10勝できる投手になってほしいところ。

岡田明丈

2015年のドラフト1位で獲得した大阪商業大学出身の期待の新人です。残念ながら、オープン戦の成績は立ち上がりが悪く、大量失点が目立ちますが、コーチ陣からの評価は高く、開幕ローテーション入りを期待されています。最速153km/hのストレートとスライダー、カーブ、フォーク、チェンジアップ、シュートの変化球を使った多彩な投球に期待です。

横山弘樹

2015年のドラフト2位ルーキーです。オープン戦では岡田よりも好成績を残しているだけに、期待できる新人です。四球が多いところにまだ課題がありますが、後半良くなっていく尻上がりなピッチングを見せます。ローテーション入りしてそこで、成長してほしい選手です。

なお、オープン戦を振り返ってみると中継ぎ陣は
・中崎 自責点0
・ジャクソン 自責点0
・オスカル 自責点0
・中田 自責点0
・江草 自責点0
という素晴らしい成績でした。

投手層は厚いので、マエケンが抜けた穴は埋まりそうですね。課題のバッティングが爆発すれば、Aクラス入りも期待ができる戦力ではあります。

広島カープの情報はこちらから

野球は生で観たい!

そろそろ暖かくなってきて、野球観戦にも最高のシーズンがやってきました。広島東洋カープの試合

チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。直接球場に観に行こう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。