リーグ連覇を狙うヤクルトに欠かせないキーマン、小川投手の魅力を追求

ヤクルトスワローズの若きエース小川泰弘投手。小柄な体格ながら、和製ライアン投手といわれる独特のトルネード投法で迫力のあるピッチングを行う小川投手。今回はその経歴をまとめました。今年も小川投手の活躍がヤクルトスワローズには欠かせません!

ダイナミックなフォームで150キロのストレートを投げ込むスタイルを貫いているのがヤクルトスワローズ小川泰弘投手です。小川投手は入団2年目から今年まで3年連続開幕投手を務めました。小さな巨人と称される石川雅規投手が左のエースなら、小川投手が右のエースと言われることに誰も異論は無いでしょう。リーグ連覇を狙うスワローズにとって欠かすことが出来ない大黒柱小川選手の魅力を探ります。

小川投手の独特に編み出したライアン投法からの豪球が今年もうなる

小川投手は身長1メートル71センチと小柄ですが、左足を高々と上げて、一呼吸置きながらそのまま大きく踏み込んで上手から角度を付けて投げ下ろす独特な投法です。相手バッターから見ると、身長以上に大きな投手が投げる豪球に見えることでしょう。体のひねりは少ないのですが、野茂投手を彷彿とさせる変速トルネード投法です。また、マスコミは「和製ライアン」と呼び、本人もそこを意識しています。

現在の野球ファンにとって、ライアン、つまりノーラン・ライアンの名前を聞いたことはあっても詳しくは知らないという人がほとんどです。そこで、小川投手を語る上でライアン投手について少し説明します。
小川投手がライアンを知ったのは大学3年の頃です。あることがきっかけでライアンの本に出会い、より威力のある球を投げたいと思っていた小川投手は、足を高く上げてタメを作り足を振り下ろしながらボールに威力を伝えて投じるライアン投手のフォームを見て、真似と試行錯誤を繰り返し現在のフォームにたどり着きました。ライアン投手は今から20年以上前にメジャーを引退した選手で、日本でいうと村田兆治さんや堀内恒夫さんと同時代のピッチャーです。通算28年間の現役生活で5714という歴代第1位の奪三振記録を持ち、7度もノーヒットノーランを達成しているレジェンドです。小川投手もライアン投手ばりのフォームを自分なりに磨いたことで球速を得ました。そして、ライアン投法を身に付けた小川投手は3年生の秋に防御率のリーグ記録を作り、4年生春にはリーグ史上8人目のノーヒットノーランを達成しています。

小川投手は1年目で最多勝と新人賞のダブルタイトルを獲得

小川投手のそうした大学時代の活躍がプロのスカウトの目に止まり、2012年のドラフトで2位指名を受けて入団しました。小川投手は1年目から大活躍で、初登板初勝利という輝かしいスタートを切り、シーズンが終わってみると新人でありながら16勝で最多勝、もちろん新人王のタイトルも手にしました。その年の11月には侍ジャパンのメンバーに選ばれるほど、充実した1年目となりました。

2年目は故障による一時離脱があったものの9勝、3年目は11勝を挙げ、チームの14年ぶりリーグ優勝に貢献しました。そして4年目の今年は3年連続開幕投手を務めました。巨人を相手に同期入団の菅野投手との投げ合いの末に敗れましたが、2度目の先発となった中日戦では9回を1失点完投で見事今季初勝利を挙げています。今年は5月下旬の時点で3勝2敗です。確かに負け試合もあり防御率も過去3年に比べると良くはありませんが、まだまだシーズンは序盤です。セリーグはペナントレースも大混戦が予想されるので、リーグ連覇には小川投手の右腕が欠かせません。

小川投手は「チームの勝ちを最優先に」というヤクルト野村氏の教えを励みに

小川投手にはプロ入り直後、野球人生にとって大切な思いとなった出来事があるそうです。それは長らくヤクルトスワローズの監督を務めた野村克也さんから春期キャンプで「チームの勝ちを最優先似考えることで、個人の目標にも近づく」と教えを受けたそうで、その結果、昨シーズンは優勝という最高の結果を得ました。体が小さい選手には気持ちが強い選手が多く、小川選手も然りです。絶対に打たれないという強いハートで投げる「強気なピッチング」が武器です。逃げずに勝負する気持ちを忘れない限り、小川投手の活躍は続きそうです。

ヤクルトの若き右のエースとして、さらなる活躍が期待される小川投手

足を高く上げて上段から投げおろす小気味良いピッチングの小川投手。ヤクルトのリーグ連覇には和製ライアン・小川投手の活躍が不可欠です。入団4年目ながら既に開幕投手を3度務め、エースの風格も漂う小川投手の今後の活躍に期待しましょう。

ヤクルト・スワローズの情報はこちら

ヤクルト戦公演はこちら

ヤクルトスワローズのお得なチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。