巨人戦2軍開幕スタートの阿部慎之助の今後とは!!

巨人といえば阿部慎之助選手の存在は欠かせませんが、巨人阿部慎之助選手の開幕2軍が決まり、今後の阿部慎之助選手と1軍復帰の展望はどうなのでしょうか。2016年の巨人の捕手陣を分析してみました。

高橋由伸を新監督に迎えた巨人戦ですが、開幕前から野球賭博問題に始まり、声出し金銭授受問題も発覚して、厳しい開幕を迎えました。高橋由伸監督のもと阿部慎之助選手の捕手復帰も決まっていましたが、阿部選手のコンディション不良で開幕2軍スタートが決まりました。

巨人と阿部慎之助選手の2016年

2016年オープン戦はヤクルト戦でホームランは出たものの、打率は1割台に低迷しました。高橋由伸監督は捕手復帰なら最低100試合出場と話していましたが、その予定も暗雲が漂う事態になってしまいました。

巨人の捕手といえば昨年70試合出場の小林誠司選手を筆頭に、ベテランの相川亮二選手がおり、特に心配はないと思われます。

しかし阿部選手の打撃面ではここ2年は打率を落としているとはいえ、長打力は健在で2桁ホームランを入団以来続けています。打席での威圧感、存在感は群を抜いており、相手ピッチャーにかかるプレッシャーは計り知れません。

本来なら4番キャッチャー阿部が理想でしょうが、肩と腰の痛みには長年悩まされており、負担が大きければ6番あたりを打たせ、去年と同様1塁を守ることもあるのではないでしょうか。

阿部投手、一軍起用はあるか

開幕を迎え捕手は大方の予想どおり小林誠司選手が勤めました。1塁には新戦力ギャレットがつき、これも大方の予想通り、しかし新外国人の活躍は不透明ですので、阿部選手のコンディションが上がってくれば1塁での起用があるかもしれません。

ギャレットの調子が良ければ、阿部選手の復帰は交流戦まで長引く恐れもあります。とにもかくにもコンディション次第ではありますが。
捕手復帰という視点で見れば、これはやはり難しいと思います。選手寿命も残りわずかですし、若手の経験値を上げる意味では、小林誠司選手を固定することが将来巨人にとっても大きなことだと思います。

昨年同様1塁起用でコンディション維持に努めることが、本人にとっても巨人の将来にとっても無難な選択ではないでしょうか。

阿部選手の巨人スタメンに期待

とにもかくにも暗い話題で始まってしまった2016年プロ野球。常勝を義務付けられた巨人ナインのスタメンに名を連ねるのは、いくら阿部選手といえども容易な事ではありません。阿部選手には1日でも長い選手生活を送ってほしいと思っているファンの方は多いと思います。捕手復帰でも1塁固定でも阿部選手の素晴らしいバッティングを1日でも長く1軍のグランドで見られることを願うばかりです。そして、暗い話題が多い最近のプロ野球を盛り上げてほしいと思います。

「巨人軍は紳士たれ」という言葉が失墜してしまった現在の巨人軍、阿部選手の復帰とともに全選手の全力プレーでファンを魅了し、失ってしまった信頼と、人気を回復してほしいと思います。高橋由伸新監督のもと、世代交代が進む巨人ですが、阿部選手の経験と実績は今後の巨人軍に必要不可欠です。阿部選手が活躍し、プロ野球が盛り上がっていって欲しいものです。

巨人戦の他の情報はこちらから♪

ビールが美味しい季節!日頃のストレスは生で巨人戦を観て発散しよう!巨人戦のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。