【初心者必見】巨人戦を楽しく観戦する方法!

巨人は2015年オフに即戦力として期待できる桜井俊貴投手をドラフト1位で獲得するなど、新生ジャイアンツとしての戦いぶりが注目されています。開幕から東京ドームは連日満員。なぜ、ファンは東京ドームに魅きつけられるのか。ここでは、初心者が楽しく巨人戦を観戦できる方法を解説します。

巨人は2015年オフに即戦力として期待できる桜井俊貴投手をドラフト1位で獲得。さらにメジャー通算122本塁打ギャレット・ジョーンズをヤンキースから獲得、指揮官は原辰徳前監督から高橋由伸新監督に。新生ジャイアンツとしての戦いぶりが注目されています。

巨人から賭博に関わった選手が球界を揺るがせ、人気の低下が懸念されたものの、開幕すると東京ドームは連日満員が続いています。なぜ、ファンは東京ドームに魅きつけられるのか。

初心者の方でも分かるよう、その魅力と楽しく観戦する方法を解説します。

初心者向けポイント1:巨人戦の前に東京ドームシティで遊んで球場へ

  • 観戦前にドームシティで遊べる!
  • JR水道橋駅の改札を出て少し歩くと、観覧車やジェットコースターなどの多くのアトラクションが目に入ります。東京ドームは、東京ドームシティの中にある施設で、ほかにも遊園地や大型スパのラクーア、レストランやボーリング場など多くの施設があります。

    東京ドームに野球観戦しに行く場合は試合開始前にこれらの施設で遊んで、さらに腹ごしらえをして野球観戦すると一石二鳥で楽しむことができます。

    野球好きな方は東京ドームに併設されている野球殿堂博物館に立ち寄ってみてください。野球関連の貴重な資料やグッズが多数展示され、野球の歴史と文化を学ぶことができます。

  • 早めに入場しよう!
  • また、初めて野球を観戦する場合は、入場開始直後の早い時間にドームに入場することをお勧めします。

    入場したらまずは東京ドーム内の通路をぐるりと一回りしてみてください。通路横にはお土産ショップ、応援グッズショップ、食べ物の売店などがずらりと並んでいて見て歩くだけでも楽しめます。

    お気に入りの選手のグッズを購入するのもよいでしょう。買い物などが一通り済んだら、座席に座って、選手の打撃練習や守備練習などを見学しましょう。打球の飛ぶ距離や選手の投げるボールの速さなど、テレビで見るのとは違った迫力を体感することができます。

    初心者向けポイント2:巨人戦のファンの一体感を楽しもう

    東京ドームの収容人数は最大で4万6,000人。巨人戦にはその半数以上の巨人ファンが東京ドームで応援を繰り広げます。

    プレーで勝負する選手だけでなく、巨人の帽子をかぶり、お気に入りの選手のユニフォームを着て、ファンも応援で戦います。攻撃時には選手の応援歌でドームを盛り上げましょう。

    初めて東京ドームで応援する場合は、事前に好きな選手の応援歌を覚えて、その選手が活躍するよう心を込めて応援しましょう。周りのファンと一緒にリズムを合わせて応援し、選手のプレーに共に一喜一憂する。このように、野球観戦には同じチームを応援するために集まったファンが同じ想いを共有したり、一体になって盛り上がる魅力があります。

    また座る座席によっても楽しみ方はさまざま。巨人の攻撃時に声を張り上げて立って応援したいという方はライト側の外野席、食事をしたりビールを飲みながらリラックスして観戦したい方は内野席で観戦するとよいでしょう。東京ドームにはエキサイトシートという、選手を間近で観れる特設シートがあります。値段は高いですが、選手と同じ目線で野球の迫力と醍醐味を味わいたいという方にはお勧めの席です。

    東京ドームの巨人戦は雰囲気だけでも楽しめる

    観戦しているファンの人数が多いというだけでなく、密閉されている東京ドーム。ほかの球場よりも声や打球音が良く響き、お祭りのような雰囲気を味わうことができます。

    また、テレビや雑誌でおなじみのスターを目の前にすると、体の大きさやオーラに圧倒され、興奮すること間違いなしです。2016年は阪神と横浜ベイスターズも監督が代わり、セ・リーグの監督は全員が40代というフレッシュな指揮官たちがチームを率いて優勝を目指しています。

    ぜひ、東京ドームを訪れて、野球の楽しさを味わってみてください。

    初心者でも楽しめる! 巨人戦を観戦しよう!

    ご紹介したポイントを押さえてぜひ巨人戦の応援に行きましょう! 巨人戦のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

    巨人戦観戦前に読みたい他のオススメ記事

    コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。