大声は健在!セレッソ大阪の大熊清監督は昇格請負人になれるか?

セレッソ大阪の監督は、昨年度から続投の大熊監督。これまでの実績や選手とのかかわり方、他サポからも注目されている「大声」を中心にまとめました。

セレッソ大阪で「大熊さん」といえば?

セレッソ大阪で「大熊さん」というと、大熊裕司さんを思い浮かべるファンやサポーターも多いでしょう。現在、セレッソ大阪の監督を務めているのは、大熊清さんです。元セレッソ大阪トップチームの監督で、現在セレッソ大阪U-23監督を務める、裕司さんのお兄さんにあたります。以下、兄の清さんを「大熊監督」と呼んで、2016年の見どころを探ってみたいと思います。

2015年最終節から、セレッソ大阪は大熊清監督体制

セレッソ大阪の大熊監督は、監督に就任するまでセレッソ大阪の強化部長を務めていました。2015年、自らパウロ・アウトゥオリさんを監督に招聘したのですが、J1復帰にストレートインできる2位以内に勝ち点で遠く及ばず。最終節の前に監督交代し、大熊監督が誕生しました。セレッソ大阪はJ1昇格プレーオフ最終戦で勝てず、J1復帰はかなわなかったのですが、2016年も大熊監督が続投しました。

大熊監督就任後、プレーオフも含めて、2016年のリーグ戦第5節まで、セレッソ大阪は負けなしです。

セレッソ大阪・大熊清監督といえば、大声!

セレッソ大阪の大熊監督はFC東京やU-19・U-20、大宮アルディージャを指導してきた経歴があり、日本代表のファンからもよく知られた存在です。特に、「大声」が有名な人物として知られています。大熊監督の叫び声や指示が、サッカーのテレビ中継の集音マイクにことごとく拾われてしまうのは日常茶飯事です。

特に有名になり、大熊監督の代名詞のようになった言葉は、AFCユース選手権2002での「サンキュー!サカタ!サンキューな」。サカタとは、現在アビスパ福岡でプレーする坂田大輔のこと。坂田や現在セレッソ大阪でプレーする茂庭照幸は、FC東京時代も監督・選手の関係でした。そんな大熊監督の大声を生で聞きたいあなたは、ぜひキンチョウスタジアムへ!

セレッソ大阪・大熊清監督は「タレント軍団」をどうマネジメントするのか

個の力という点でいえば、J2の中でも「巨人軍」「銀河系軍団」並みといえる、セレッソ大阪の選手層。先に紹介した茂庭や玉田圭司のようにW杯に日本代表として出場した選手も。現役韓国代表のキム・ジンヒョンもいます。「セレ女」ブームに火をつけた柿谷曜一朗や杉本健勇も2016年、セレッソ大阪に戻ってきました。

中澤聡太や田代有三、橋本英郎、扇原貴宏、丸岡満など、ベテランから若手までタレント揃いです。タレントがそろえば勝てるとは限らない、それは2015年のJ2での戦いで嫌というほど味わいました。さらに選手層が厚くなった2016年、大熊監督がどのように選手起用を行い、勝ち点を重ねていくのか、注目したいですね。

大熊監督は2016年、スイスから志半ばで帰ってきた26歳の柿谷をキャプテンに指名しました。徳島ヴォルティス時代は、美濃部直彦監督(当時)の下、輝きを取り戻した柿谷。大熊監督の下、柿谷キャプテンがどう輝くのか。こちらも注目です。

セレッソ大阪の情報はこちらから

セレッソ大阪の公演はこちら

セレッソ大阪の応援歌、いかがでしたか?これから応援に行かれる皆さんの参考になれれば幸いです。ところで皆さん、肝心のチケットはもうお持ちですか?まだチケットをお持ちでない方!チケットキャンプで探してみませんか?チケットキャンプではセレッソ大阪のチケットを取扱い中です!ぜひチケットを手に入れて、セレッソ大阪のプレイを観に行ってください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。