Jリーグ ガンバ大阪の新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」が凄い!

ガンバ大阪のホームグラウンドとしてJリーグ発足当時から愛されてきた万博記念競技場の後を継いで建築された「市立吹田サッカースタジアム」その魅力に迫ります。

Jリーグ、ガンバ大阪の新スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」が完成しましたね。1993年のJリーグ発足からのホームグラウンドだった万博記念競技場が老朽化し、FIFAの基準を満たしていないことなどから、ガンバ大阪は自前のスタジアムの建設を決定しました。

しかし、資金も場所もノウハウもない。ゼロからのスタートとなったスタジアムの建設は、多くの人の知恵と協力により完成したのです。

ガンバ大阪の新スタジアムはふるさと納税やスポーツくじの助成金で

(公式サイトより)

新スタジアムの建設に必要な金額は約140億円。一方、東京オリンピックで話題となった新国立競技場の建設コストは約1,600億円です。ガンバ大阪がいかにコストを抑えて建設に苦心したのかが分かりますね。

ガンバ大阪はふるさと納税の制度等を活用し、法人700社、個人3.5万人から合計105億円を集め、その他はスポーツくじ等からの助成金35億円で補い、建設費用の140億円を集めることができました。

「サッカー観戦」に特化したガンバ大阪の新スタジアムが凄い

(公式サイトより)

新スタジアムの建設にあたり、「観客がいかに快適に臨場感あふれるプレーを楽しめるか」そして「選手がいかに気持ちよくプレーできるか」この2点が重視して設計されました。

その結果、観客席からタッチラインまでの距離は国際基準で最短となる7mに設定。観客席は雨でも快適に観戦できるよう屋根で覆い、芝生の育成環境を整えるための通風口を設けるなど、ヨーロッパのスタジアムにも負けないJリーグのサッカー観戦に特化した4万人収容のスタジアムが完成したのです。

災害時の避難所の機能も備えた地元密着型のガンバ大阪新スタジアム

このスタジアムはJリーグの試合だけでなく、吹田市民をはじめとする地元住民に対する災害時の避難所と、地域交流の拠点としての機能も併せ持ちます。スタジアムには災害用備蓄倉庫を設置しているので、フィールドを市民が利用することも可能です。

隣接地には大型複合施設「エキスポシティ」も開業!

吹田サッカースタジアムの隣には大型複合施設エキスポシティも開業しました。エキスポシティでは買い物だけでなく、映画館や遊園地などのアミューズメント施設も入り、午前はエキスポシティで遊び、午後はJリーグの試合でガンバを応援するといったように1日楽しく過ごすことができます。

市立吹田サッカースタジアムへのアクセス

3.5万人の観客を集めたプレシーズンマッチのこけら落としでは、見事にガンバ大阪が勝利して地元のファンの期待に応えました。ガンバ大阪はJリーグの試合で2015年の平均観客動員数は1.5万人弱で、4万人収容の立派なスタジアムに観客を集めることができるか、Jリーグの試合だけでなくファンの動員数にも注目が集まっています。

(公式サイトより)

市立吹田サッカースタジアム

住所 〒565-0826
大阪府吹田市千里万博公園3-3
最寄り駅 万博記念公園駅

ガンバ大阪の他のオススメ記事

2016年ガンバ大阪のユニフォームは、新スタジアムがデザインに!

ガンバ大阪、新スタジアムの竣工式を開催!ファンの反応は

FIFAロシアワールドカップを狙う!ガンバ大阪パトリックが帰化希望を表明、その経緯に迫る!

スポフリ編集部 イチ押し公演!

チケットキャンプ(チケキャン)ではガンバ大阪のチケットを取扱中です。いち早く新スタジアムでの観戦をされた方からの感想もお待ちしております!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。