J1のピッチで輝く大宮アルディージャ ユニフォームに込められた思いとは?

昨シーズンJ2 リーグで優勝し、見事1シーズンでJ1への復帰を果たした大宮アルディージャ。2016年シーズン用の新ユニフォームは好評です。ここでは、大宮アルディージャのユニフォームに込められた思いについて、探っていきたいと思います。

昨シーズンJ2 リーグで優勝し、見事1シーズンでJ1への復帰を果たした大宮アルディージャ。まだシーズンは序盤ながら、早くも上位争いに絡んでいて、今後の戦いにサポーターからの期待が集まっています。

J1の舞台に戻り、はつらつと躍動している大宮アルディージャの選手たちですが、2016年シーズン用の新ユニフォームが好評です。ウエアのブランドはアンダーアーマー。洗練され、しかも機能的な大宮アルディージャの新ユニフォーム。

ここでは、大宮アルディージャのユニフォームに込められた思いについて、探っていきたいと思います。

大宮アルディージャのユニフォームに採用! アンダーアーマーって?

アンダーアーマーはアメリカでの2014年における売り上げでアディダスを抜いてナイキに次ぐ2位になり、一躍トップブランドの仲間入りを果たしたメーカーとして注目されました。日本では、プロ野球の読売ジャイアンツのウエアが今年から9年続いていたアディダスからアンダーアーマーに変更されたことが話題になりました。

アンダーアーマーのユニフォームでは、下に着ているコットンシャツが汗で重くなりベタつくという不快感を解消。軽量性や吸汗作用に優れているとアスリートからの評判も上々のようです。

また、大宮アルディージャの新ユニフォームのデザインは、ホーム用にはクラブカラーであるオレンジを基調に濃淡のストライブが入っています。そして、胸にはメインスポンサーであるNTTドコモが提供している「ドコモ光」のロゴが大きく入り、背中にはNTT東日本の文字を入れています。

アウエー用の白や、ゴールキーパー用の水色のウエアなども同じテンプレートを使用したすっきりとしたデザインです。

大宮アルディージャ ユニフォームの胸元には誇りを示すエンブレム

胸にはクラブの成り立ちやストーリー、そして大宮魂が込められたエンブレムが輝いています。大宮のエンブレムはリス、サッカーボール、5本のストライプが基調となったデザインです。

リスは旧大宮市のマスコットとして親しまれている動物で、俊敏で鋭く、しかも愛らしいというイメージ。アルディージャというチーム名自体がスペイン語で「リス」を意味します。実際にリスが放し飼いになっている「リスの森」があり、大宮駅前にはリスの銅像も。

そしてエンブレムのボールから下に伸びた5本の力強いラインはスピードある攻撃力を示し、あわせて旧大宮市を通る5街道の一つである中山道を表現しています。

さいたまダービーの復活も楽しみのひとつに

大宮アルディージャのJ1復帰によって、最大のライバルチームである同じさいたま市に本拠を置く浦和レッズとの「さいたまダービー」が復活。サッカーファンにとっての楽しみが増えました。

以前は大宮アルディージャも浦和レッズも別の都市に本拠を置くサッカーチームでしたが、2001年の与野市を含めた3都市合併による「さいたま市」の誕生によって1つの都市に大きなサッカーチームを2つ持つという珍しい状況が生れました。そして、ライバルとしての経緯や思いがそのままスタジアムに持ち込まれ、サポーター同士が熱気を帯びた声援を送り合うというエキサイティングな状況になっています。

素早い足さばきを可能とする新ユニフォームでゴール量産への高まる期待

大宮アルディージャの新ユニフォームのシャツは体にフィットして動きやすく、プレーヤーにとっての着心地良さが究極に追求されたものです。

そして、ショーツには足を上げやすいラウンドカットが採用されていることが特徴。つまりボールを蹴るさいの素早い足さばきを可能とする細心の配慮が施されているのです。

今後も新ユニフォームでピッチを軽快に走り、そして鋭く素早く足を振り抜きゴールを量産する大宮アルディージャへの期待感が高まるばかりです。

大宮アルディージャのオススメ記事

大宮アルディージャ注目選手をスタジアムで!

大宮アルディージャのユニフォームに注目! 選手の活躍をスタジアムで応援してみませんか?大宮アルディージャのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。