異次元!?メジャーも絶賛!広島カープ菊池涼介選手の守備力をチェック!

広島東洋カープの菊池涼介選手と言えばその身体能力、守備・走塁技術がずば抜けて高い選手です。まるで「忍者のようだ」と称される彼のプレーは、2014年の日米野球でメジャーからも絶賛されました。本日はそんな菊池涼介選手をピックアップします。

2014年の日米野球でメジャーからも絶賛された守備力を中心に広島カープ 菊池涼介選手を紹介します。

長野への野球留学で、喘息が改善!? 広島カープ 菊池涼介選手の学生時代

広島カープ 菊池涼介選手は、中学時代まで東京都内で生活していましたが、野球に専念するために長野県塩尻市にある武蔵工大第二高校に進学しています。甲子園出場の夢は叶いませんでしたが、なんと幼少時からの持病であった小児喘息の症状が改善したとの事です。

体が成長したためかもしれませんが、長野塩尻のキレイな空気のためかもしれません。甲子園への出場は叶わなかったとはいえ、長野への野球留学の選択が無ければ、後の菊池涼介選手の活躍は無かったかもしれませんね。

大学は中京学院大学に進学。1年から出場し数度のベストナインをを受賞するとともに、2年の春のリーグでは三冠王を獲得とリーグで大活躍しました。その活躍が認められて、日米大学野球候補にも選ばれています。

メジャーも注目 広島カープ 菊池涼介選手の守備力

大学時代から既にプロのスカウトからも「守備だけ」でプロに入れると評価され、プロ入り後も各方面から高い守備力を評価されている広島カープ 菊池涼介選手。

2014年の日米野球では侍ジャパンとして4割弱の打率と攻守を見せ、MLBの公式サイトでも菊池涼介選手の高い守備力が紹介されていました。

忍者?野人?広島カープ 菊池涼介選手の異次元の守備力

2013~2015年の3年連続ゴールデングラブ賞を獲得している広島カープ 菊池涼介選手。その実力はやはりただものではない「異次元」のものです。ヒット性の打球を捕った後の処理?の判断が特にすばらしいです。

前述のMLBの公式サイトでは、第一戦でヒット性の当たりを捕球し、「離れ業を見せた。すばらしい、すごい守備だ」と紹介され、第六戦でのショートバウンドを捕球した後に、斜め後ろ方向へグラブトスしてアウトとしたプレーを「全てのグラブトスの理想」と賞賛されました。

大学時代にも、ショートを守っていた際に三遊間を抜けるヒット性のライナーを横っ飛びして捕球、それをファーストに投げて一塁走者もアウトにするというすごい守備を見せたことがあるそうです。このプレーも相手チームのベンチも総立ちとなったそうです。一塁走者が一塁ベースに戻れなかったという事から、どの様な打球だったのかが想像できますね。

大学時代の監督も、こんなプレイをするショートを見たのは最初だと語っているとともに、他の人から菊池涼介選手は「サルでも野ザルだ」。また、「ひょっとするとドミニカ人じゃないか?」と言われたそうです。すごい、褒め言葉ですね!?。でも、この言葉は菊池涼介選手の守備の判断力や脚力の凄さを端的に物語っているのではと思います。

久本祐一選手が大好き? 広島カープ 菊池涼介選手

広島カープチーム内でも特に久本祐一選手と仲の良いという噂の菊池涼介選手。10歳以上の歳の差がありますが、気が合うようです。この事は、カープファンであれば周知の事実ですね、変な意味はありませんが…。

一緒に自主トレをしたり、久本祐一選手にキスを強要したり、久本祐一選手の肘の手術後につけていたギブスに落書きをしたりと、菊池涼介選手のやりたい放題ですが、久本祐一選手もまんざらでもないようです!。

広島カープオススメ記事

広島カープ 菊池涼介選手 24年ぶりのリーグ優勝、31年ぶりの日本一へ

ここ数年は、守備力だけではなく打撃力にも注目があつまっている広島カープ菊池涼介選手。2015年終了後に背番号の変更をチームから打診されたそうですが、同郷の大先輩で広島の背番号33の大先輩である江藤智を尊敬しているために、生涯背番号33で通すことを宣言したそうです。

守りの要として、そして打撃力で 広島カープの24年ぶりのリーグ優勝、31年ぶりの日本一へと今年も大活躍を見せてくれそうです。広島東洋カープのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。