バスケ初心者でも3分で分かる!Bリーグとは?Bリーグの見どころ解説!

2016年9月22日に新たに開幕した新プロバスケットボールリーグ、Bリーグ。一体Bリーグとはどのようなリーグなのでしょうか?Bリーグ初心者の方、それどころかバスケすらやったことないというようなバスケ初心者の方でも安心して理解できるように、Bリーグの概要、詳細、日程、見どころなどを簡単に解説していきたいと思います。

初心者でも大丈夫!Bリーグをざっくり解説!

昨年2016年9月22日に新たに開幕した新プロバスケットボールリーグ、Bリーグですが、いったいBリーグとはどのようなリーグなのでしょうか?新シーズンも開幕が迫っており熱気を帯びたようにじるBリーグですが、Bリーグ初心者の方、それどころかバスケすらやったことないというようなバスケ初心者の方でも是非その熱気を感じていただきたく思います!今回はBリーグとは何かをその概要を創設までの歴史を振り返りながら解説した後、チーム、リーグの日程、リーグの仕組み、みどころなどをざっくりと紹介させていただきます。

Bリーグとは?

Bリーグとは何か?その概要について説明しますね。Bリーグとは、簡単に言えば、2016年9月22日に新たに開幕した日本の男子バスケットボールのトップリーグです。Jリーグのバスケ版と考えていただければ大丈夫です!バスケットボールといえば、日本でも野球やサッカーに次ぐほど競技人口が多いメジャースポーツなのですが、それなのにもかかわらずJリーグやプロ野球と違ってなぜやっと今のタイミングになってリーグが新設されたのでしょうか?リーグ新設までの経緯についても簡単に説明したいと思います。

Bリーグ創設までの経緯

Bリーグが日本で初めてのバスケットボールリーグだと思われる方がいるかもしれませんが、それ以前にJBLとBjリーグという2つのバスケットボールリーグが日本にも存在していました。しかし、両リーグ間には経済格差であったり、チームの能力差としてもJBLの方が圧倒的に大きかったりがあり、日本バスケットボール界の中で二つのリーグが長年の間、仲違いのような形になっていたんですね。

世界的に見ても国内に複数リーグがあり、さらにその二つが仲が良くないと言った状況はまずく、2014年にFIBA(国際バスケットボール連盟)が日本代表チームの国際大会への参加停止を通達してしまうのです!!オリンピックやW杯にそもそも出るチャンスすらなくなるわけですから日本のバスケットボールにとって大打撃となってしまうのがわかっていただけると思います。

そこでサッカーJリーグ開幕の立役者となった川淵三郎を中心とし、統一されたリーグの新設を目指そうと動き出します。その結果生まれたのがBリーグで、このリーグの新設によりFIBAからの国際大会への出場停止処分も解除されることになりました。

この全国統一リーグ、Bリーグの新設は、日本のバスケットボール界にとっていかに重要な出来事だったかというのがお分かりになると思いますし、ここからようやく真の意味で日本のバスケットボール界がスタートすることになるのです!!

Bリーグの詳細

統一されて新スタートしたBリーグ。メディアでも多く取り上げられ始め、人気の上昇が日々感じられると思うのですが、いつ頃開幕するのか?何チームあるのか?どのように優勝が決められるのか?などの詳細を解説していきます!

リーグの構造

BリーグはJリーグと同じようにB1リーグ、B2リーグ、B3リーグと3つの構造をとっています。現在のところB1、B2はそれぞれ18チームずつ、B3は9チーム所属しています。成績に応じて、B1の下位2チームがB2へ降格、B2の上位2チームがB1へ昇格。B1の16位とB2の3位のチームが中立地において入れ替え戦を行うことで入れ替えが行われます。

Bリーグのシーズン日程

レギュラーシーズン

  • 2017年9/29〜2018年5/7

Bリーグチャンピオンシップ

  • 未定

Bリーグの出場チームと本拠地

2017−18シーズンは9/29から開幕し、5/7までがレギュラーシーズンとしてB1、B2の各チーム60試合ずつ戦います。B1、B2とも東地区、西地区、中地区と地区別に分かれており、それぞれの地区ごとに順位をつけて争います。それぞれの地区ごとのチームとその本拠地は以下のようになります。

B1西地区

  • 滋賀レイクスターズ 滋賀県大津市(ウカルちゃんアリーナ)
  • 京都ハンナリーズ 京都府京都市(ハンナリーズアリーナ)
  • 大阪エヴェッサ 大阪府大阪市(府民共済SUPERアリーナ)
  • 西宮ストーク 兵庫県西宮市(西宮市立中央体育館)
  • 島根スサノオマジック 島根県松江市(松江市総合体育館)
  • 琉球ゴールデンキングス 沖縄県沖縄市(沖縄市体育館)

B2西地区

  • 広島ドラゴンフライズ 広島県広島市(広島サンプラザホール)
  • 香川ファイブアローズ 香川県高松市(高松市総合体育館)
  • 愛媛オレンジバイキングス 愛媛県松山市(松山市総合コミュニティセンター)
  • ライジングゼファーフクオカ 福岡県福岡市(福岡市民体育館)
  • 熊本ヴォルターズ 熊本県熊本市(熊本県立総合体育館)

B1中地区

  • 横浜ビー・コルセアーズ 神奈川県横浜市(横浜国際プール)
  • 新潟アルビレックスBB 新潟県長岡市(シティホールプラザ アオーレ長岡)
  • 富山グラウジーズ 富山県富山市(富山市総合体育館)
  • 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ 愛知県名古屋市(愛知県体育館)
  • 三遠ネオフェニックス 愛知県豊橋市(豊橋市総合体育館)
  • シーホース三河 愛知県刈谷市(ウィングアリーナ刈谷)

B2中地区

  • サイバーダイン筑波ロボッツ 茨城県水戸市(水戸市青柳公園市民体育館)
  • 群馬クレインサンダース 群馬県前橋市(ヤマト市民体育館前橋)
  • アースフレンズ東京 東京都大田区(大田区総合体育館)
  • 金沢武士団 石川県金沢市(金沢市総合体育館)
  • 信州ブレイブウォリアーズ 長野県千曲市(千曲市戸倉体育館)
  • 豊通ファイティングイーグルス名古屋 愛知県名古屋市(名古屋市枇杷島スポーツセンター)

B1東地区

  • レバンガ北海道 北海道札幌市(北海きたえーる)
  • リンク栃木ブレックス 栃木県宇都宮市(ブレックスアリーナ宇都宮)
  • 千葉ジェッツふなばし 千葉県船橋市(船橋アリーナ)
  • アルバルク東京 東京都渋谷区(国立代々木競技場第二体育館)
  • サンロッカーズ渋谷 東京都渋谷区(青山学院記念館)
  • 東芝川崎ブレイブサンダース 神奈川県川崎市(川崎市とどろきアリーナ)

B2東地区

  • 青森ワッツ 青森県青森市(マエダアリーナ)
  • 岩手ビッグブルズ 岩手県盛岡市(盛岡タカヤアリーナ)
  • 仙台89ERS 宮城県仙台市(カメイアリーナ仙台)
  • 秋田ノーザンハピネッツ 秋田県秋田市 (CNAアリーナ★あきた)
  • パスラボ山形ワイヴァンズ 山形県天童市(山形県総合運動公園総合体育館)
  • 福島ファイヤーボンズ 福島県郡山市(郡山総合体育館)

B1の場合、長いシーズンが終わると、レギュラーシーズンの各地区の上位2位のチームとそれ以外のチームのうちの上位2チームがトーナメント方式で優勝を争うBリーグチャンピオンシップを戦うことになります。

入れ替え戦

  • 日程 未定

前述の通り、B1の下から3位のチームとB2の3位のチームで入れ替え戦が行われます。
チャンピオンシップとは違いB1にあがるかB2に落ちるかの戦いですから、こちらも熱いこと間違いなし!ぜひ注目してください。

Bリーグの魅力を解説!

Bリーグの魅力はいくつもあります。全部は書ききれないですが、その中でも特におすすめの魅力についてご紹介します。

選手との距離

Bリーグの魅力の一つが、実際に試合会場で感じられる熱気、迫力などの雰囲気でしょう。テレビ放送も度々あるようなので、テレビからもその雰囲気は伝わるかもしれませんが、読者の方には是非一度でも足を運んでいただきたいと思います。

バスケットボールの試合の特徴として、サッカーや野球と違って選手と観客の距離が違うということ。190センチや200センチを超えるプレイヤーがそもそも日常でもそんなにいないはずですから、まず一目見るだけで、自分たちとの体格の違いを思い知ることになると思います。そんな彼らが猛ダッシュで目の前を駆け抜け、全力でぶつかりあうのをみると思わず、「ワッ」と声をあげたくなるほどの迫力だと思います。

はっきりとしたホーム&アウェイ

また、Bリーグは地域密着型のリーグだと言われていて、試合会場のほとんどは地元のファンでいっぱいになることが多いです。ですから「敵」「味方」がはっきりしていて、会場全体で「敵」チームの選手にブーイングを浴びせたり、「味方」チームの選手への大歓声など、初めての方ならきっと「ここまで激しい応援があるんだ」とびっくりされることもあるかもしれません。この点もBリーグならではだと思うので是非観戦の際には注目していただきたいポイントです。

Bリーグの会場に行って選手を間近で応援しよう!

(出典:写真ACより)

Bリーグの簡単な概要や日程、チームなどの詳細を簡単にお送りしました。Bリーグの歴史からも分かる通り、このリーグの創設は日本のバスケットボール界にとって大きな一歩となりました。
これから日本のバスケットボール界はどんどん発展していくだろうと予想でき、現にNBAプレイヤーが日本に集まってきたり、国際大会でもU19世代が大躍進していることから発展の最中であることがわかります。是非一度会場に足を運んでみてください!

Bリーグに関するオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。