Bリーグアルバルク東京のチアリーダー♡メンバー募集オーディションの情報も!

Bリーグであるアルバルク東京。選手のことをファンと一緒に応援しているチアリーダーについてご紹介していきたいと思います。バスケットボールだけではなく、チアリーダーの魅力やアルバルク東京について徹底調査したので、迫っていきたいと思います。 また、2017-18シーズンのチアリーダーについて募集があり、オーディションもあったので、選ばれたメンバーについても一緒にみていきましょう。

Bリーグアルバルク東京のチアリーダーについて

Bリーグに所属するアルバルク東京。

バスケットボールで盛り上がるのはもちろん、その他にも、盛り上がるところはたくさんあります。一番盛り上がるのは、チアが出てきた時が一番盛り上がるのではないでしょうか。ファンと一緒に応援しているチアについてご紹介していきます。

アルバルク東京について

まずは、アルバルク東京についてご紹介していきたいと思います。アルバルク東京は、トヨタ自動車男子バスケットボール部。ALVARKとは、電撃のアラビア語を元に英文字表記したもので、電撃的プレーを疲労するチームの意気込みを表すと同時に、Al=The V=勝利、ark=箱船で勝利を箱船と意味を併せ持つ奥深い名称です。アルバルク東京は、東京都渋谷区を本拠地としています。

B1リーグ2016-17シーズンは、開幕前から優勝候補として期待されていました。最多4度のリーグ優勝に輝いた琉球ゴールデンキングスに2連勝を決めました。しかし、アルバルク東京が所属する東地区では、栃木ブレックスや千葉ジェッツと熾烈な優勝争いを繰り広げました。2017/年5月3日に栃木の優勝を決められましたが、東地区2位でBリーグチャンピオンシップ進出を果たしました。クォーターファイナルでは、中地区2位の三遠ネオフェニックスに2連勝を決め、セミファイナル進出を決めました。セミファイナルでは川崎ブレイブサンダースと対戦し、第1戦を落とすも第2戦では死闘になるも、見事勝利しましたが、Bリーグ優勝を惜しくも逃しました。

2017-18リーグでは、ヘッドコーチには、日本バスケットボール協会技術委員会アドバイザーだったルカ・パヴィチェヴィッチが就任し、シーズン開幕に向けたチームづくりを行いました。

大活躍の選手とともに頑張っているのが、アルバルク東京のチアリーダーです。

アルバルク東京の注目選手

  • 田中大貴選手

田中 大貴選手は、長崎県出身のポジションはシューティングガードです。長崎県立長崎西高等学校卒業後、東海大学を卒業しています。長崎西高校では、1年生の時よりスターターとして全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会に出場し、2年生のときには、インターハイとウインターカップでベスト16に入りました。東海大学に進学後、1年生の時よりチームの主力として関東大学リーグ戦18試合に出場し、2年生の時は関東大学選手権で関東大学リーグ戦準優勝、全日本大学選手権準優勝で優秀選手賞を受賞しています。3年生の時は関東大学選手権準優勝で敢闘賞、関東大学リーグ戦準優勝で優秀選手賞を受賞しています。全日本大学選手権では6年ぶりの優勝を達成し、最優秀選手賞(MVP)を受賞、4年生の時は関東大学選手権2年連続優勝で敢闘賞、関東大学リーグ戦ではチーム7年ぶりの優勝を達成し、最優秀選手賞を受賞しました。2年連続で最優秀選手賞とMIP賞の2部門を受賞しています。2014年にアルバルク東京に入団し、19試合に出場しています。

学生時代からとても活躍しており、今後も目が離せない選手です!

  • 馬場雄大選手

馬場 雄大選手は、富山県出身で、ポジションはスモールフォワードになります。富山第一高等学校卒業後、筑波大学在学です。

富山第一高校ではコーチを務める父の下で2年生エースとしてウィンターカップ出場し、筑波大学進学後1年生の時からインカレ2連覇と2017年に在学中ながらアルバルク東京都契約をしています。高校1年生でU-16アジア選手権3位、2年生の時は飛び級でU-18日本代表に選ばれアジア選手権4位、大学進学後も2015年ユニバーシアードに出場し、2年生の時から日本代表候補に選ばれます。2017年、東アジア選手権日本代表に選ばれ、マカオ戦では第2Q開始直後にダンクを披露しています。

大学に在学しながらもプロバスケットボールに選ばれ、とても素晴らしい選手だということがわかります。

 

次にアルバルク東京のチアリーダについてご紹介していきます。

アルバルク東京のチアリーダについて

アルバルク東京のチアリーダを紹介します!

アルバルク東京のチアのメンバーは、10名で構成されています。

今回紹介するのはさつきさんです!

アルバルク東京チアリーダー副キャプテンであるさつき。小学校・中学校とバスケットボールを続けて、高校に入るとバトン部の部活見学の時に、先輩方が盛り上げつつ踊っている姿を見て、チアリーダーになるきっかけだったそうです。

何かきっかけがないと新しいことにチャレンジしません。私もバスケットボールを始めたきっかけは父親でした。父親が強い高校でバスケットボールをしていたのがきっかけで私もバスケットボールを始めましたが、自分に合っていたのか、20年間もバスケットボールをしています。縁というのは素晴らしいものだと感じました。

アルバルク東京チアリーダオーディションについて

2017-18シーズンの専属チアリーダのオーディションが6月18日(日)行われました。新規メンバー4名を含む計10名がチアリーダーとして選ばれました。

さつき以外のメンバーは、えみこ、はるな、みさき、まりえ、新加入メンバーは、あやか、みほ、あや、ゆきえの4名です。

契約期間は、約一年間と短いですが、1シーズン毎にチアリーダー募集オーディションが行われているようです。

以下チアリーダー募集オーディションの要項になります。

1次選考:書類審査

2次選考:実技審査、課題ダンス/フリースタイル*自分の得意ジャンルのダンスなど1分程度披露

3次選考:個人面接

チアリーダー募集で相当な応募があったはずの中から、3次選考まで勝ち抜いた10名がいるアルバルク東京のチアリーダー。とても心強いですね。

私達もチアリーダーの方たちに負けないくらい応援しましょう。

アルバルク東京のチアリーダーインスタグラム

 

アルバルク東京のチアリーダーがインスタグラムでもたくさん取り上げられています。

ファンの皆さんと一緒に応援している姿が映っていますね。

ルーク❤️🐻❤️ #alvarkmascot #alvarktokyo #アルバルクチアリーダー #alvarkcheerleader #bリーグ#home #gameday #ルーク #アルバルク東京

⚡️ALVARK TOKYO CHEERLEADER 公式さん(@alvark_tokyo_cheerleader)がシェアした投稿 –

アルバルク東京のマスコットキャラクターと一緒に映っている姿もインスタグラムであがっていました。

インスタグラムでも有名なチアリーダー。一生懸命な姿がファンの心にも届いていることがわかります。

アルバルク東京の選手をチアリーダー達と一緒に応援していきましょう。

 

関連するオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。