世代交代が著しい鹿島アントラーズのフォーメーションとは?

鹿島アントラーズのフォーメーションは平均年齢は26.18歳です。世代交代が着々と進み、若手の有望株をずらりと揃えたチームとなっています。 若手をまとめるベテランは小笠原選手、曽ヶ端選手でJリーグを代表する名選手ですね。他チームより平均年令が若くても結果を出せているのは、やはりベテランが一流選手であることが大きいでしょうか。

鹿島アントラーズのフォーメーションは平均年齢は26.18歳です。世代交代が着々と進み、若手の有望株をずらりと揃えたチームとなっています。

若手をまとめるベテランは小笠原選手、曽ヶ端選手でJリーグを代表する名選手ですね。他チームより平均年令が若くても結果を出せているのは、やはりベテランが一流選手であることが大きいでしょうか。

2年連続無冠でに終わってしまったという悔しさはありますが、希望に満ち溢れたシーズンだったはず。その鹿島アントラーズのフォーメーションと戦い方を動画とともに解析していきましょう。

鹿島アントラーズのフォーメーション

とにかく「勝ち」にこだわる戦法を取る鹿島アントラーズの基盤の構成は4-4-2の箱型。攻守共に安定したフォーメーションです。FWは2トップであり、4人のMFは端的に役割が定まっているわけではなく、流動的にポジションを変えながらパスとドリブルで打ち崩すことを模範としています。片方からの崩しは主にSBが担うことになります。

鹿島の歴代監督は全員ブラジル人で、外国人選手の中にもブラジル人が多数。ブラジル代表が得意とする4-4-2を基盤としているのも納得です。鹿島を3度のリーグ制覇に導いたオリヴェイラ元監督が採用していた基盤フォーメーションも、同じくブラジル人である柏のネルシーニョ監督が採用しているフォームと酷似していましたよね。

また、2年連続無冠という結末を迎えてしまったものの、チーム全体の「勝ち」へのこだわりはJリーグの中でもトップ。プロ選手の模範としての「ジーコ」という存在が大きく、その「勝ち」への執着は今も脈々と受け継がれクラブの哲学となっているようです。

では、このフォーメーションを支える各メンバーの戦い方をご紹介しましょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。