【W杯】2018ワールドカップロシア本大会の出場国を大胆予想!死の組となるのは・・・?

来年ロシアで開催されるワールドカップ出場をかけた各大陸別予選も大詰め。日本代表も2017年8月にオーストラリア代表との大一番が控えていますが、世界各地でそれに負けない激しい出場権争いが繰り広げられています。2018年のワールドカップロシアの各大陸予選の現段階までの結果、順位などをもとに、本大会出場国を大胆に予想します!

2018ワールドカップロシア大会大陸別予選も大詰め!本大会出場国を大胆予想!

(画像:Pixabay)

来年ロシアで開催されるワールドカップ出場をかけた各大陸別予選も大詰めを迎えています。

6回連続の出場を狙う我が日本代表も2017年8月31日にホーム埼玉スタジアム2002にオーストラリア代表を迎えての大一番が控えていますが、世界各地でそれに負けない激しい出場権争いが繰り広げられています。

ワールドカップの常連国と言われる国の代表チームにとっても、ワールドカップ出場への道は決して平坦ではありません。中には「死の組」とも言える強豪国揃いのグループの中で苦戦を強いられ、現段階では出場権を得られない順位に甘んじているチームもあります。

今回は、日本代表の戦っているアジア予選も含め、各大陸予選の現段階までの結果、順位などをもとに、本大会出場国を大胆に予想してみたいと思います!

2018ワールドカップロシア大会 アジア予選突破国予想

アジア予選は現在出場権の掛かった最終予選も最終コーナーに差し掛かりました。

最終予選へ進出した12か国がA・B2つの組に分かれ、各組順位の上位2チームがワールドカップへの出場権を獲得、各3位の国同士はプレーオフを行い北中米・カリブとの大陸間プレーオフに回ります。

アジア最終予選A組ではイランが当確

アジア最終予選A組は、イラン、韓国、ウズベキスタンの3か国に出場権の行方が絞られています。

この3か国の中で、イランは既に他の2国が追い付けない勝点を稼いでいる為、本大会出場を決めています。残る1つの椅子の奪い合いではイラン、ウズベキスタンの直接対決を残している韓国に分があると言えます。

したがって、この組からワールドカップ出場を決めるのは、イラン、韓国と予想します。

アジア最終予選B組ではオーストラリアやや有利か

アジア最終予選B組では実質的に日本、サウジアラビア、オーストラリアの3か国の中から出場権を獲得するチームが出ると見ていいでしょう。

残りの日程を見ると、やや力の劣るタイとの対戦を残しているオーストラリアが優勢と言えます。

日本代表にとっては出場権獲得の可能性の高いオーストラリア、サウジアラビアとの対戦を残している事が吉と出るか凶と出るか。

希望的観測も含め、この組からワールドカップ出場を決めるのは、日本、オーストラリアと予想します。

2018ワールドカップロシア大会 ヨーロッパ予選突破国予想

ヨーロッパは予選参加国が最も多く、現在54か国がA~Iの9つの組に分かれて戦っています。

各組順位1位は無条件で本大会出場、各組2位のうち勝点が上位の8か国がプレーオフを行い、残りの出場枠4を争います。

出場権を獲得する可能性が高い国はこの5か国

現在までの勝敗の結果を受けて、本大会出場の可能性が高いのは、スイス(B組)ドイツ(C組)ポーランド(E組)イングランド(F組)ベルギー(H組)の5か国だと言えます。

欧州予選A組は「死の組」

欧州予選A組では、スウェーデン、フランス、オランダと言ったワールドカップ常連国が三つ巴でしのぎを削っています。現在まで結果ではスウェーデン、フランスがオランドを追いてややリードする展開。いずれにしても、この3か国のうち1つはワールドカップ出場が叶いません。さすが、強豪揃いのヨーロッパ予選ですね。

欧州予選G組はスペインとイタリアの一騎打ち

欧州予選G組では、ともにワールドカップで優勝経験のあるスペインとイタリアが一歩も譲らない戦いを見せています。2017年9月2日にスペインで行われる両者の一騎打ちの結果が非常に注目されます。

欧州大陸からの出場国を予想!勝ち抜くのはこの13か国!

現在までの予選での結果を踏まえ、各組1位で予選突破する国はフランス、スイス、ドイツ、セルビア、ポーランド、イングランド、スペイン、ベルギー、アイスランド、以上の9か国と予想します。そして、プレーオフを勝ち抜け出場を決めるのは、スウェーデン、ポルトガル、イタリア、クロアチアの4か国と予想!オランダがワールドカップ出場を逃す大胆予想をしてみました。

2018ワールドカップロシア大会 南米予選突破国予想

南米予選は10か国によって争われ、上位4か国が出場権を獲得、5位の国はオセアニア代表とのプレーオフに回ります。

南米予選ではブラジルが早くも出場権を獲得

南米予選では、ブラジルが圧倒的な強さで既にワールドカップ出場権を獲得しています。残りの3枠を現在の順位ではコロンビア、ウルグアイ、チリ、アルゼンチンの4か国が奪い合っている構図ですが、仮に5位となって大陸間プレーオフに回ったとしても、相手はオセアニア代表です。事実上、5位までが出場権を得ると考えても良いでしょう。

したがって、南米大陸からワールドカップ出場を決めるのは、ブラジル、コロンビア、ウルグアイ、チリ、アルゼンチンの5か国と予想します。

2018ワールドカップロシア大会 北中米カリブ予選突破国予想

北中米カリブでは現在6か国による最終予選が行われています。上位3か国が出場権を獲得、4位となった国はアジアとの大陸間プレーオフに回ります。

北中米カリブ予選 メキシコが安定の強さ

北中米カリブ予選では、メキシコが頭一つ抜け出し、コスタリカがそれを追う展開、アメリカとパナマで3位の座を争う構図となっています。残り試合の対戦を加味すると、3位争いではアメリカやや有利と言えます。

したがって、北中米カリブ予選からワールドカップへ出場権を獲得するのは、メキシコ、コスタリカ、アメリカ、の3か国と予想します。

大陸間プレーオフに回るのはパナマ、対戦するのはサウジアラビアかウズベキスタンと予想。

非常に結果予想の難しい対戦となりますが、地力に勝るパナマ勝利と予想します。

2018ワールドカップロシア大会 アフリカ予選突破国予想

アフリカでは現在、20か国が5つの組に分かれ最終予選を戦っています。各組順位1位となった5か国が出場権を獲得するシンプルなレギュレーションです。

アフリカ予選 勝ち抜くのはこの5か国

強豪揃いのアフリカ予選ですが、ここ数年の実績や試合結果を踏まえ各組1位を予想すると、コンゴ共和国、ナイジェリア、コートジボアール、ブルキナファソ、エジプト、この5か国が出場権を獲得するでしょう。

2018ワールドカップロシア大会 オセアニア予選突破国予想

オセアニアでは3か国による最終予選が行われ、南米太陸5位との大陸間プレーオフへ進出する国を決めるレギュレーションになっています。

この地域ではニュージーランドが圧倒的な強さで既に大陸間プレーオフ進出を決めています。

しかしながら、南米予選からどこの国がプレーオフに出てこようと、その国に勝利する力がニュージーランドにはありません。よって、オセアニア予選参加国からワールドカップへの出場国は0となるでしょう。

2018ワールドカップロシア大会出場32か国をズバリ大胆予想!

ここまでの大胆予想から2018ワールドカップへ出場する国はこの32か国となるでしょう!

  • 開催国 ロシア
  • アジア代表(4) イラン、韓国、オーストラリア、日本
  • ヨーロッパ代表(13) フランス、スイス、ドイツ(前回優勝国)、セルビア、ポーランド、イングランド、スペイン、ベルギー、アイスランド、スウェーデン、ポルトガル、イタリア、クロアチア
  • 南米代表(4+1) ブラジル、コロンビア、ウルグアイ、チリ、アルゼンチン
  • 北中米カリブ代表(3+1) メキシコ、コスタリカ、アメリカ、パナマ
  • アフリカ代表(5) コンゴ共和国、ナイジェリア、コートジボアール、ブルキナファソ、エジプト

いかがでしょうか?

賛否両論あるかも知れませんね。ただ、こうしてワールドカップ出場国を予想してみるのもサッカーの楽しみ方のひとつですよね!

2018ワールドカップロシア大会 日本代表の出場権を掛けた戦いは8月7日!

ここまで来年のワールドカップへの出場国32か国を大胆に予想してきましたが、やはり日本代表が戦うアジア最終予選B組については、どうしても冷静な予想が出来ません!

決戦は、2017年8月31日(木)埼玉スタジアム2002で行われる対オーストラリア戦です。

実はこれまで、日本代表はワールドカップ予選でオーストラリアに一度も勝ったことがありません。日本代表にとってオーストラリアこそ鬼門なのです。

しかし、そうしたジンクスを打ち破る事こそワールドカップ出場権を獲得する上で乗り越えなくてはいけない壁なのではないでしょうか。

そして、もうひとつ。日本はこれまで国内で行われた試合でその勝利によって出場権を獲得した事がありません。オーストラリア戦に勝利する事でワールドカップ出場権を獲得出来る日本代表にとって、この一戦は史上初めて国内で出場権を得るチャンスでもあるのです。

この大一番は「絶対に見逃せない戦い」になりますよ!

おすすめの関連記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。